« 近所の道祖神-3(公園の) | Main | 群馬サファリパークと富岡製糸場見学 »

2008.10.27

長野寄り道紀行

Cimg0339古くからの友人夫婦と長野県を旅行して来ました。写真は黒部湖の観光船上で撮った写真ですが、ちょっとニュージーランドのフィヨルドみたいです、奥の山は白馬岳。
信濃大町~扇沢~黒部湖~室堂~みくりが池温泉泊り
~扇沢に戻り~有明~中房温泉手前の有明荘泊
~適当に大町周辺を観光~解散とおおまかには幹事が設定してありましたが、適当に行き当たりばったり。

初日私は高速代を節約し早朝通勤割引を利用すべく麻績インターで降りて大町へ向かいます。
途中に「差切峡」の看板を見つけて道草、なかなか立派な谷ですが帰りの晴天時にじっくり見ようと先を急ぎます(実際にはルートが違ったので通らなかった・・・)
更に大町に出る手前の分岐に「国指定重要文化財 藤尾の千手観音」とあります、寄ってくか。
かなり急坂を下って行くと覚音寺というお寺があり、等身大の仏像が三体、ちょうど奥様?が帰ってこられて扉を開け真近に拝見することができました。また来てもいいな、と。
大町から扇沢に行く道沿いはきれいに紅葉していました。

扇沢で友人達4人と合流して立山アルペンルートの黒部湖へ出ると、なんと晴れているではないか。天気のいい内に観光船に乗ろうと言う話になり1人930円の船に乗りましたがいつもと違う視点からの風景はなかなかのものでした。
ロープウェイ・トロリーバスと乗り継いで室堂に着くと青空は消えていますが立山連峰は見えます。平年なら今の時期雪があって不思議ではないのですが今年は暖かく小雨模様(その3日後に雪が積りました)。
日本最高所の温泉、みくりが池温泉はむかし春スキーで良く泊りましたが火事にあって立て替えたようでトイレもウォシュレットになっており驚きました。
翌日は雨、山を散歩する記にもならず早々に下山しました。

時間調整に大町へ出る手前の酒の博物館(正確には付属の売店)で地酒を試飲し1本購入。そこで聞いた情報で近くの「霊松寺」が紅葉の盛りとの事、「お葉付きイチョウ」という葉っぱの先にギンナンが成るという珍しい木もあるとか。ぜひ行きましょう。
カーナビに電話番号入力した2台は違う場所に案内されてしまったようで、地図に入力した私が一番に着きました。小高い所にあり晴れていれば北アルプスが綺麗だったでしょうが大町市は見下ろせました。夜景もいいかも。確かに綺麗な紅葉でしたが、特に大きなドウダンツツジ(だと思う)の色にびっくり。
大町で幹事が調べていた「おざんざ」の店は満員で蕎麦屋に変更、そこで聞いた村田屋という小さな菓子屋に立ち寄り名物と云われている「バタどら」を土産に購入しました。あとは今夜の宿に向かうだけです。中房川沿いの紅葉を楽しみながら有明荘へ。ここには大きな露天風呂があり何回も楽しみました。

翌朝やっと雨が上ったので私は裏の有明山の登山道を途中まで散歩に。最近の山は中高年ばかり(自分もそうですが)、ところがこの山は「百名山」に入っていないのと若干バリエーションルートとされているためか、数人出合った登山者は皆若者でした。
朝風呂・朝食後出発、天気が良くなる事を期待して長峰山という展望台に向かいます。途中は赤松の林で至る所に「止め山につき入山禁止」の貼り紙が。松茸山なんですね。ガスがとれず期待していた展望は常念岳のてっぺんがチラリと見えただけ。ただ下の池に白鳥がいるようです。皆を説得して「行こうヨ」。いましたいました。コハクチョウが17羽とカモ類が。ここは御宝田の白鳥飛来地として有名な場所でした。よし、また来ようと心に決めます。
もう1ケ所、蝶の研究や山岳写真で有名な「田渕行雄記念館」に立寄りましたが、期待していた山岳写真はあまり展示されておらず、ちょっと期待外れ。ここで解散となりました。

我々夫婦の立ち寄り旅行はまだ続きます。「高速代がもったいないから下道で行こう」と走り出してしばらくすると道端に「池桜のせっぷん道祖神」の標識が、「これは行って見ないと」。こんな所を上れるのかと言う細い道の途中に車を停めて歩くとありました。肩を抱き合いチューしています。道祖神は結構見たけどこんなのは初めて。
更に進む途中で地図を見ると修那羅峠(しょならとうげ)の近くを通るが、ここに石仏群があるというのをずいぶん昔に本で読んだ記憶がある。せっかくだから寄ろうではないかい。
分岐から少し入った所に車を停めて歩きますが意外と長いし上り坂でけっこうハードな道でした。山の上に「修那羅山安宮神社」というお寺があり、周辺一帯に石仏が鎮座しております。1000体以上あるとか。独特の雰囲気でした。
あとは国道18号の裏道を通って帰りました。天気がイマイチでしたが写真はこちらのアルバムに載せましたのでご覧下さい。


« 近所の道祖神-3(公園の) | Main | 群馬サファリパークと富岡製糸場見学 »

Comments

酒の博物館、大町温泉でしたね。私もこの6月にいきました。
黒部ダムは梅雨中にもかかわらず、残雪が見えました。もうかなり、寒いでしょうね。

Posted by: 伊勢 | 2008.11.01 20:26

酔~いどんさん、立山で天気が良ければ
雲上のランニングを楽しもうと思って
いましたができませんでした。
「ふと目に止まったモノ」ダメモトと思って
立寄るようにしています。行ってガッカリすれば
それも又よしと割り切って。

Posted by: Hocke | 2008.10.28 18:03

写真も拝見しましたが、ガイドブックに載っていない様なところに名所がありますね。
文字通り、長野寄り道紀行を楽しまれた様ですね。

Posted by: 酔~いどん | 2008.10.28 00:52

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 長野寄り道紀行:

« 近所の道祖神-3(公園の) | Main | 群馬サファリパークと富岡製糸場見学 »