« 盆栽入門? | Main | ヒヨドリの巣だった »

2006.06.24

真冥界国語辞典 卓見

卓見:たっけん、卓球見物の略 ではない。
ひところ脱サラ向きの資格として話題になった・・あれは宅建
先日読んだコラムに「サッカーの魅力はもどかしさにあり」というのがあった。卓見だろう。「最も興奮するのはシュートがクロスバーに当たった時」とか。私なら「キーパーのファインセーブの瞬間」だと思う。攻める方も守る側も「惜しかった~」「良くやった~」。
試合前の国家演奏、「君が代」の「細石の巌となりて」は岩が砕けて小石になるのだから逆ではないかと昔から思っていた。
ところが「小石が集まって岩になる場合もある」という事で、文部科学省入口に実物?が飾ってあります。でも考えてみるとこの「小石も元は岩」ではないのかと、♪回る~回~るよ時代~は回る・・・♪

« 盆栽入門? | Main | ヒヨドリの巣だった »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真冥界国語辞典 卓見:

« 盆栽入門? | Main | ヒヨドリの巣だった »