« 荒船山の大岩壁 | Main | バイカウツギかあ~ »

2005.05.26

真冥界国語辞典 「南京豆」

もはや死語になりかけていますが、
「南京豆」と「落花生」、「ピーナッツ」の違いって?
子供の頃はこう理解していました。
・殻付きの状態が「落花生」
・殻から出して甘皮付きのが「南京豆」
・皮を剥いてハダカにしてのが「ピーナッツ」

愛知県では「地豆」と言ってましたね。私は殻のまま塩茹でにしたのが好きです。これだとビールにも日本酒にも合います。
昔「ナンキンマネ」ってお菓子ありましたねえ~

似たような言葉遊びをもうひとつ
・家で冷や飯で作るのが「焼き飯」
・ラーメン屋で出てくるのが「チャーハン」
・喫茶店又はレストランで出ると「ピラフ」
厳密には製造法も違うのでしょうが・・・


« 荒船山の大岩壁 | Main | バイカウツギかあ~ »

Comments

実家にいくら電話かけても繋がらないのでここに書きます。ちゃんと置いてないでしょ?
携帯にもかけましたが(会社のと元々持ってた奴)両方ともつながりませんでしたよ。こういう時のために電源はONにしておいて下さい。

Posted by: 娘より。 | 2005.05.26 at 23:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19007/4285898

Listed below are links to weblogs that reference 真冥界国語辞典 「南京豆」:

« 荒船山の大岩壁 | Main | バイカウツギかあ~ »