« July 2006 | Main | September 2006 »

2006.08.29

お湯を注げば豆腐

Maboramenエースコックの麻婆拉麺、味もさることながら驚いたのは豆腐。お湯を注ぐだけなのにちゃんとした豆腐に戻っている。豆腐の進化(というか即席麺の進化)恐るべし。
その昔、「ハウスほんとうふ」というのを持っていって、山で麻婆豆腐を作ったのを思い出しました。今でもあるのかと思ったら、まだ間に合うらしい。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.27

トロロアオイの生垣

Tororoaoitoie
庭に植えたトロロアオイ、毎日何十と言う花が咲きます。下から見上げてもきれい。来年はもっと増やそうか?

| Comments (0) | TrackBack (0)

万灯会

Mantoe
土曜日8月26日の夜、高崎郊外の白衣観音で万灯会(まんとうえ)がありました。今年で10回目だそうですが、規模も拡大しいろいろアトラクションもあったりして地域に根付いたお祭り、といった風情です。
会場は何箇所かあるのですが、今年はあまりあちこち動きませんでした。万華鏡をレンズにセットして撮影されていた方がいてびっくり!
ライトアップされた観音様だけなら毎晩のように見る事はできます。
拙い写真ですがアルバムはこちらです

| Comments (2) | TrackBack (0)

ぶどう収穫

Budo
庭のブドウを少し収穫しました。小さいですが甘さはまずまずで少しばかりご近所におすそ分け。
摘果はしたんですが、それまでに房をならせ過ぎたので、来年はもっと早いうちに剪定しておこうか。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.24

カールの鉛筆削り

家庭用?のシュレッダーで幼児が指を切断するという事故が相次ぎ、「アイリス・オーヤマ」「カール事務機」という会社名がマスコミを賑わしている。
前者はペットフードやエクステリア製品などで盛んにTV-CMを流しているが、「カール」と言えばなんといっても「鉛筆削り」だろう。
「♪カール カールの鉛筆ケ~ズ~リ~♪」というCMソングを覚えている人も多いのでは?
鉛筆削りと言えば、ナイフ・小刀⇒鉛筆の頭に嵌めて回すタイプ⇒前述のタイプ⇒電動式と変わって来た。今やオフィスで電動式鉛筆削りを見る事もまれになった。
曖昧な記憶だが、カール鉛筆削り、ホチキス、セロテープ、といった「事務機器が家庭に入り込んだ」のは同じような時期ではなかったろうか?今振り返ると家庭用ワープロやパソコンの普及を暗示していたのかも知れない。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2006.08.20

可哀そうな花

Hekuso何故かって?
名前が「ヘクソカズラ:屁糞葛」だもん。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.17

カラスウリの花は神秘的

Karasuurihana
カラスウリ(烏瓜)って御存知ですよね。秋に赤くなる実や、朝方にしぼんでいる花は良く見ますが、咲いている所を見た人は少ないのでは?
この花を写真に撮りたくて夜、外に出てみました。
山用のヘッドランプで横から照らしましたが、闇に浮かび上がる繊細で神秘的な花はちょっと感動モノでした。
そよ風があったのでどうしても揺れてしまうので苦労しました。
画像をクリックすると拡大します。

| Comments (1) | TrackBack (1)

2006.08.16

鼻曲山のレンゲショウマ

Renge群馬と長野の県境にある鼻曲山(1655m)へレンゲショウマの花を見に行きました。そのあとは尾島(群馬県太田市)へねぷた見物に。
アルバムはこちらです。

| Comments (15) | TrackBack (0)

巨大ナス?

Bokenasu
近所の散歩道にある標識。高圧線が通っている鉄塔のそばで木を伐採する場合は注意。という意味なのですが、始めてみた時は「巨大茄子が落ちてくるので注意!」に見えてしまった。

| Comments (0) | TrackBack (0)

トロロアオイ満開

Tororo
今年もトロロアオイの花が毎日咲いています。すっかり我が家の顔になりました。

| Comments (2) | TrackBack (0)

フウセントウワタも膨らんだ

Fusen
小さなシャンデリアみたいな花を咲かせたフウセントウワタ(風船唐綿)に実が付きました。良く生け花に使われています。種をとっておいて来年も撒こう。

| Comments (175) | TrackBack (0)

ヤマシャクの実

Yamasyakumi庭の片隅に植えてあったヤマシャク(山芍薬)も花が散り、実がつきました。赤や青やちょっとどぎつい感じもしますが。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.11

牛肉とサマージャンボ

テレビを見ていると輸入再開された米国産牛肉を「買いますか?」との問いかけに「気持悪いし~やっぱり買わない」と答えている人を映しています。製作側の意向もあるでしょうが。
リスクは「そのインパクト」*「確率」で計算できますが、このBSE問題は米国内での発病数を考えれば他のリスク(受動喫煙等)よりはるかに小さいと思います。
「確率」と言えば宝くじ、サマージャンボの場合でその期待値は145円程度、つまり48%程度の返還率です。競馬(俗に75%と言いますが大体そんなもの)よりはるかに悪いです。
それでも宝くじが売れるのは「億」単位の賞金があたる可能性(限りなく0に近いですが)があるから。年3回、3000円づつ20年買ったとして18万円です。実際には300円が必ず当たりますから16万2千円で20年間楽しめます。
結論、米国産牛肉は買う、ジャンボ宝くじは3000円づつ買って永年楽しむ事にしよう。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.07

ドッグイヤー

一昨年から甲斐犬を飼い始めました。飼うからには一生看取ってやる義務がありますが、年齢的(自分の)にどうなんだろう。半導体の世界の進歩の速さを「ドッグイヤー」と表現しますが、こちらは「hito_inu.xls」をダウンロード
自分の年齢と比べてみました。70歳で犬がおいつき、その後は逆転してこちらが「老老看護」をする立場になるかも知れません。
この表を見ているとSF小説が書けそうだな?自分の年齢を書き換えれば誰でも使えます。

| Comments (0) | TrackBack (0)

花火

Hanabi
高崎祭りとタイアップして上げられる花火です。50分間で1万5千発を打ち上げるのが売り物ですが、今年はペース配分を間違えたのか、何かのトラブルか、10分くらいの中断があってから延々と上がっていました。写真は庭で撮ったものです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

花火の場所取り

Basyottori_1夜の花火に備えての場所取りのシートが敷かれています。このあたりだとまさにカブリツキ。
名前を書くのにガムテープを貼っている人もいますが、この「さき」さんはなんと木の枝で。毎年使っているんだろうか?

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.04

Mapionの新機能は便利!

ウェブ地図の老舗とも言えるMapionですが、マウスドラッグで移動できるGoogleマップに話題をさらわれた感がありました。
使用感が全然違うので、こちらも同じシステムに切り替えてきたようです。
実際に使ってみましたが、「これは使える」と思ったのがオマケ機能の<距離測定>。
マウスでポイントしながら繋げるわけですが、連続で指定できるし、次のポイントに移動するにもドラッグ移動方式とピッタリマッチするし、横の窓で歩数、消費カロリーまで計算できます。
画面は皇居一周ルートを試したところです。画面をクリックすると詳細画面になります。Mapion

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.03

カンパン?

Kanpan
東京駅のホームにあった「パンの缶詰」の販売機、始めてみました。これがホントの「缶パン?」。
アキバからブームが始まった「おでんの缶詰」は今やコンビニでも売っていますが。
次はなんだろう?ケーキ?プリン?

| Comments (0) | TrackBack (0)

これがコックピット

Kokupitパイロット含め107Kgとの事。足元が乾電池ボックスで「96本!」と盛んに言っていましたが、これは(初動に人による補助あり)とかで、自力で飛んだ公式記録は「単三型オキシライド乾電池160本を使用し、飛行時間59秒間、飛行距離391.4m、飛行高度6.11m」だそうです。
それにしてもすごいな。

| Comments (0) | TrackBack (0)

乾電池で空を飛ぶ

Yujinhikoki
パナソニックと東工大の共同プロジェクト「乾電池で空を飛ぶ」実験に使われた機体が東京駅に展示されています。
青いのがコックピットで始めはこれだけ吊り下げているように見えたのですが、左右に伸びているアングルみたいなのが主翼で31m。
これを見ると飛行中はたわむんですね。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2006.08.01

燃料代節約法

またまたガソリンが上がりました。少しでも安く、と思って遠くの店に入れに入れに行ったりしますが、走行距離などを考えると「ホントに得したのか?」という疑問も浮かびます。
そこで簡単な計算表を作って見ました。もちろん、軽油でも使えます。
必要な入力情報は<近い店の価格><安い店の価格>
<各々の距離><自車の燃費><給油量>です。
「nenpi.xls」をダウンロード
適当な数字を入れてみてください。 愕然とするかも・・・

| Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »