« 津軽三十三観音参り、結願 | Main | 初冠雪! »

2010.10.18

きのこ研修を受けた

今年の春から受けている「自然の解説者養成講座」今回は「きのこ研修」でした。私が楽しみにしていた物の一つです。場所は赤城山の中腹。
午前中はスライドを使っての講義、午後は屋外に出ての実地研修、講師は(財)日本きのこ研究所の方でした。
受講者は17-8人でしたが結構な数のきのこが集まりました。
Dscn3839こんな秋の花も
講師が途中でみつけたという大きなカラカサタケ、Dscn3811
食べられます。
これは珍しい「緑青腐れ菌」Dscn3841染色も使ったとか。
Dscn3842「殺しの天使」の異名を持つドクツルタケ?
Dscn3843ハナイグチ、ジコボウと呼ばれ長野県で圧倒的人気を誇るきのこです。
Dscn3849クリタケと左上が有毒なニガクリタケ、今年中毒が報じられました。

先にも書きましたが長野ではジコボウが人気ですし、栃木ではちたけ(チチタケ)が異常人気です。隣の群馬では通称イッポン(ウラベニホテイシメジ)ですが、私はまだ自信がありません。

Dscn3860終了後折角なので赤城山に登って(車で)きました。鳥居峠から見下ろす草紅葉の覚満淵です。



« 津軽三十三観音参り、結願 | Main | 初冠雪! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19007/49773371

Listed below are links to weblogs that reference きのこ研修を受けた:

« 津軽三十三観音参り、結願 | Main | 初冠雪! »