« January 2006 | Main | March 2006 »

2006.02.26

思いのまま

omoinomama
道中で「蕎麦子100%」の幟を見かけたので帰りがけに寄ってみました。
農協の直営店のようでしたが「2時半でおしまい」と。
残念でしたが小さいけど幹が太い梅の盆栽があったので買い求めました。「思いのまま」という種類で色んな花が咲くそうです。
咲いた後の手入れがわかりません。

| Comments (0) | TrackBack (0)

福寿草が満開だった

hukuju先ほどの甲斐犬ほかの猟犬がいた場所の庭先に福寿草の黄金色の花が咲いていました。

| Comments (6) | TrackBack (0)

猪よけの柵

sisiyokeこのあたりは本当の山村で斜面に畑を開いていますが、猪に荒らされる事が多いようで、どこでも周りを柵で囲っていました。

| Comments (1) | TrackBack (0)

瞼の母?

kaioyakoウチの甲斐犬のゴロー、生まれ故郷の母親の所に連れていきました。ネギとコンニャクで有名な下仁田町の奥です。
母親(左:現役の猟犬)は尾を振りながらワンワン呼んで?ますが、子供(右)の方は他にいた数匹の犬の迫力に押されてしまったのかそばに寄りませんでした。
だけど毛色、似てるでしょ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

復刻版の酒

mukasinosake
「昔の復刻酒」という名前の酒、ラッピングも新聞紙でした(去年の)。
群馬県川場村の酒ですが昔の酒って言われても比較できません。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.21

黒糖焼酎40度

amami
奄美大島の黒糖焼酎「海見」あまみ と読むようです。アルコール度40度とウイスキー並ですがストレートで飲んでもまろやか。
これは癖になるかも知れない・・・

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.08

ドンキねえ

donki
ドンキホーテと言っても例の火事のあった店ではありません(あちらはドンキと言うらしい)。ドンキホーテイとロシナンテイ、経営者が一緒なんでしょうね。
帰途の車中より。

| Comments (0) | TrackBack (0)

八ヶ岳の眺め

yatu
川上犬のふるさと長野県川上村の高原から見た冬の八ヶ岳、中央が主峰の赤岳でしょう。

| Comments (0) | TrackBack (0)

子犬がかわいい

kawakamiko
ある温泉宿に飼われていた川上犬の子犬の一頭。
ころころして足が太く、顔が丸くたまらなくかわいい。
主人が 後足に蹴爪があって、これをろうそう「狼爪」と言うんだ と教えてくれました。
なるほど
先に生まれた一頭は上野動物園に行ったそうです。

| Comments (60) | TrackBack (0)

これが成犬

kawakamioya
「川上村森の交流館展示犬舎」で飼育されている川上犬。成犬ですがやや小柄でした。

| Comments (9) | TrackBack (0)

川上犬とは

kawakamisetu長野県の川上村に昔から産する猟犬で古い日本犬の形を残すと言われる「川上犬」の説明ですが、画像をクリックするとやや拡大して読みやすくなります。

| Comments (306) | TrackBack (0)

2006.02.02

逆光がまぶしい

teibo060202碓氷川の堤防では犬を散歩させている人に出会います(自分でも行くけど)。この人、なんと6匹も連れてる!
逆光ですが後方の高い建物が高崎市役所です。

| Comments (4) | TrackBack (0)

朝焼けの榛名山

haruna060202これも今朝、我が家の近所から。
榛名山は1400m以上の高さありますが、地形的に雪が積もるのはまれです。非常に強い冬型で雪雲が飛んでくる時か、昨日のように関東の平野に雨が降る時。
このあと見る見る輝く白さに変わっていきました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

白い子持山

komoti060202
群馬県中央部にそびえる子持山1296m。一等三角点があり、四季を通じて親しまれています。
この山は独立峰(火山)なので風をまともに受け、季節風の吹き出しが強いと雪雲につつまれます。
ただし地形的には太平洋側の気象の影響を強く受けるために関東南部に雨の時に雪になります。
山の左端下の白く見える部分は子持牧場。
大昔スキーで骨折して沼田の病院に入った時、この山を毎日眺めて過ごしたなあ・・・

| Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »