« June 2006 | Main | August 2006 »

2006.07.31

不気味な「クールビズ」

最近テレビのニュース画像を見て思うこと。
何で皆申し合わせたように政治家は「背広+ノーネクタイのシャツ」なんだろう。
小泉総理に逆らうのが怖いのだろうか?
「省エネのために涼しい格好」というなら他にいろいろあると思うし、「私は背広にはネクタイでないと似合わないと思う」と厳然としてきちんとしたスーツ姿で痩せ我慢をする人がいてもいいと思うのだが。
不気味だ。

| Comments (4) | TrackBack (0)

2006.07.30

キツネノカミソリ

Kitune
先週山百合を見に行った場所へもう一度寄ってみました。今回はキツネノカミソリが満開でした。真ん中下の花にはカタツムリが、右下には蝉の抜け殻が付いていますがわかりますか?
群落の写真はアルバムに。

| Comments (10) | TrackBack (0)

ウドの大木

Udotaibokuウドの大木、そのものです。お笑い芸人ではありません。

| Comments (39) | TrackBack (0)

ナナフシ再び

Nanafusi_1
ぶどうの袋がけをしながら横の柱を見たら、止まっていました。子供の時に見つけましたが、全長20cmくらいになっています。全然変態しないんですね。

| Comments (2) | TrackBack (0)

ぶどうの選定(摘果)

Syukakuぶどうの収穫! と言いたいところですが、庭のぶどうに袋がけをする時に間引いた実です。「勿体無い、もったいない」といいながら。
実際にはこの倍以上でました。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2006.07.27

トークンは不便だ

Token「トークン」が何物かについては6月20日付ブログでも写真入で説明してありますが、ジャパンネットバンクのHPで紹介されています。
Token @niftyデジタル用語辞典によれば 本来「象徴、証拠(品)、記念品、代用貨幣」といった意味で、(中略)、何らかの権利などを有することの証明として使う例が多い。とのこと。
実際使ってみて「不便だ。ユーザーフレンドリーではない。」と言うのが実感です。
1.大き過ぎる。キーを厚くしたような物で厚みがある。常時携帯する物だけに、少々大きくても良いからもっと薄くして財布に入るサイズにしてもらいたいものだ。
2.見にくい。モノクロ液晶で数字が出るが、昔の電卓と同じ表示で「1」と「7」が極めて判別しにくい。何回かエラーになってしまった。
私の勤務先でも外部から社内メールにアクセスする場合、図形パスワード+トークン値を入力するがソフト的に発生させている。
昔、振込み費用が安かったのでジャパンネットバンクに口座を開いたが、この操作を強要されるなら口座解約も検討しようかとさえ思えてくる。


| Comments (85) | TrackBack (0)

2006.07.25

草刈機

Kusakarikiインターネットオークションで充電式の草刈機を買いました。近所の農家では田んぼの草刈用にエンジン付きの本格的な物を使っていますが、これは家庭用で刃はプラスチックで馬力も弱い。まあそれなりに使えるでしょう。

| Comments (0) | TrackBack (0)

風船唐綿の花が咲いた

人からいただいた「風船唐綿」の花が咲きました。
小さいけどシャデリアみたいな形です。
トゲトゲの実は良く見るけど花は初めてです。Husentowata

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.23

ちょっと不気味な沼?

Fusiginanuma一面が藻に覆われ、立ち枯れた木が何本か。暗い時に見たら不気味でしょう。
不気味でない写真が数枚アルバムにあります。

| Comments (563) | TrackBack (0)

ツルの無いツルムラサキ

Photo庭の片隅に生えている「ツルムラサキ」。
窓辺に伸ばして日よけにするという事で一時作っていましたが、ヌメリ感があって食べても結構おいしいのです。
人から聞いた話で、ツルが伸びたら摘むようにすると背が伸びずに次々と葉が出てこの方がおいしい。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.22

下仁田ねぎポテトチップス

Negitips
先日群馬県の下仁田(ネギとコンニャクが名物)の温泉に立ち寄った際買った物です。
昨日ビールのつまみに食べましたがさっぱりしていてなかなかうまかった。開封後なのは食べたあと思いついて写真を撮ったためです。
昔ニュージ-ランドで食べたオニオン風味のもうまかったなあ。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2006.07.18

伝説の滝

Omikanotaki_1
群馬県の最奥部から塩ノ沢峠1040m、ぶどう峠1510m、
馬越峠1610mと三つの峠を越えてこれも長野県の(昔は)秘境と言われた川上村に行ってきました。
途中、「おみかの滝→200m」という標識を見つけて行って見ました。それほど大きな滝ではありませんが美しい淵を持った滝です。
降り口にあった案内板には「おみかという美しい娘が、嫁ぎ先の姑にその着物欲しさに滝に誘い出され突き落とされた」とありますが、その先が「どじょうに化けて脅かし・・・」普通は蛇か竜に変身すると思うんですけど「どじょう」とは。
その他の写真はアルバムにあります。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.15

朝の川面

Asa
朝早く目が覚めました。朝焼けがきれいだったので窓から一枚撮りました。
中央付近に光っているのが碓氷川で、向うが赤城山方面になります。

| Comments (7) | TrackBack (0)

2006.07.14

ワイパーが止まらない

Kosyo2_1
車の調子が悪いので修理に出しました、H社。症状としては
1.ワイパーが勝手に動き制御不能
2.バックする時の警戒音が鳴らない
3.キーを挿したまま退出する時の音が出ない。

結局「MPCA」というボックスを交換しました。
写真の上の方、白っぽく映っているのは漏水で回路(銅線)が腐食して溶け出した部分です。
上記トラブルの原因は全てこの箱にあったのか。

| Comments (1) | TrackBack (0)

「ヒヨ」の「ひよ」

Hina
先日、家の前の桑の木にヒヨドリが巣をかけましたがもう雛が巣から出てきました。
始め2羽かと思ったら遅生まれか小さいのがいて計3羽でした。
「ピイピイ」鳴いているのが家の中でも聞こえます・

| Comments (1) | TrackBack (0)

真っ赤な実だけど

Suguri
庭の片隅に「スグリ」が真っ赤に熟していました。
「おいしそう」 とそそのかされて食べてみましたが「酸っぱ~~い」
女性が「イザカヤ」で良く注文する「カシスソーダ」のカシスと親戚のようです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

コオニユリの花

Kooniyuriコオニユリ(食用ユリ)の花が咲きました。根茎をいくつかに分けて埋めたところちゃんと生えてきました。今年は食べるかな?

| Comments (12) | TrackBack (0)

またまたレンゲショウマ

Regesyoma3昨日の写真はバック(空)が白っぽく写ってしまったので、バックが黒っぽくなるようなアングルで再度挑戦してみました。
ちょうど朝日が差してきたところですが、こうして見ると枯れかかってきてますね。惜しい。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.13

「数え年」を見直す

先日の報道で「0歳馬に△億円の値が」という見出しがありました。その年に生まれた馬を日本では昔は当歳馬(1歳馬)と言ってました。まあ数え年ですね。
国際化の流れとかで2001年から馬齢表記が変わりました。
昔はダービーは4歳馬のレースだったのが今は3歳馬。
ヨーロッパ標準のようですが、0から始まり翌年1歳になる。英語で「first floor」が2階を意味するようなモンかな?
今回のテーマは馬ではありませんでした。年齢の数え方です。
昔は年齢を「満」と「数え年」の両方で言ってたように記憶しています。私の場合12月生まれなので、「満年齢+2が数え年」と覚えてました。
子供を持った時に思いましたね。0歳児はおかしいんじゃないか?、目の前に存在するんだから。
そう考えると、数え年というのも確かにそれなりの意味があると思いました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

レンゲショウマをアップで

Rengesyoma2
レンゲショウマの花をアップで。絞りを開いて思い切り背景をぼかしたつもりですが、これで精一杯。右上の丸いのは蕾です。
このアングルで三脚をセットするには苦労しました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.11

レンゲショウマ咲いた

Rengesyoma1
蕾を見つけてから18日目に咲きました。
今年は去年より花の数が多く、また大きく咲きました。
あの山に咲くのは来月かな?

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.09

今どきタケノコが獲れた

Daikoku5take辺りには竹林(真竹)が広がっており、良く見るとタケノコがまだいくつか出ています。少しだけ頂戴しました。家の近くで思わぬ収穫が。さっそく茹でて穂先はワサビ醤油で、その他は薄味の煮物に。

| Comments (1) | TrackBack (0)

ジャノヒゲの花

Daikoku4ja洞窟の周辺にはジャノヒゲが沢山ありました。
良く道路の中央分離帯に植えられている草です。蘭に似た小さな花をつけ、秋には青い実ができますがユリ科だそうな。

| Comments (194) | TrackBack (0)

これは食べない・・・

Daikoku3kinokoそばにあったキノコ、名前はわかりませんが、雰囲気が怪しいので見るだけ。
これから名前を調べようか。

追伸、猛毒の「ドクツルタケ」のようです。「ツバとツボのある白いキノコは要注意」と無意識に覚えてたようです。

| Comments (7) | TrackBack (0)

穴大黒

Daikoku2この洞穴自体を昔から「穴大黒」と呼んでいたようですが、中に小さな大黒様が納められていました。祠は古そうだけど、この像は新しい。手前にタケノコが写っています。

| Comments (0) | TrackBack (0)

大黒の洞穴

Daikoku1家の裏山?の方にある標識、ここを通る度に気になっていましたが、ちょっと寄ってみました。車を止めるのに苦労しますが。

| Comments (70) | TrackBack (0)

あじさいの山

Tyogakujiajisaiこのお寺は群馬百山のひとつ崇台山299mの麓にあり、アジサイの庭を通ってすぐに登れます。
かわいい山ですが、見晴らしは抜群。

| Comments (1) | TrackBack (0)

おりんさいせん

Tyogakujirin
ホームページによれば、1000年以上前に開かれたお寺で加賀前田家の菩提寺でもあるらしい。写真は階段の上にあったものでお賽銭を入れると「リ~ン」という澄んだ音が聞こえます。

| Comments (2) | TrackBack (0)

上州のアジサイ寺

Tyogakuji1
群馬県富岡市の長学寺、地元では紅葉の名所として有名ですが、山一面に咲く初夏のアジサイも見事です。これは紫陽花観音への階段。

| Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »