« February 2009 | Main | April 2009 »

2009.03.31

早咲の桜(陽光)見物

上野公園の桜は満開だそうですが、高崎市の桜(ソメイヨシノ)は東京より5日~7日ほど遅く、更に市内と山(と言っても200-300mですが)でも数日違います。そんなわけで周囲ではやっとちらほら、というところですが早崎の桜ならもう咲いているのでは?と買物のついでに寄ってみました。
Youkou図書館にて、これは陽光という種類でソメイヨシノより早くもう満開でした。ソメイヨシノより赤みが濃いです。
Toriヒヨドリが沢山集まって盛んに蜜を吸っています。シジュウカラもきていましたが小さい上に動きが速くコンデジでは無理。
Kanhiこれは寒緋桜、耳で聞くと「ひがんざくら」と混同しそうです。ヒガンも確かに咲いていました。
Sidare個人のお宅の庭?に立派な枝垂れ桜が。手前のドラム缶(たぶんゴミ燃し用)に生活感が漂っています。負け惜しみか・・・

| Comments (171) | TrackBack (0)

2009.03.21

カタクリと蘭

Img_0527吉井町(6月に高崎市と合併)のカタクリがもう咲いているのではないかと思い急遽出かけて見た。我が家から車で30分もかからない所である。今年はまさに満開にドンピシャリ、時間的にもちょうど良かった。
Img_0517朝早かったり日が翳ったりしていると花があまり開かないのだ。
Img_0521花の数もずいぶん増えていた。後方のヒガンバナのような細い葉はキツネノカミソリで夏場にきれいな花を咲かせる。
Img_0532椿の落花と一緒に・・・
ここに来ると近所の料理屋で「カタクリ御膳930円」を食べてビールを飲むのがキマリ。そのあと近所の藤岡ICの脇で「群馬の蘭展」をやっていたのを思い出し回ってみた。
Img_0536シンビジウム、カトレア、ファレノプシス位しか名前はわからない。
Img_0543これはカトレア
Img_0544アツモリソウのような花
Img_0555これが群馬県知事賞だった。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.20

早春の庭の花たち

福寿草はそろそろ終わりに近づきましたが、樹木の花が咲き出しました。
Mitumata家を造ってすぐに植えた三椏、随分大きくなりました。
Mitumataore一昨年近所でいただいた赤花の三椏です。
Sakuranboサクランボ、背ばかり伸びてしまいましたが、今年はそばに鉢植えを置いて花を合わせたので実がなるかな?
Jintyo沈丁花、庭に香りが拡がりはじめました。
Suisen庭ではなく駐車場の脇に植えたミニ水仙、だいぶ数が増えてきました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.18

やっぱりスキーは八方が最高!

八方尾根に行って来ました。
日本中の、そして海外のスキー場を滑った仲間が「やはり八方が最高」と口を揃えます。標高差、斜面の変化、雪質から。3月中旬という事で下部の雪質はイマイチでしたが、上部は良かった。そして何よりもこの展望 白馬三山です!Sanzan右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ケ岳、絵になります。
Takara日曜日にはパノラマ食堂横で宝探しゲームがありました。雪に埋めてあるプレートを探すのですが早々に諦めました。係員がスコップで掘り返しますが「アレ~、この辺に埋めたはずが?」
最終日は五龍スキー場へ移動しました。
One正面に見える尾根は我々が良く滑る場所です。もちろんスキー場の管理域外なので自己責任。
昔は神城スキー場、北側の飯森スキー場を合わせて「五竜遠見スキー場」と言っていました。遠見尾根の下部にあったので。
今は「白馬五竜」と改名しています。その後更に北側に名古屋のTV局が開発した「白馬47スキー場」ができ、今では全てのゲレンデがリフトで結ばれリフト券も共通になりました。
「五竜」の方は昔のタイプで緩斜面と急斜面の組合せですが、「47」は最近の開発なのでクルージングが楽しめる中間的斜度が多く気持ちよく滑れました。
Goryu上部にそびえる五竜岳、頂上直下に「武田菱」がはっきり見えます。この岩の間を滑るキチガイ(失礼)もいるとか・・・

| Comments (2) | TrackBack (0)

2009.03.12

花之江の郷に行って来ました

花メールhttp://www.yamatabi.net/main/index.htmlで気になっていた「花之江の郷」に行って来ました。
東北道の栃木インターから10分ほどだそうですが、私は群馬なので西からアプローチしました。途中石灰岩の採石場などありトラック街道でしたが。
規模は大きくありませんが山野草を中心に色々な草花(木も)があり、季節を変えて又来たいと思いました。料金は通常800円ですが3月中は500円、これにコーヒーサービスがつくのでタダ同然。
今回はちょっとばかり時期が遅かったようであてにしていたセツブンソウは終わっていましたが、咲き始めたカタクリや今が盛りのサフラン、水仙などが楽しめました。HPはここです
Menu園内の開花状況がわかりますが、上記HPにも載っています。
拙い写真ですがアルバムをご覧下さい。

| Comments (5) | TrackBack (0)

2009.03.08

ありがとう 福寿草

Img_0424今年もけなげに福寿草が咲きました。日当りのいい場所では背が低く花が地面から直接咲いているかのように見えますが、我が家の庭は北東側で日当りが悪いせいかやや「もやし」気味です。
それでも他の花に先駆けて(フキノトウにつぎ)楽しませてくれます。
ありがとう。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.05

再び前武尊へ

先月(2/18)にオグナスキー場から前武尊へ登り荒砥沢を滑りましたが、
今日3/5木曜日だけが晴天との予報でまた出かけてみました。
01朝から天気が良くこれから向かう山が見えているというのは気持ちいい。
前回は登っていたのは私1人でしたが、今日は他に4人(確認しただけで)。
02登りの途中から見た皇海(すかい)山。
03更に奥白根(日光白根)と山が良く見える。ただアイゼンで登ったのは失敗でやはりシールにすれば良かった。結局今回も1時間近くかかってしまった。
04今回のオプションはここ剣ケ峰の斜面を滑る事と、荒砥沢上部を登り返して十二沢を滑ること。いずれにしてもお手軽なはずだった・・・ところがこの斜面の上部40度以上あってが胸がつかえるほど急、悪いことにアイゼンが団子になってしまいこれを落としながら慎重に登ったのでとんでもなく時間がかかり当然体力も消耗してしまった。(標高差80mに40分近く)
05沖武尊と川場谷上部、ここも行かないと・・・
下りはジャンプターンで誤魔化してしまった。荒砥沢の雪質は前回のパウダーとは違っていたがそれなりに楽しめた。
1700m少し下で沢が細くなるのでここから登り返す。予定では1時間で行ける筈だったが、先の登りで体力を消耗したためか1時間半かかってしまった。
06やはりこの源頭部の斜面は素晴らしい。
08こういった生え方には生命の逞しさを感じる。
再び前武尊付近に登り返し、ゲレンデの外側、十二沢~尾根をからんで滑りました。
09尾瀬の燧ケ岳も良く見えた。十二沢というより尾根沿いを滑ったが良い斜面だった。
10最後はこのミラーから(前回の反省で)右のゲレンデを通って下山した。
GPSデータによれば距離9.5km、登り747m、下り1316mとなっているが誤差はありそうだ。
トラックデータはココです。「090305maeho.jpg」をダウンロード


| Comments (3) | TrackBack (0)

2009.03.02

庭にジョウビタキ

Joubitaki_2最近庭にジョウビタキが良く来るようになりました。腰の白斑が特長で飛ぶ時は尾の茶色が鮮やかです。これは雌かな?
他にシジュウカラなども良く来ますが、メジロは残念ながらまだ見ていません。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »