« August 2008 | Main | October 2008 »

2008.09.21

コスモス祭りが始まりました

「第8回コスモス祭り」が高崎市郊外の鼻高展望花の丘で始まっています、10/13まで。台風一過の朝ジョギングがてら立ち寄ってみました。Cimg0003まずは団地の上から見える白衣観音、横向きです。
Cimg0008早咲きのコスモスが七分咲といったところ?後方は榛名山です。
Cimg0005トロロアオイの大きな花と赤城山
Cimg0006キバナコスモスで花迷路が作られています
Cimg0007ブルーサルビアと後方に長坂牧場のサイロが見えます。ジェラートが名物。後ろの山は群馬の名峰・子持山
Cimg0009右側のゴツゴツした山が妙義山、左の平らな山が荒船山でその麓に有名な神津牧場があります
Cimg0010ソバの花も今が満開。週末には売店で地元の粉で作った蕎麦も食べられます。
Cimg0011最近この近くでブドウ狩も始めた農家があります。後ろの青いネットの部分
Cimg0014女性の胸のような御荷鉾(みかぼ)山、6月にはニッコウキスゲが咲きます。手前はウドの花
Cimg0015浅間山はあいにく頭が雲の中。意外と大きく見えます。ネットを被っているのは梨園。
Cimg0017川の方に降りてくると小学校で運動会のようでした。台風が早く通り過ぎて良かったね
Cimg0018頭を垂れた稲穂と彼岸花、これぞ正しい日本の秋の光景

| Comments (5) | TrackBack (0)

2008.09.17

近所の道祖神-1(桜の下の)

私の住んでいる群馬県高崎市には随所に道祖神があります。これをあらためてじっくり見ようかと。
Cimg0001_2ここは家から200mほどの場所です。舗装はされていますが昔ながらの道らしくくねくね曲がった場所にあり、写真ではわかりにくいですが桜の木の下にあります。Cimg0002
じっくり見ると微笑んでいるような立ち姿です。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2008.09.14

真昼の訪問者

2to手前で向うを向いているのが我が家の甲斐犬・五郎です。こちらを向いて座っているのが数百m離れた家の飼い犬コロちゃんです。
何気なく対話しているようですが、実はコロちゃんの方が縄抜けをして庭に遊びに来たところで、過去数回あります。雄同士なのですが五郎の事が好きなようで良く遊びに来ます(当然主人と一緒が多いですが)。他の犬と遊ぶような事はないそうで不思議がっていました。
他にも家出して遊びに来る犬がおり、妙に犬にもてる犬ではあります。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2008.09.03

マラソンから連投で剣岳周遊へ

8/31に赤城山マラソンがありましたが、
その日の夜行で山に行く事にしました。本当は中1日置く予定だったのですが、単独行のきままさ天気の関係で1日早めました、チョッピリ不安はあったけど。今回は写真が多くちょっと長いです。
Cimg1349_2この写真は今回の目玉、平の池に映る剣岳のチンネ。
Cimg1259これは室堂の近く、ミクリが池に映る雲とミヤマアキノキリンソウ
Cimg1267地獄谷の硫黄の塔、春だと反対側を滑ってしまうので久しぶりに見た。
Cimg1268まさに地獄谷の雰囲気躍如、硫黄臭いし長居は無用
Cimg1275今時はほとんど綿毛になってしまっているのに地熱で暖かいのか咲き残りのチングルマ
Cimg1277浄土沢にかかる小さい橋を渡ると剣御前小屋への登りが始まる。
Cimg1290急登の最後、稜線近くに咲いていたトウヤクリンドウ
Cimg1300同じくタテヤマリンドウ、色鮮やかだがとても小さい
Cimg1302_3今回この標高差約500mを48分で登れた。自己新!
Cimg1306剣沢を下る地中でみつけたダイモンジソウ
Cimg1335今日の目的地、池ノ平山荘から見下ろす平の池
Cimg1338名物の五右衛門風呂に入る小屋番の菊地さん、旧い岳友でこの人に久しぶりに会って酒を飲むのが今回の目的。
Cimg1341翌朝はなんと快晴、小屋から見た剣岳のチンネ付近の岩峰、頂上は見えません。
Cimg1347朝食前に池まで遊びに行きました。朝露を被ったチングルマの穂綿
Cimg1350いくつかある池に映った剣の勇姿
Cimg1356_2管理人の菊地さんと、多趣味な人です、
Cimg1361せっかくなので近所にある仙人池まで足を伸ばしました。この池に映る剣岳は写真の定番です。
Cimg1364再び剣沢に下る途中から見た三ノ窓雪渓とチンネ、ここの春スキーは最高!
Cimg1378ゴゼンタチバナの実
Cimg1379岩陰に咲くナデシコ
Cimg1381この時期、やはり主役はこの花か
Cimg1382終点の黒部ダム、放水のシブキが風に乗って飛んできた。最後に約150mの登りが待っているのだ。

| Comments (10) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »