« December 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.28

真冥界国語辞典 「魚~竿~」

たまたま旅行や出張で海(川)のそばに行ったら魚がうようよいる。思わず釣りたくなって「魚~、竿~」と叫びながら右往左往するありさま。そんなあなたにこの一品

| Comments (1) | TrackBack (0)

真冥界国語辞典 居酒屋

真冥界国語辞典シリーズその1 「居酒屋」
「新明解」のパクリです。「冥界」とはタワゴト程度の意味。

居酒屋:看板には「小料理」などと書いてあるが主人自ら「しがない居酒屋ですから」などと言う。たいてい無愛想な主人と小太りで口数の多い奥さんの組み合わせで火曜と木曜日にアルバイトに来る「さっちゃん」という看板娘がいる。が、月、水、金は別の店で働いていたりする。
「村さ来」や「白木屋」とは似て非なるものである。あれは「IZAKAYA」と言うべきである。もちろん木の実ナナの歌のような「ダブルのバーボン」なんて出さない。
雨の日に入ると傘を忘れたり、突然雨に降られてその傘を借りて帰ったりすることもある。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.24

荒船山に夕日が沈む

arahune_yuuテーブル状の特徴ある山、荒船山に夕日が沈みます。寒くて場所を移動しなかったので電線が入ってしまいました。
画像はクリックで拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (1)

浅間山の夕暮れ

asama_yu浅間山の夕暮れです。近所の丘から。
雲の状態があまり良くなく「焼け」ませんでした。
画像をクリックするとわかりますが、噴煙が風が強く噴煙は山に沿って流れています。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.20

財布が行方不明に

今朝、駅で買い物をしようと内ポケットを探ったら財布がない!昨日は外で飲んだ覚えもないし。
行動を振り返るが落としたり掏られたりするシチュエーションは思い浮かばない。
車内で中身(特にカード類)を思い出しながらメモして会社についたらすぐ手続きをとらなくては、とシコシコやっていたら東京駅着。
コートを着ようとしたら微妙な違和感が。
背広の内ポケットではなく、コートの内ポケットに入れたんだったのか・・・良かった
→反省と対策
1.各銀行、カード会社の緊急連絡先を調査して携帯に登録。
2.銀行カードの1枚を財布から定期入れに移動。
2.をしないと当座の運転資金?にも困るから。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.17

黒姫山に行きました

kurohime長野県の黒姫山に山スキーに行ってきました。赤線が登り、青線が下りのライン(だいたい・・・)です。
「下に厚く上に薄い」という妙な積雪状態でしたがそれなりに新雪滑降を楽しめました。が、同日谷川岳では雪崩事故が・・・
画像をクリックすると拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

花餅(どんど焼き)

dondoマーケットに大きな枝が売られていました。店の人に聞いたら「どんど焼き用に花餅をつける枝だ」との事でした。
これが実際に花餅を付けたところ。どんど焼きではお札や達磨と一緒に焼くようです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

氷のパターン

sekirei地図で見ると近所の山の中に池があるらしい。水鳥でも来ていないかと思って行ってみましたがいませんでした。表面に薄く氷が張り、その上をセキレイが歩いていました。神経細胞みたいなパターンが面白い。
拡大しないと鳥は見えないかな?(笑)

| Comments (0) | TrackBack (0)

アローカナの卵

arokana同じところで緑色の卵を売っていました。「アローカナ」という品種、こんどはこれを買ってみようか?

| Comments (0) | TrackBack (0)

鳥骨鶏の卵を買った

ukokkei物産センターで鳥骨鶏(うこっけい)の卵2ケを200円で売っていました。
安いので「試しに」買って、ご飯にかけて食べました。卵を割ってビックリ、白身が少なくほとんど黄身。
「盛り上がってる!」と子供も驚いてました。
味?食べ比べなかったのでコメントは難しい。
画像をクリックすると少し拡大するので良くわかります。

| Comments (0) | TrackBack (0)

道具を使う犬-2

下の方でウチの犬が小さなボールをプラ製の植木鉢に入れて遊ぶのを紹介しましたが、今朝勝手口を開けたらその植木鉢がベランダ(デッキ)に乗っており、中には泥にまみれた小枝がぎっしり。
何を考えているんでしょう、この犬は

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.12

なつかしの人面魚

韓国でみつかったそうです。写真もあります。

| Comments (8) | TrackBack (0)

2005.01.09

ダルマ山

darumadaruma「達磨山」と言えば伊豆半島の山で富士山のビューポイントとして有名ですが、これは「達磨の山」達磨の本家小林山達磨寺。6日7日と達磨市が開かれました。返された古い達磨を積み上げて「お焚き上げ」をする準備です。

| Comments (0) | TrackBack (0)

紅白のカラスウリ

nisyoku紅白シリーズ、家のすぐ裏のカラスウリが紅白2色になっていました。上に雪が積もって晒されて白くなったのでしょうか?クリックで拡大するとよく判ります。

| Comments (0) | TrackBack (0)

紅白の南天

nisyoku2達磨寺の境内にあった南天。赤と白の実がなっていました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

赤城山にも雪が

akagiyuki
さきほどの梯子乗り、赤城山をバックに撮りたかったんですが、アングルが苦しくて。
赤城山にも珍しく雪が降ったようです。手前の家は我家・・・ではありません。

| Comments (0) | TrackBack (0)

梯子乗りの妙技

hasigo家の工事をやってもらった近所の鳶の親方が「庭で正月の梯子乗りをやるから見においで」というので行きました。歩いて3分くらいのホントに近所。
20人ほどが集まり、梯子を大勢で支えてから登っていきます。「木遣り」の合唱の中青空をバックに見事な技が。
昔は「消防出初式」の定番でしたが、今思うと実際にやっていたのは鳶さんだったのかも。
画像クリックでちょっぴり拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

道具を使う犬?!

goro2甲斐犬ゴローの2態。
左はぼけていて判りにくいですが、プラスチックの植木鉢を押さえています。中には小さいボールが入っています。
はじめは偶然だったのでしょうが、小さいボールを植木鉢に入れてから口に咥え走り回って遊びます。運動会の「スプーン競争」を連想して下さい。ボールがこぼれると植木鉢を足で押さえてその中に入れ、再び咥えて走り回ります。
この間は咥えた木の枝でボールを打つような仕草をしていました。
右は車の中で心細そうに私の胸につかまっているところです。
写真はクリックで拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.06

元大相撲の出羽錦が死去

大相撲が人気だったころの「出羽錦」が亡くなりました
最高位は大関でしたが東京都墨田区出身と同郷だったこともあり、記になっていた力士でした。記憶にあるのは若秩父(古い)との塩の撒き合いや半身になって動かない所など。
成績などの紹介はこちらに
79歳、ご冥福を祈ります。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.04

450円の豪華弁当!

bentou帰りに弘前の市場で買った散らし寿司。
マグロ、イクラ、ホタテ、甘エビ、シャコ、カニ、玉子焼きが入って450円は安い!

| Comments (1) | TrackBack (0)

曲面テレビ?

TV百沢スキー場の休憩室にあったテレビ。
最近流行の平面テレビと違い、ずいぶん曲面です。見られる方向を広くするためかとも思ったけど、反対側からだと見にくいし?

| Comments (0) | TrackBack (0)

お休み

oyasumi
岩木山の麓に広がる(それほど広くはないけど)百沢スキー場の食堂にて。
「1月1日は」休業・・・昨日の大鰐といいなんですか!このへんのスキー場の営業姿勢は。。。

| Comments (13) | TrackBack (0)

今日また阿闍羅(あじゃら)

ajaraというわけでとなりの阿闍羅(あじゃら)高原スキー場に移動しました。ここはその山頂。
♪昨日は梵殊嶺(ぼんじゅね) 今日また阿闍羅(あじゃら)♪と「シーハイルの歌」に歌われています。


| Comments (0) | TrackBack (0)

ガラガ~ラ・スキー場?

garagara青森県の大鰐(おおわに)スキー場へ行ったら駐車場がガラガラ一台もいません。結構有名なスキー場だし、それなりに雪はあると思ったんですが・・・休業中。トホホ

| Comments (0) | TrackBack (0)

なぞのコーナー

geijutu高崎駅の一隅にある「芸術コーナー」いくつか彫刻が置いてありますが客の姿を見かけた事はありません。
画像はクリックで拡大します。

| Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »