« パノラマ写真に挑戦 | Main | 知られざる日光 »

2006.11.02

どっちを信じればいいのだ?

2030群馬県の象徴ともいえる赤城山に行ってきました。鈴ケ岳という渋い山と、主峰の黒檜山です。
途中にあった道路標識ですが、20kmと30km、どちらを信じればいいのだ?ダブルスタンダードで問題になったサラ金の利息制限法みたい。
山の写真はこちらです。

« パノラマ写真に挑戦 | Main | 知られざる日光 »

Comments

こんにちは。
>途中にあった道路標識ですが、20kmと30km、どちらを信じればいいのだ?
専門家ではありませんが、30kmだと思います。
道路構造令というのは、国土交通省(昔の建設省)の法令なので、交通法規ではありません。
道路(の路線線形)を設計するときに設計速度を決めているだけです。
高速道路が100kmで設計されているとか、第2東名・名神の設計速度が120kmだったのが、100kmになったとかと同じレベルだと思います。

Posted by: mi84ta | 2006.11.08 23:25

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference どっちを信じればいいのだ?:

« パノラマ写真に挑戦 | Main | 知られざる日光 »