« ガラスの仮面は11年で3冊 | Main | スキー場も白くなった! »

2004.12.24

大相撲の改革案ふたつ

初場所新小結の白鵬は若き日の大鵬を思い出させますが、このところ大相撲が盛りあがりませんね。
原因については色々言われていますが、私の考えた改善案は2点。
1.土俵を現在の15尺から16尺とする。
2.6場所を4場所制に戻す。

1.は戦後の一時期だけ実施してやめたそうですが、現在の様に皆大型化してくると押出し、突出しといった大味な相撲が多くなり土俵際の攻防や小兵力士の活躍といった「華」がなくなったのを挽回できるのでは?
2.場所が多過ぎて、ケガをした力士が十分に回復しない内に出てくるため大成できないケースがあります。「公傷」制度ができましたが稽古中のケガはこれに該当しません。


« ガラスの仮面は11年で3冊 | Main | スキー場も白くなった! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19007/2361266

Listed below are links to weblogs that reference 大相撲の改革案ふたつ:

« ガラスの仮面は11年で3冊 | Main | スキー場も白くなった! »