« April 2010 | Main | June 2010 »

2010.05.18

水芭蕉を巡って

Img_3196先日北信州の水芭蕉の名所を巡ってきました。81万本が群生するという奥裾花自然園、戸隠高原、牟礼水芭蕉園etc.
こちらのアルバムにまとめました。


| Comments (4) | TrackBack (0)

2010.05.07

鳥海山と月山、長~いルートにまいった

GWの山行は同じ会のS氏と東北の名峰、鳥海山と月山へ、ただし両方とも北面からアプローチするという長大なルートである。
まずは鳥海山、北面の中島台キャンプ場にテントを張り第一夜。ここは「あがりこ大王」と呼ばれる奇形ブナなどで有名な獅子が鼻湿原の入り口でもある。
Dscn1120これは林道沿い
ここは標高470m、鳥海山(新山)が2236mなので途中の登り下りを考えれば標高差は1800m、おまけに距離は片道12km近いという長大なルートである。

5:39出発、始めは林道を歩く、水芭蕉などを楽しみながら行くとやがて展望の効く場所に出た。
Dscn1127
Dscn1134
まだ山頂は見えない。(実際にはずっと左になる)
やがて広大な尾根の末端に出ると雲も晴れ、優美な鳥海山がその全容を現した。
Dscn1145
いよいよ山頂がはっきり見えてきた。
Dscn1153
ところがやや時間が遅かったためか山頂付近で急にガスに巻かれ雪も降ってくる始末。
Dscn1174
最高峰の新山はやめ、外輪山の七高山2229mでシールを外し、早々に下山
(14:08/29)楽しみにしていたザラメ雪も表面が堅くなり、怖いほどではないが慎重に滑った。
1800mあたりまで下ると視界も効き、雪質も良くなってきた。Dscn1175
樹林帯に入った所で熊の足跡に遭遇。
Dscn1183
林道に出て朝の展望地から振り返る、この頃になると嘘のような晴れ・・・
Dscn1192
17:32 中島台着、結局12時間行動となってしまった。
このあと慌しく次の目的地、月の沢温泉まで移動し、テントを張る・・・・

5/3昨日と違い風は弱く暖かそうだ。今日も長い・・・
6:40 出発、少しだけ車で上がる、標高370m 月山山頂は1984mなので標高差は1614mだが、実際にはもっとあるだろう。距離も片道12km・・・・・
Dscn1203
麓はまだ桜が満開
Dscn1204
こんなに花が大きく色鮮やかなキクザキイチゲは始めて見た。
東北は水芭蕉が多いな
Dscn1211
春のぶな林はのどかだが
Dscn1224
弥陀ヶ原から遠く月山を望む(ここからが遠かった)
Dscn1242
ようやく山頂が見えてきた。Dscn1252
コニーデ型の鳥海山は段々急になり標高が稼げるが、アスピーテの月山はいやになるほど長い、あれが山頂かと進むとまたその先に・・・
15:32/42 ようやく頂上にフウ
Dscn1263
時間が押しているので、この日も滑降の写真はあまり撮っていません。
弥陀ヶ原の登山道には水が、水上スキーならぬ水中スキー?
Dscn1268
台地状のコースは長い
Dscn1276
この左側が今朝登った斜面だが、やや左を下りてしまい余分に時間を食ってしまった。
18:34 車着、j結局この日も12時間行動となってしまった。

60歳過ぎの身にはテント泊でこのスケジュールはきつかった。

| Comments (4) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »