« February 2005 | Main | April 2005 »

2005.03.31

庭の春2「さくらんぼの花」

sakuranbo東京では今日が正式な桜の開花日だそうですが、群馬ではまだ一週間ほどかかりそう。
でもサクランボに花が付きました。
1本だけだと実がならないって聞きましたがホントかな?ソメイヨシノの木なら近所に沢山あるんですけど。

| Comments (0) | TrackBack (0)

庭の春1「みつまた」

mitumatanohanaみつまたの花が今年も咲きました。
名前の通り各枝が全て三又に分かれています。元々は和紙の原料ですが最近は観賞用として植えられています。
花も可憐で遠くで見ると「手まり」を沢山ぶら下げているみたいです。
クリックでちょっぴり拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.28

横断スキールート

kasarout尾瀬岩鞍スキー場から笠ケ岳に抜けるコースを行って見ました。
ルート図はこちらです。クリックで拡大します。
途中坤六峠にテントを張りました。
そんなに急な登りはないのですが、尾根を行くので細かい上り下りが多く、日曜日の高温による雪質の悪化に苦しみ最後はバテバテでした。
アルバムはこちらです。

| Comments (1) | TrackBack (0)

真冥界国語辞典 「やせ蛙」

「やせ蛙 負けるな一茶 是にあり」
今回は真面目な解説となります。
これは一茶が今の足立区竹の塚
あたりで詠んだといわれます。
子供向けの本では蛙が相撲を
とっている絵が描かれていますが、
もちろん蛙が相撲をとるわけはなく、
「蛙合戦」一匹のメスに沢山のオスが
山になってのしかかるという大変壮絶
なものです。ここではじきとばされる
やせ蛙に長年独身だった自身の姿を
ダブらせて声援を送っています。

いや~お互い人間で良かったですね。
蛇足ながら「竹の塚」は「スカを掴むなよ!」
の意味でも使われます。
「take not suka !」

| Comments (1) | TrackBack (0)

2005.03.23

真冥界国語辞典 「我と来て」

tume「我と来て 遊べや親 のない雀」
小林一茶の有名な句でほのぼのとした味わいがあるとされていますが、実はとんでもない意味が裏に隠されています。
縁台で「週刊碁」を読みながらじっと問題を考えている爺さん
「わかった!」と正解が閃いてふと向こうを見ると、八百屋の娘が
ネイルアートを施した両手をひらひらさせている。
それを見て「おねーちゃん、こっちで わちきと遊ばない~」と
声をかけるエロ親爺の心境である。
「我解きて 遊べ八百屋の ナイス爪(づめ)」

| Comments (1) | TrackBack (0)

2005.03.21

鈴鹿の山並み

suzuka先日四日市へ行きましたが、曇っていて山は良く見えませんでした。
晴れていればこんな感じに見えたはずです。
ただし、四日市駅前に高さ100mのビルができたと想定してそこからの展望です。
小さい画像をクリックすれば元の大きさで見られます。

| Comments (0) | TrackBack (0)

電車ハウスその後

P1030225私の住んでいる団地のてんっぺんに東武線?の車両を運び上げて住んでいる人がいますが、最近看板を出しました。
ドライフラワーなどのアトリエを始めたようです。

| Comments (31) | TrackBack (0)

お花畑で

P1030222近所の畑(まだ耕していない)に犬を放しました。
赤紫の小さい花が一面に咲いていました。「ヒメオドリコソウ」かと思いましたが、葉っぱを見たら「ホトケノザ」のようです。
画面クリックでちょっぴり拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.20

武尊山に行ってきた

hotakamap上州武尊山(ほたかやま)に山スキーで行って来ました。
宝台樹(ほうだいぎ)スキー場のリフト終点(1400m近く)からシールで登り山頂付近まで行きましたが、予想に反して天気が悪く視界がきかないので、山頂付近でビバーク。
翌日は晴天だったのであらためて山頂に登り、写真をパチパチ撮りながら沢筋中心に滑って帰りました。
ルート図はクリックで拡大します。赤は登り、青が下りルート。
写真はこちらのアルバムに載せました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.18

真冥界国語辞典 「菜の花や」

「菜の花や 月は東に 日は西に」

中山競馬場の第9レース「菜の花賞、3才」。
彼は2-6を買ったつもりだったが結果は3-6の大穴馬券。捨てる前に念のために手許を見ると間違えて3-6を買っていた。バンザイ!
そこへ一陣の西風がサーッと
アララ当り馬券は飛んで行ってしまった。
おまけに反対側に置いてあった煙草が風に煽られて服の裾から煙が。
踏んだり蹴ったりというトコトン運のない男の詩。
「菜の花」や ツキは東に 火は西に

| Comments (1) | TrackBack (0)

2005.03.10

真冥界国語辞典 「春の海」

春の海 ひねもすのたりなたりかな
雷神部屋の力士「春の海」はとても弱い。
たまに稽古場で勝つとおひねりが飛んでくる始末。
もちろん中身は1円玉、それを丹念に拾い集めて外側の紙を
裏庭で燃していると向こうから「のたり松太郎」がやってくる。
取られては大変とあわててふところに入れて逃げ出した。
だから
はるのうみ ひねもす のたりのたり かな

エ!「かな」の説明がないって?
漢字使ってないでしょ!

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.08

真冥界国語辞典 「古池や」

「古池や かわず飛び込む 水の音」
これには真実が裏に隠されています。
ある男、悩んだ末に、アデラ○スの店に入った。
ところが鏡を見ると頭に毛が生えているではないか!忘れていた自毛が!
嬉しくて買うのをやめて外に出、向かいの床屋に飛び込んだが、あわてていたので
店先に置いてあった金魚鉢をひっくり返してしまった。
というほのぼのとしたお話
「古い毛や 買わず飛び込む 水の音」
次の御題を求む。

| Comments (2)

2005.03.07

ガターのないボーリング

gata駅前のつぶれたかと思った(改装中)ボーリング場で子供たちの大会をやっていました。未経験の子供のためにガターに塀を作り落ちないようにしてあります。
いろいろな注意が画面上に出ます。「ボールを半部以上向うまで投げない。飛距離を競うスポーツではありません」 「飲食物を手に持ったままボールを投げないように」・・・

| Comments (0) | TrackBack (0)

湖のカモたち

ooban偕楽園の反対側にある千波湖の鳥たち。
左が「ヒドリガモ」モヒカンみたいな頭の線が特徴。右は「オオバン」白い鼻?が愛嬌あります。カモ界のハクビシン?
ほかにはマガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ等。画像はクリックで拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

池の底に

kawanina公園の中の浅い池の底にこんな模様が。
正体はカワニナ(巻貝)ゲンジボタルの餌としての方が知名度高いかも。「これ煮るとうまいんだよね」・・・人間も食えるのか

| Comments (0) | TrackBack (0)

「雪中梅」

settyubai偕楽園(入場無料)には雪が結構残っていました。まさしく「雪中梅」でした。その他の写真はアルバムにあります。

| Comments (0) | TrackBack (0)

偕楽園臨時駅

kairakuen水戸のひとつ手前に梅のシーズンだけ「偕楽園」臨時駅がオープンします。上りは止まりません。
中の様子はこちらにあります
最終便は15」30!

| Comments (0) | TrackBack (0)

マンホールの蓋

manhole家の近所のマンホールの蓋。小さい写真をクリックすると拡大します。
「たかさき」と読めます。夏祭りの山車の後方に花火が上がっています。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.06

真冥界国語辞典 「行く春や」

=行く春や鳥啼き魚の目は泪=
女房の「春」が愛想をつかして家を出て行った。
後を追って千住まで来たがもう夜明けでカラスが「カア」と啼いた。
足の裏が痛いので靴を脱ぐと魚の目が破れて水が出ていた。
という哀れな男の心情を詠っている。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.02

真冥界国語辞典 「コンビーフ」

newkon昨日バスの中で一所懸命コンビーヒの缶を開けようとしているおばさんがいました。
コンビーフと言えば牛の絵を描いた独特の缶ですが、最近あまり見ませんね~
昔は山なんかに持っていったもんですが。
うま肉を混ぜたのを「ニューコンビーフ」というそうですが、昔クビになった競走馬の事を「コンビーフ行き」なんて言ってましたっけ。
4月6日はコンビーフの日だそうです。ネタ元はココ。あの独特の缶の形状の説明もありました。

| Comments (1) | TrackBack (0)

アメリカでI.E.のシェアが9割以下に

マイクロソフトの組込みブラウザー、インターネットエクスプローラー(I.E.)のアメリカでのシェアが90%を切ったそうです。
内訳はI.E.89.85%、モジラ・ファイヤーフォックスが5.69%、ファイヤーフォックス以外のモジラやネットスケープのシェアは2.47%、その他は1.9%。
ニュースソースはここ。ファイヤーフォックスが1割を超えると激震が起こるかも知れません。
ただ、上記の数字を合計しても100%にならないんですが・・・
追伸、こちらの方が詳しいです。時系列変化も載ってます。

| Comments (134) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »