« 手垢のついた言い方 | Main | 収穫間近のフォックスフェイス »

2005.10.18

真冥界国語辞典 蓮華

今曰は蓮華について考えてみる。(小沢 昭一風に)
蓮華と言ってもここでお父さんが言いたいのはラーメンについてくる
レンゲのことである。 ♪~チャルメラ~
調べた事はないがその花びらの形から名付けられたに相違ない。
そもそも昔、ラーメンを中華と言った頃、断っておくが支那ソバというほどお父さんは年寄ではないのである。そのころの中華にこんな物はついていなかった。
いつ頃からだったのか、札幌ラーメンが上陸した頃だろうか、一度札幌の人に聞いてみたいものである。確かに札幌ラーメンは少しだけ高価な食べ物だった。
その高級感の一端をあのレンゲが担っていたのか!

ドンブりごとガバぁっと啜るのと比べ、レンゲでちびちび掬うなんて男らしくない!なんて義憤を感じたものである。♪・・・お囃子
ところがこのレンゲ、使ってみるとまことに具合がよろしい。
だいたいドンブリが熱い上にラ-メンのつゆも熱いので中々全部は飲めないものだ。
若い女姓がラ一メン屋に入るようになったのもこのレンゲのおかげかも知れない。
ところがこのレンゲなるもの油断すると丼の中に滑り落ちてしまうのである。
箸を使って食べる時、丼を持つ場合以外、片手は遊んでいる。右手
に箸、左手にレンゲを持ってラーメンを食する若者を前にして、お父さんは行儀悪いなあと心の中で思っている訳であるが、レンゲ沈没事件を思い出して、同感したりするんである。

滑り落ちない様に切り込みをつけて丼の縁に引っかかる形のレンゲがある。本来色々な場面で活躍すべきだったのにここまで生き方を限定されてしまうとは。
自分の人生と照らしあわせ思わず瞼が熱くなるお父さんであった。
血圧が高いので、塩分控え目と常日頃心がけており、レンゲでス一プを飲みながらどこで止めようかと悩むお父さんの胸の内は、あしたのココロだァ。♪~~

« 手垢のついた言い方 | Main | 収穫間近のフォックスフェイス »

Comments

昔蓮華をラーメンの中に滑らせて、バッチッチと思いながら指先で摘まんで取り出した事、何回もあります。
その後、蓮華を下向きにしてどんぶりの中に入れておくと滑らないと聞きました。
絶対滑らないとは言えませんけど、上向きより良いようですよ。

Posted by: 肴 | 2005.10.18 23:48

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真冥界国語辞典 蓮華:

« 手垢のついた言い方 | Main | 収穫間近のフォックスフェイス »