« ピカピカのT型フォード | Main | 今年3回目の氷瀑巡り・・・群馬の奥地へ »

2010.02.04

信濃三十三ヶ所巡り開始(凍った滝を巡って)

サン○○○というリゾートクラブの体験宿泊(夫婦で5000円)というので蓼科に泊り、近所を散策してきました。
勝田マラソンの翌日だったのでスキーの用意はしましたが熱心に滑る気はゼロ。
信越道の小諸ICから降りて布引観音に向かいます。今回信濃三十三ヶ所巡りを始めたいとの女房のリクエストで探しましたが、「牛に引かれて善光寺参り」のきっかけになった所だそうです。
02入口近くにあった布引二段滝は凍っていました。更に馬岩、見守り地蔵、牛岩、善光寺穴、不動滝などのささやかな名所を巡って登ると清水寺の舞台を思わせる観音堂につきました。あたりには枝垂れ桜が多く、春には見事でしょう。

その後ビーナスラインで女神湖のそばを通って蓼科へ向かいました。この日はピラタススキー場に行きましたが、雪が硬かったので1本だけ滑って止め。やはり歩くより滑るほうが重力の力でラクチン。
この日の夕方から本格的な雪となりました。予想では関東でも積ると言っていましたから。
翌朝、ホテル周辺で15~20cm積ったので朝食後、チェックアウト前に一人でもう一度ゲレンデに向かいました。20~30cmのパウダーを満喫して戻り、出発。まずは氷瀑(氷柱)を見に横谷峡に向かいます。
19霧降の滝氷瀑
22屏風岩氷瀑
なかなか見ごたえがありました。数日寒波が居座るらしいので更に発達するでしょう。

その後は諏訪の阿弥陀寺へ回りました。一番札所ではありませんが、ここから打ち始める人が多いと布引観音で貰ったガイドブックにあったので。入口の案内には「車で2分、歩いて8分」とありましたが、雪で途中までしか上れずあとは歩いていきました。遠かった~、いい運動にはなりました。ここも観音堂は岩屋堂で、諏訪湖を見下ろす絶景の地。当然無人なので朱印はもらえません。注意書きに従って正眼寺まで降りました。ここで朱印を貰い、納経帳を入手しましたが、本堂の裏に「曽良の墓」とあります。あの松尾芭蕉の奥の細道の同行者はここの出身だったんですね。歩いてみると色々な発見があります。

すっかり時間を食ってしまったので、諏訪から和田峠を越えて佐久・下仁田経由で我が家へ向かいましたが諏訪から下道で3時間と意外に早く帰れました。

その他の写真はアルバムにありますのでご覧下さい。

« ピカピカのT型フォード | Main | 今年3回目の氷瀑巡り・・・群馬の奥地へ »

Comments

Good day! I could have sworn I've visited this website before but after browsing through many of the posts I realized it's new to me. Regardless, I'm definitely pleased I stumbled upon it and I'll be book-marking it and checking back often!

Posted by: free music downloads | 2015.04.04 04:03

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 信濃三十三ヶ所巡り開始(凍った滝を巡って):

« ピカピカのT型フォード | Main | 今年3回目の氷瀑巡り・・・群馬の奥地へ »