« January 2008 | Main | March 2008 »

2008.02.26

八方尾根の秘密の場所

Cimg0376八方尾根スキー場に行ってきました。この写真はリフト終点から20分ほど登った場所から見た不帰(かえらず)の険のあたり。同じような写真がポスターになっています。このあと少し登ってからゲレンデではなく山の中を滑り降りました。我々の会だけの秘密の滑降ルートでこの日は私一人だけ。
ちょうど身障者スキーのワールドカップをやっていましたが、それは別としても最近の八方、外人が増えた事!宿の主人の話では1月の平日など日本人の方が少ないのでは、と思えるほどとか。

| Comments (7) | TrackBack (0)

2008.02.19

凍れる滝を見に行く

Img_7013群馬県の最奥部にある南牧村にいくつか有名な滝があるが、その中の三段の滝が地形、標高、方位などから冬は凍るのではないかと思い、寒さの続いた日曜日に出かけてみた。我が家からは40数キロなので1時間ちょっとだ。
期待通り全面氷結しており、日曜日とあって何人かアイスクライムを楽しむ人も来ていた。入口から30分も歩けば着けるので地元では人気なのか。写真はこちらにあります
そのあと「福寿草の里」へ寄ったが、まだ満開には早くこれからのようだった。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.15

染料植物園まで走ってみた

ふと思い立って染料植物園まで走ってみた。福寿草が咲いているのではないかと思って。そんなに遠くはないが道に迷うといけないのでMapFanでルートを検索してみると3.2kmと出た。そんなに遠くないじゃないか!これは白衣観音を経由する道だ。0802kannon早咲きの紅梅と白衣観音(後姿)。途中野鳥の森の前を通る、しょっちゅう前は通るが入った事はない、帰りに入ってみようか。
染料植物園に着いた。閉園は4時半なのでセーフ。0802hukujuso福寿草は、咲いていた。園内を軽く回って(0.6km)から先ほどの道を戻り、野鳥の森に入ってみる。山道のような細い路の随所に餌台などがあり、確かに鳥は来そうだ。春になったら朝来てみようか。一周したが結構距離(1.7km)があり上り下りもあった。
GPSのデータを見ると「senryo.jpg」をダウンロード
累計距離=8.32km、沿面距離=8.38km、累積標高差=362mとなっていた。所要時間は1時間10分ほど。途中に色々寄り道できるコースもあるしなかなか面白い。つくづく良い所に住んだなあと思う。近所には全然外に出ない人もいるが・・・

| Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.11

超お手軽山スキー2題

会津の山荘をベースに超お手軽な山スキーを2本楽しみました。
お昼にはゲレンデにいる仲間と合流という約束です。
01asainawasiro_2
まずは猪苗代スキー場から入り、隣のミネロスキー場リフト上部から赤埴山(あかはにやま)へ。標高差200m弱なので35分で登れました。
02noborutomuhyo_2ゲレンデを離れると霧氷が目に付くようになります。
03bandaikasumu磐梯山は残念ながら雲で霞んでいますが、爆裂火口は大迫力。
04bunanoonewo
ブナの尾根を滑りますがやや木が混んでおり快適とは言い難い。
05sansomie山荘が見えてきました。
この日のルート図です。「bandai.JPG」をダウンロード

翌日はグランデコスキー場へ行きました。標高1590mのリフト終点から上は景色が変わります。
07liftkarakesikiga
登るに連れて安達太良連峰が見えてきました。08adatara
樹氷の向うに磐梯山が見えます。09juhyobandai
まさにモンスターと呼ぶにふさわしい。10monstar
飯豊連峰でしょうか11iide_2
このあたりの最高峰・西吾妻山2035mと左側に西吾妻小屋が見えます。12nisiadumatokoya
頂上までは標高差約400mで1時間で到着。
下りは樹氷を縫っての新雪滑降、登山者からの歓声が心地良い。13spur
西吾妻方面へ抜ける人が多く、シュプールはまだなかった。14gyarari
もうゲレンデに着いた! と思ったらこのスキー場は長く、結構降りるのに時間がかかりました。15gerende
この日のルートです。「deko.JPG」をダウンロード

| Comments (2) | TrackBack (0)

2008.02.06

どんな鍋だろう?

Cimg0181秩父鉄道の某駅のホームにあった吊り下げ広告版です。
ン、「ちょいな鍋?」、一人突っ込みを。

 どんな鍋だ?
  中華鍋じゃないのか?
 そりゃ「チャイナ鍋」だ。
  反対側に草津温泉の広告も出てるゾ
 オ、電話の局番も同じだな! 草津といえば
  ♪草津よいとこ 一度はおいで ア ドッコイショ
   ♪お湯の中にも コーリャ 花が咲くヨ
    ♪チョイナ チョイナ
 これかい!、「ちょいな」は!
  只の寄せ鍋と読んだね、わたしゃ

| Comments (4) | TrackBack (0)

2008.02.03

家の近くで滑ってみた

Sski1日曜日は雪、との天気予報が出ていたが本当に積っている!

Ssk2犬の散歩コースにしている林道ならあまり車も通らないので雪があるだろう、と滑ってみた。

Ssk4距離は1.23kmで標高差は130mだが念願の「地元スキー」ができた。

Ssk3こんな酔狂ができるのも登山靴+短板という組合せだったから。

Cimg02482日後に通ったらまだシュプール?は残っていた。

| Comments (0) | TrackBack (0)

白鳥ラン

Haku1熊谷駅でランナーの方々と合流して西へ向かいます。ザックを背負った一団が街中を走る光景はちょっと目立つ。

Haku2荒川沿いの桜並木、春にはここで「さくらマラソン」が開催されるそうだ。

Haku3白鳥飛来地に到着、ここまで9.5km。

Haku4いるいる! 白鳥はこの日132羽と表示があった。ここのはコハクチョウ(と言っても充分大きい)

Haku5餌の時間になるともう大変、数が多いのはオナガガモ。

Haku6一際目立つのはマガモ。

Haku7頭が茶色いのはホシハジロ、頭の形がマンガのアヒルみたいでチャーミング。

Haku8カモ類を置き餌で引きつけておいてからハクチョウに餌をやらないと回らないようだ。

Haku9夕闇迫る堤防を走って帰る。このあとは温泉と宴会が待っているんだ。


| Comments (1) | TrackBack (0)

我が家が蝋梅園?

Roubai15安中に買い物に行ったついでに松井田の蝋梅園に行ってみました、ついでとしては距離ありますが。新井ろうばい園という所で駐車場は無料です。
平日とあって他に客もいなかったのでオーナーとお茶を飲みながら駄弁っていました。この少し上に大規模な蝋梅園(こちらは有料)がありますが全てこの方が育てた苗木から、という事でした。
帰り際にトラックに積んであった枝を買いましたが500円で15-6本ありました。家に帰って3ケ所に分けて活けましたが、家が蝋梅園になったような感じです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »