« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.27

十字雲

kurosu夕方近所に出てみた十文字型にクロスした飛行機雲が出ていました。
写真はクリックでやや拡大します。

| Comments (1) | TrackBack (0)

八幡八幡?

yawataこれも近所を通るたびに気になっていた神社。
18号のそばに大きな赤い鳥居があります。
上野国一社、八幡大神、八幡八幡(やわたはちまん)など色々な表示があってどれが本名かわかりませんが、大きなお宮でした。「群馬八幡」駅の名前はここから取った?

| Comments (0) | TrackBack (0)

凍った滝

asaotaki翌日また近所に行きました。
目的は氷結した「麻苧(あさお)の滝」を見るため。
先週暖気が入ったので前面氷結と言うわけには行きませんが、それなりにきれいでした。落差は40mあります。アルバムには大きい写真があります。

| Comments (0) | TrackBack (0)

激安レストラン

gekiyasu先ほどの「モンロー」の店です。以前から通るたびに気になっていて。
だって「天ぷら50円 カレー190円 スパゲッティ290円から」なんて書いてあるんだもん。
「話の種に」と思って入りました。ゲームセンターと一体化していてちょっとうるさいけど味と量は納得。また行きます。

| Comments (0) | TrackBack (0)

M.モンローのマネキン

monro国道18号線沿いにある食堂と言うかゲームセンターというか。
モンローが呼んでいたのは中に入ってから判りました。店のインパクトが強すぎて。
後ろの山は妙義山です。

| Comments (2) | TrackBack (0)

100円で詰め放題

horenso帰りがけに近所の物産直売場に寄ったらホウレンソウが100円でポリ袋詰め放題。こんな感じでした。
画面クリックでやや拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

梅はチラホラ

akimaume福寿草を見た後「ロウバイの郷」に行きましたがこちらはやや盛りを過ぎていました。
そのあと秋間梅林に行ったらまだまだ。かろうじて紅梅がチラホラと
画面クリックでやや大きくなります。

| Comments (523) | TrackBack (0)

満開の福寿草

fukujuso群馬県松井田町の木馬瀬(ちませ)の福寿草を見に今年も行きました。
まさに満開! 背が低く花が大きい。文字どおり黄金色でした。こちらのアルバムには大きい写真があります。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.25

中国で狂犬病が大流行

伝染病の中でここ数年トップにあり、1954に発見されて以来10万人以上が死亡している・・・
詳しくは

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.24

真冥界国語辞典 「ホリエモン」

このところ連日マスコミを賑わしているライブドアの堀江貴文氏の持ち馬の名前。4戦して10-14-10-10着という成績ですが血統は悪くありません。
この馬の存在を知らずに「アダ名」として最近は使われているようですが。

| Comments (0) | TrackBack (0)

安曇野市誕生

北アルプスの東側、南安曇郡豊科町、穂高町、三郷村、堀金村、東筑摩郡明科町が合併して新市名を「安曇野市」としたそうです。
「あずみの市」や「北アルプス市」にならなくて良かったよかった。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.23

真冥界国語辞典 「犬喰い」

犬を食べる文化ではなく、食器の上に顔を持っていって食べるほう。
給食の先割スプーンがこれを助長しているとして問題になった事があります。
最近は「ウチの仔は行儀が良いのヨ」、と犬喰いをしないようしつけるのが流行っているとか。
空気を飲み込むので犬(猫)の体には良くないとも聞きましたが・・・

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.17

真冥界国語辞典 「温暖化」

地球温暖化防止のための京都議定書が発効しました。
二酸化炭素の増加と温暖化の因果関係については異論もありますが、実はメタンガスは二酸化炭素の20倍もの温室効果を持っています。
従って温暖化防止の為には「おなら」や「げっぷ」を我慢する事がもっとも有効な対策となります。
科学的にも裏付けられています?

| Comments (0) | TrackBack (1)

2005.02.15

「中央アルプス市」誕生へ

ご存知のニュースでしょう。
総スカンを食らった「南セントレア市」と同様に住民投票の結果を無視した合併協議会の決定だそうです。
「中央」というのは一見カッコ良さそうですが、北アルプス(元祖日本アルプス)、南アルプス、に挟まれてあまりパッとしないイメージを抱くのは私だけでしょうか?

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.14

全国に「松エイズ」拡散?

韓国での話です。ソースはココ
マツノザイセンチュウ病、日本で言う「松くい虫病」のことでした。

| Comments (0) | TrackBack (0)

妙義山!

myogi先ほどのアーチ橋からさらに碓氷峠の麓の坂本宿に向かう途中、妙義山が見えました。ちょっとイタリアのドロミテみたいな雰囲気です。
山腹には幾筋か凍結した滝がかかっており、また行きたいところです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

レンガの鉄橋

daisankyoryo帰りは18号線の旧道で碓氷峠道を通りました。その途中で旧信越線の「碓氷第3橋梁」が間近に見える所がありました。レンガ造りで高さは約32mあるそうです。詳しい説明はここに
歩いて上まで上がる道がついていおり、これに続くトンネルも歩くことができます。写真はクリックで拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

白根山の眺め

kusatusiraneとても景色の良いスキー場で、近くに浅間山を眺め、草津~白根山方面が良く見えました。この白っぽい山の向うに「湯釜」が見えるはずです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

樹氷の森

juhyoゴンドラとリフトで頂上に上がると小さいながらも樹氷原となっていました。蔵王をちょっと小さくしたような。ちょっと間に滑り込んでみた。
画像クリックで拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

雪中訓練?

kunren
スキー場の脇の林の中でゴローの訓練?(遊び)。おもちゃを沢の下のほうに投げ、拾ってこさせる遊び。夢中になってやっていました。こちらは待ってて投げればいいだけでけど・・・

| Comments (0) | TrackBack (0)

浅間山山麓

higasigawa「パルコール嬬恋(つまごい)スキーリゾート」という所に行く事にしました。家から約80kmです。
途中浅間山の麓でゴロー(犬)を一休みさせるとさっそく雪と戯れていました。噴煙を盛んに噴き上げており、硫化水素の臭いがして気持ち悪いので退散~
写真はクリックで大きくなります。

| Comments (0) | TrackBack (0)

ひなたぼっこ

hinata庭の片隅でひなたぼっこ。冬の間陽があたらなかった庭にも春も訪れ。
顔が、実に気持ち良さそう。クリックで拡大します。

| Comments (1) | TrackBack (0)

夕暮れ

yuuugureki裏山の夕暮れです。何ということもない木ですがちょっと形が印象的で。
画面をクリックするとやや拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

不法投棄?

otosimonoトイレですね。良く工事現場に置いてある。
なぜここに?

| Comments (0) | TrackBack (0)

キリタンポ

kirita家の囲炉裏でキリタンポを焼いていました。
もっともこれを「切った」のがキリタンポだと聞いた事もあります。
画像クリックでやや拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.07

真冥界国語辞典 「駅べん」

「弁」ではありません「便」です。
駅のトイレ(big)の☆条件
1.荷物置き場がある:カバンを抱えて「大」ができるか!
2.コートかけ:ロングコート&和式の場合は至難技!
3.紙常備:カミ様お願いだ~!
4.水レバーは上部にあるかセンサー式:下レバーだと足で操作する輩が!
5.清潔であるのはもちろん:きれいであれば汚せない!
この☆5ケが意外と少ない。
上越新幹線車内の「小」用がイイ。受ける部分が丸くなく、鋭角で尖っているため間違いなく鉄砲の下をカバーできる。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.03

原田マサヒコ

今ならスキージャンプ(ペアではない:笑)で4年ぶりに優勝した原田雅彦選手(36)を指すんでしょうが、
ここで挙げたいのは日本プロボクシング協会会長の原田政彦さん(61)。あのファイティング原田です。
今はWBA、WBC、IBFなどの団体があり階級も細かく分かれていますが、あの頃はWBAのみでスーパー○○級(ジュニア○○級)なんてなかった。それでフライ級とバンタム級の2階級制覇したのはほんとに凄いと思う。
入院のニュースで思い出しました。敵地での初防衛戦では判定負けしましたが、この間図書館で借りたビデオを見たらいろいろ不利な条件が重なったようでした。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.02

雪崩注意報

雪崩注意報の発令基準は県によってかなり異なります。
「nadare.xls」をダウンロード
主として表層雪崩を想定した<24時間降雪量>と、全層雪崩を想定した<積雪(残雪)があって気温が上昇した場合>とに別れます。それにしても県によってずいぶん違うもんだ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.01

真冥界国語辞典 「予報と予想」

暖冬を予測したこの冬の長期予報は、外れたと言っていいんじゃないでしょうか?あと1ケ月ありますけど。
「予報」という言葉の響きには「定められた事項を予め報知する」というイメージがありますよね。
確かに2~3日後の天気は雲、雨域の状態が移行してくるわけで予「報」と言ってもいいと思いますが、長期予報(3ケ月予報)は過去のパターンにあてはめて予測する訳ですから、ぶっちゃけた話競馬の「予想」と本質的に同じなんじゃないでしょうか?気象庁の人には怒られると思うけど。
週間予報なども後半になると結構苦しいところがありますが。
「予想」と書いて逆に読むと「ウソヨ」になります。
ごめんなさい、私気象ファンなんです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »