« September 2007 | Main | November 2007 »

2007.10.30

秋の味覚

Mituba昨日、犬の散歩で裏山を歩いた時に目をつけておいたアケビ(ミツバアケビ)の実、高い所にあったので今日の散歩では高枝鋏とコウモリ傘を持って行きました。その訳はほとんど車の通らない細い道ですが、アスファルトなので実が道に落ちると砕けてしまうため。
結構な収穫でした。実の甘い部分を啜って種をペッとやったあとは皮を料理(女房が・・・)。基本的には茄子料理が応用できるようです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.28

キリマンジャロを思い出した

Asa朝、恒例のジョギングをしていたら土手から白く化粧をした浅間山がくっきりと見えていた。推定で標高2300m以上の冠雪か?
朝食後犬の散歩の時にカメラを持って出たが雲が湧いてきて中腹以下を隠していたがかえって高度感が感じられた。
ふと、昨年登ったキリマンジャロを思い出した。それも下山後にバスの車窓から一瞬だけ見えた景色を。
Kiri実際に写真を見るとずいぶん印象が違うが、雲の上に覗いた白い大きな頂稜部が連想させたのだろう。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.25

ほぼ満月

Img_6223
一昨日が十三夜という事で、きょうはほぼ満月、夕方から再び晴れてきたので撮ってみました。月齢は14.17だそうで明日の方が丸いのですが、たぶん見えないのではないかと。
こんなに大きくは写らないのでトリミングしていますが。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2007.10.23

サンマはコンロで焼く

Img_6133
前回(10/8:下を参照)小さな七輪でサンマを焼いたが、火が小さすぎてやり難かったので、ブロックでコンロのような物を作りそこで焼いてみた。又、改良として前回の反省から網を2枚使いそこにサンマを挟んで焼く事にした。
これは成功で裏返すのも楽だし、回して方向を自由に変えられる。
焼酎をチビチビ飲りながらじっくり焼いたがなかなか美味でした。あと1回くらい楽しめるかな?

| Comments (411) | TrackBack (0)

2007.10.22

またまたランニング下山

Img_6102また快晴の水沢山(群馬県)に行ってきました。 前回(10日前)は48分で登りましたが、今回は50分。ただし階段下からでなく駐車場からなので実質は同じでしょう。しかしこの階段、急なので気勢を殺がれます。山頂からは富士山が見えました。
今回は下山路を間違えずに下ったので、一周1時間50分(休憩込み)でした。

Img_6108
下山後は近所の渋川総合運動公園に向かいます。駐車場からは今下ってきた水沢山が頭上に聳えます。今回のもうひとつの目的はここにあるクロスカントリーコースを見る事。有名なマラソンのリディア・シモン選手も走った事があるそうです。

Img_6112こんな感じの林間コースで足元には細かいウッドチップのような物が敷き詰められておりふかふかします。ただ、コースは複雑で次回スタートから確認しないといけません。

Img_6122
あまりにいい天気なので家の近所の「鼻高展望花の丘」を周ってみました。コスモス祭りは先週で終わりましたが、むしろ今が盛りという感じです。家族連れも沢山いました。

Img_6116
一昨日の雪で今季2回目の冠雪の浅間山も良く見えました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.11

ランニング下山?

Souma写真は群馬県の水沢山の頂上から見た相馬山1411m、なかなか鋭い峰です。
 登山またはランニングの1ジャンルとして「ランニング登山」というのがあります。有名なものでは富士登山競争で、標高差3000mを今年の1位はなんと2時間42分55秒で駆け登ったそうです。
 こんなのはとても論外ですが、起伏のある野山を走る「クロスカントリー:最近ではスキー用語みたいになっていますが」やオフロードランニングを広く包含する「トレイルランニング」という言葉もあります。

 家からも良く見える榛名山のそばの水沢山・別名浅間(せんげん)山、1194mは手軽に楽しめる山として人気がありますが、むしろ麓の水沢観音の方が一般的には有名でしょう。
 ここに登りのトレーニングとトレイルランニングの練習を兼ねて行ってみました。
登山口からの標高差は580mで登り1時間半が標準的なタイムのようなので、この半分の時間で登れないかチャレンジし、更に同じ道を下ると走るには急すぎるので船尾滝の方を廻る回遊ルートで。

結果:登りは急なので走るのは初めから無理とあきらめて速足で登りましたが48分。トレーニングなのでまあいいか、これからも通おう(自宅から車で50分と近い)。しかし、平日の朝だというのにもう下山してくる人が何人もいたのにはびっくり。休日は大混雑だろうな。
下山はそのまま西に下り、船尾滝コースの入口を探したがなかなか見つけられず標高差200m近く車道を下りすぎてしまった。ランニングの練習だと開き直って又戻って入口を探して下っていくと、やがていい道に合流し右折するとすぐに「船尾滝」の標識に出た。ただここから滝までは100m登り返さなければいけないが落差70mを越える立派な滝である。
再び戻って林間を進み、右に下ると突然お寺の境内に出た。水沢山頂からは危ない所は慎重に通過したが、のんびりと走って下ることができた。
そのあとは近くの伊香保温泉で露天風呂に入り、水沢観音名物の水沢うどんを食べて無事終了。
次回は道を間違えずに済むだろう。アルバムはこちらです

| Comments (2) | TrackBack (0)

2007.10.09

達磨巡りが目的ではなかったが

Retudaruma毎朝走っているコースの距離を測ろうと自転車にGPSをセットして走ってみた。朝走った時にさすがに達磨の町、高崎らしくあちこちに達磨がいることを再認識。これは国道18号線(中仙道)で車を見守る達磨たち。最近塗り替えたのできれいです。

Kindaruma走りながら見ると建物の中に大きな金色の達磨がいるように見えたが、じっくり見ると「福」の字が金色でした。達磨製造販売の店の前にありました。今頃は製作に忙しいでしょう。

Tatedarumaこれは安中市との境にあった「縦達磨」ここから高崎市、という標識でしょう。良く見ると鯉もいます。このあたり鯉を養殖している所もあるようです。

Darumajiここが本家本元の達磨寺。1月の6-7日には達磨市が開かれて賑わいます。


| Comments (2) | TrackBack (0)

2007.10.08

七輪でサンマを焼いてみた

Samma七輪でサンマを焼いてみたといっても近所のスーパーでだいぶ前に買った安物で「木炭コンロ」としてあったが発売元は○○ウロコ。
最近、女房に付き合って買い物に行くのだが、サンマが1匹50円だったので「七輪で焼こう」と購入。
普段囲炉裏で使っている安物の輸入木炭と消し炭を使って火をおこし缶ビール片手にパタパタ、どうやら火もおきてきたのでサンマを乗せたが七輪が小さい。頭、シッポと動かしながらやったが裏返す時に1匹くっついてしまった(真ん中ネ)。
でも味は良かったので再度挑戦します。次回は炭が「熾き」の状態になるまで我慢しよう。

| Comments (21) | TrackBack (0)

2007.10.06

時ならぬウォーキング・フィーバー

Oozei_2朝のジョギングコース(犬の散歩コースでもある)の堤防上に突然大勢の人が出現。背景は榛名の山波です。

Zekken「だるまマーチ」というウォーキングラリー大会が開催されたようです。第15回という事でけっこう歴史があるんですね。

Hyousiki_230km、16km、12kmなどの表示がありますが、良く見ると「駅からハイキング」という表示も貼ってあります。JR主催のハイキング大会も同時に開催されたようで、この土日周辺は大変な人出になるのでしょうか?


| Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.02

段ボールで堆肥造りに挑戦

Mikanbako先日テレビで「段ボールを使って堆肥を造ろう」というのをやっておりちらっと見ました。インターネットで調べてみると色々な方法があるようです。このサイトを参考にアレンジしてみました。
用意したのはミカン箱とこれよりやや大きめの箱を2つの計3ケ。

1.まずミカン箱の蓋の部分を立ててガムテープで止めます(深くして容量を増すため)。
2.次にやや大きめ(背は低くて良い)の箱の中に入れます。底と下部の強度を出すため。
3.もうひとつの段ボール(これも浅くても良い)を上からかぶせる蓋にします。(虫・臭い対策)

中味は適当に考えました。
まず園芸店で買った腐葉土がベース+庭の土少量+消し炭を砕いたもの少量+ぬか少量、さて結果はどう出ますか・・・
さっそく野菜クズとイカのアラを入れてかき混ぜました。始めは菌の数が少なく変化はわかりませんが、発酵が進むと温度が上がってくる筈です。毎日1~2回かき混ぜていると4日目くらいから温度が上がってきたような気がします。
2週間くらいするとかなり温度が上がってくるそうです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »