« September 2006 | Main | November 2006 »

2006.10.26

パノラマ写真に挑戦

Panorama
こんど買ったデジカメにはパノラマ撮影支援機能がついています。これを使って撮影し、付属ソフトでパノラマ化してみました。元の写真は4枚ですがうまくつながりました。画像をクリックすると少し大きくなります。
場所は瑞牆(みずがき)山の麓。雨の中でかけましたが、紅葉は最盛期でした。晴れて岩に陽があたらなかったのが残念。アルバムはこちらです。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2006.10.21

優曇華の花が咲いたよ

Udongeみかんの葉っぱの裏にクサカゲロウの卵を見つけました。昔から優曇華(うどんげ)の花として知られていますが小さくて綺麗な物です。ところが本当の優曇華の花もあるそうでびっくりしました。

| Comments (247) | TrackBack (0)

2006.10.20

群馬の水郷を行く

Itakura
群馬県の東端、栃木・埼玉両県に近いところに板倉町がありますが、ここは川や運河が入り乱れて群馬の水郷と呼ばれており、舟で巡る事ができます。写真の対岸の並木は山桜とか。
このあと近くの渡良瀬遊水地に行ってきました。一面のアシ原でとにかく雄大な所です。
途中、徳川家発祥の地にも寄ってきました。
アルバムはこちら。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.17

私は誰でしょう_虫

Watasihadaredesyou玄関前で妻が「へんな虫がいるよう~」と呼ぶので出てみました。
「なんだこれは?」2-3cmの細長い体の前の方に3対の足があります。何かの幼虫のようですが、さっぱりわかりません。おまけに蜘蛛のように糸を吐いたりします。
私は誰でしょう?⇒オナガグモだと教わりました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

レトロな煙草屋

Tabakogaumai犬の散歩でいつもと違う道を通ってみました。
「今日も元気だタバコが美味い」 私は愛煙家ではありませんが、
このコピー、実にうまいと思いました。ビールの味などもたしかに体調で随分違いますから。
右上のボンカレーの看板といい、品物こそ置いてありませんが、陳列棚(でいいのかな?)といい、歴史的建造物として残して欲しい。

| Comments (7212) | TrackBack (0)

2006.10.15

イノシシ出没

Inosisi
自宅から2-3km行ったところにこんな標識がいくつか立っています。
何箇所かで「イノシシに畑を荒らされた」という話を聞きました。狩猟期間ではないし、住宅地に近いので銃による駆除はできず、ワナをしかけてあるそうですが、散歩で山に入ったり犬を放したりするのは要注意です。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2006.10.12

浅間山規制緩和

Asama
9月、浅間山の活動がレベル1になったとの気象庁の発表を受けて、長野県小諸市では火口から500m圏内より外側の外輪山である前掛山2524mまでの登山道を解禁しました。
そこで先日浅間山荘からの登山道を行ってみましたが、晴天に恵まれて素晴らしい景観を楽しむことができました。写真は途中、湯の平高原あたりからのギッパ(牙)山の岩峰です。カラマツの黄葉がきれいでした。アルバムはこちらです。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2006.10.08

東京タワーから

Tktw_fuji
東京タワーへ行ってきました、40数年ぶりで。連休だったこともあり、かなりの人手でした。それなりに企業努力もしているのでしょうが。
途中の展望台へ上がってみました。高さ150mとなっていますが、昔上がった時は120mと聞いた記憶があります。場所が高台なので、その分を嵩上げして「海抜150m」という事なのでしょう。
富士山はあいにく雲の中で、丹沢山塊の向うに稜線の一部がチラっと見えただけでしたが、晴れていればこんな感じに見えたはず。
ダン杉本氏の「カシミール」を使って作画。初雪を降らせて見ました。画面をクリックすると少し拡大します。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.04

靴をいろいろ買わなきゃ

Kutu山関係の靴をいくつか買う必要が出てきました。
1.夏~残雪期用の軽登山靴。15年位前に買った昔のキャラバンシューズタイプの軽登山靴の底がすり減ってしまい、一層軽くなった(笑)のはいいのですが、滑って仕方がない。又、ゴアテックス加工とはいえ、やはり布製では水に弱い、という事で皮製の軽いのを買いました写真の右、7代目くらいかな?
片足750g、冬用の登山靴(1050g)、山スキー用靴(1870g)と比べて軽い。
2.軽い山でも歩けるようなタウンシューズ。裏が硬いゴムが好ましい。これも8年くらい前に買った靴の裏底が擦り減って、小石が入ってしまってカラカラ言うし、内側も痛んできた。写真の左。このタイプの靴では3代目になるが、最初の靴(チロリアンシューズと称してた)、次の皮製短靴、と比べ非常に軽いがヤワな感じがするので寿命は短いような予感。
3.山スキー靴。1.で例に挙げたが大分痛んできた。大体6年位の周期で買い換えているが、次は年を考えて軽いのにしよう。6代目になるけどついでにビンディングも(スキーも)軽いのに変えたいな。
4.スキー靴。ゲレンデ用で20年くらい前の物。物持ちが良いと言うより、ゲレンデにあまり行っていなかったのと、面倒なので最近は山用の道具で滑っていたから。靴を変えると当然スキー板も、という事になるな。
退職直後だと言うのにえらい出費だ・・・

| Comments (54) | TrackBack (0)

2006.10.02

名前だけで買った酒

Kaguramine
別の物を買うつもりで入ったマーケットでラベルが目に付いて買ってしまいました。「神楽峰」新潟県の苗場山の前衛峰で、昔から山スキーのクラシックコース。私も一頃はシーズンの初滑りと滑り納めはここでした。
醸造元を見ると中魚沼郡津南町。この冬、最大積雪4mという事で、マスコミにも良く登場した名前ですね。

| Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »