« January 2011 | Main | March 2011 »

2011.02.18

Jornada568からGENOe550への買換え

Pda
10年以上使ってきたPDA・HP社のJornada568(写真の左)。もちろんPDA本来の電子手帳、スケジューラー、メーラーとして使い、更にはカーナビとしても愛用してきました。
退職後はメーラーとしては引退させ、主にスケジューラーと電子書籍を読むのに(T-Timeで)使ってきました。
家のPCのOUTLOOKと予定表が同期できるのが最大の利点です。
ところが先月車が横転するという事故の際に車中を飛び回り、液晶がダメになってしまいました。

カーナビは携帯型の専用機を買ったし、もうPDAとは縁を切るつもりでいましたが、やはりスケジュール確認(外出先での)が不便です。ここ数年手帳と言う物を持った経験がないので。
そこでOUTLOOKと同期できるPDAをスケジューラー専用機としてオークションで探してみた所、東芝のGENIOe550(写真右)が出ていました。クレードルはついていますが、取説やCDはなくジャンク扱いで2000円で落札しました、発売当時国産最強機と言われていたのを覚えています。

OS(PocketPC2002)とCPU(Strong ARM)が同じなので使い勝手は近いと信じて起動、最大の課題だったActyve-SyncでのOUTLOOKでの同期はうまくいきました。これで投下資本?は回収です。
種々のデータが入っていた外部メモリ(CF)も問題なく認識できました。
電子書籍(車内などでの時間つぶしに最適)もT-Timeをインストールして読めるのを確認しましたが、PDFを読むAdobe Readerのインストールがどうもうまくいきません。でも値段を考えれば120%の成功でした。

| Comments (41) | TrackBack (0)

2011.02.15

紙風船と雪灯篭・みちのくの冬祭(幻の写真も)

昨年9月に秋田のウルトラマラソンに出た際、途中の上桧内という所で2月10日に「紙風船祭」と言うのがあると知りました。
ちょうどこの時期には弘前城で「雪灯篭祭」があります、そこで正月岩木山に行った際に宿を予約しスキーを置いていました。
ただ、その時置いてきたつもりはなかったのですがデジカメが行方不明になりあとで宿のおばちゃんから「お父さんの長靴の中にあったよ」と電話が・・・どうも台に置いたのが偶然長靴の中に落ち込んだようです。まずはその中にあった「幻の写真」から
02岩木山神社の門と青空に浮かぶ岩木山
03
7合目から8合目に向かうあたりの霧氷

今回は車で角館まで行き宿をとりました。
11_2まずは雪の武家屋敷を見学
12雪の新幹線が出来ていました。秋田新幹線が止まるんですね。ここから秋田内陸縦貫鉄道で上桧内駅に向かいます、客はほとんどが祭の見物客でした。駅から10分ちょっと歩くと会場で、屋台が沢山出ており胃の中から暖めます。
13

14全部で100基ほど上がったそうですが、かなり上空まで飛んでいきました。
15帰りの車内では宴会のグループも、土産に買った風船も写っています。
翌日宿で見たテレビで台湾での風船上げをやっていました.中国伝来の行事のようですが何故この地区だけに伝わっているのか不思議です。
翌日は角館から田沢湖のそばを通って盛岡へ、16秋田新幹線は田沢湖線を通るので遅い・・・
17午後遅く弘前に着きました。春は桜で埋まる堀も真っ白。
18雪灯篭祭は夜が本番
19夏の「ねぷた祭」で使われる絵などを飾った「回廊」もありました。
20照明の加減で不思議な雰囲気です
21カップロウソクが立ち並んでいます
22子供達には滑り台が人気でした
23夜の弘前城と
24雪の弘前城

32翌日は露天風呂に入ってから山へ
34山はあまり天気が良くなく、2時間ほど登ってから降りてしまいましたが
35下山したら晴れてきました・・・
33「第一回豪雪祭」なるものが行われており、女房は「熊鍋」「鹿ソーセージ」を食べてきたとか。
36宿のご主人が新聞紙で風船を作り、ドライヤーで熱気を入れて実験しましたがうまく上がりませんでした。改良して子供たちに作らせようと張り切っています。
38夕方岩木山頂が赤く焼けました
37食餌の際、下に落ちた座布団を五郎がちゃっかり敷いていました
39これもイベントの一つ、馬車です。


| Comments (41) | TrackBack (0)

2011.02.06

恒例の八方スキー行(スキー開眼?)

昔の会社の先輩や同僚とのスキー行、もう10年以上続いていますが、場所はやはり八方尾根、日本一のゲレンデです。
今回は天気と雪質に恵まれました。
Kasimagoryu左が鹿島槍、右が五竜岳、北アルプスの核心部です。
Sanzan八方尾根の看板、右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ケ岳の白馬三山
Korenge中央が小蓮華岳、NHKの「竜馬伝」のエンディングに出てきた稜線はここらしい
Kakesuペンションの餌場に来ていた「カケス」です。リスやシジュウカラも来ますが今年はこれが目立ちました。

実は滑りながら「スキーとランニング」について考えていましたが、接地点と重心の位置についてあるヒントを得ました。詳しくはこちらで

| Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »