« May 2011 | Main | July 2011 »

2011.06.20

エネルギー問題やぶにらみ(1)核分裂と核融合が全て

福島原発の事故以来エネルギー問題について色々な情報が乱れ飛んでいます。私は素人ですが素人なりに考えてきた事を述べてみたくなりました。主観・独断・思いこみなどもあると思いますが、素人なりの専門家とは違った視点からプリミティブな見方を綴ってみます。

1.全てのエネルギー源は核分裂か核融合である。

いきなり妙な事を言いだしたなあ、と思われるでしょうが、私の見方です。
(たぶん)この二つ以外に「エネルギーを生み出す」物はないと思っています。
すぐ反論が出るでしょう。

曰く
1.太陽光発電があるじゃないか
2.水力発電もあるぞ
3.風力発電だって・
4.地熱発電だってクリーンエネルギーだ
5.バイオマスも環境に良いエネルギー源だ
6.新エネルギーではないが石油・石炭・天然ガスは? etc・・・

燃料電池や水素燃料などの話は後述のようにナンセンスなので無視します。

1.への反論:太陽の熱の元は(水素→ヘリウムの)下記融合反応である、が定説ですね。
2.水力とは太陽熱の作用による水の循環(水→水蒸気→雨)と地形の相乗効果により生み出される物で、大元は太陽熱によるものです。
3.風も気象現象による物でやはり太陽活動がやはりその大元ですね。
4.地熱発電は?マグマの熱がその源。子供の頃は小惑星の衝突で生成した地球内部の熱がその元と教わりましたがこれでは冷えていく一方、今では地球内部でのウランを中心とした重金属類の核分裂反応がその熱源、と言われています。
5.バイオマスも太陽エネルギーを利用した光合成反応により生成するので太陽エネルギーが姿を変えた物です。
6.これらの化石燃料は動植物の死骸から生成した物でバイオマスの貯金とも言え、結局太陽エネルギーに起因します。

私が核融合と核分裂が全て、と言った理由がおわかりでしょうか。

前述の水素エネルギー(燃料電池を含め)はその水素をどうやって作るかという方法論が欠けています。
化学反応のうち酸化反応はエネルギー(反応熱)を生み出しますが、還元反応はエネルギーを必要とします。
エネルギー保存則を考えれば昔から繰り返し述べられてきた永久機関みたいな理論?は無視しましょう。

核分裂と核融合、これらを人類が「道具」として使った(使えた)のが原爆と水爆であったというのは象徴的で、自由に使いこなすのは人智を越えた世界だったのかも知れません。

| Comments (6) | TrackBack (0)

2011.06.10

ユスラウメの実が、甘い!

4-5年前に苗を買って庭に植えたユスラウメ、桜のような可愛い花は咲くのに実がなかなかできませんでしたが、
Img_6023今年ついにサクランボのような赤い実が沢山できました。甘酸っぱくておいしいです。やはり木も大人になるまでには年数がかかるのでしょうか。
Img_6028今日(13日)ヒヨドリにヨコドリされる前にすっかり熟したのを収穫しましたがけっこうありました。
食べたら、意外と甘~い! さくらんぼ並でした、と言うとちょっとオーバーかな?


| Comments (888) | TrackBack (0)

2011.06.05

恒例の行者ニンニク採り

2004年の5月に場所を教わって以来毎年行っており、今年で8回目となる「行者ニンニク」採り、行って来ました。場所は長野県北部の栄村の近く、そう3月12日に大地震のあったそば?です。道路状況が解りませんがとりあえず行ける所まで行ってみよう、と出発しました。
Dscn6182途中、(国定)忠治とまどいの松、付近のお宅の庭のツツジ、盛りはやや過ぎた感じですが見事です。
Dscn6187草津温泉から少し登った辺り、石楠花がきれいでした
Dscn6190残雪の山を背景にして
Dscn6194この山の向こう側に有名な湯釜があります
Dscn6199水芭蕉が咲いていました。6月というのに桜の花も

案の定分かれ道から先は通行止めでした、6/10開通となっていましたが。ここから目的地までは4.6kmまあ歩いていきましょう、途中で獲物も採れるでしょうから・・・
Dscn6202
すぐに新緑のブナが迎えてくれました
Dscn6203二輪草の群生、帰りに採ろうと思って場所を忘れました
Dvc00001渓流も爽やかですが、デジカメのシャッターが下りなくなり、ここからは携帯で撮りました。
Dvc00002地震の爪痕・・・
Dvc00003とりあえず途中でウドをゲット
Dvc00006可憐なキクザキイチゲ、春先の花ですがこのあたりは雪解けが遅かったのでしょう
Dvc00008ヤマエンゴサク、好きな花です
Dvc00011エンレイソウも春につきもの
Dvc00015左上の袋が目的の行者ニンニク、右がワラビ、下左がアザミの芽、真ん中がフキノトウ、右がコゴミです。他にフキとタラノメも少々とれました。
最近人気のコシアブラは高い木の上の方にあるだけで採れませんでしたが・・・

夕食は天ぷらにしたのがアザミ(これはうまい)、タラの芽、ウドの芽、フキノトウ
煮物がウドの芽、フキ、コゴミの和え物
そしてウドは生で味噌を付けて食べました。新鮮なので格別

行者ニンニクは翌日餃子に、これは絶品です。あとはおひたしと醤油漬け(保存用)そして味噌炒めです。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2011.06.01

ちょろぎの苗を植えた

Dscn6174
先日高山村のボランティアに行った帰り直売店に寄ったら「ちょろぎ」の苗を売っていました。山の帰りなどに飛騨高山に立ち寄った時は必ず「ちょろぎの梅酢漬け」を買っていました。ネジ状の独特の形とコリコリした「歯ごたえ」がビールにも酒にも合うんです。
苗は初めてみましたがなんと50円!とりあえず買って庭の畑l(鼠の額ですが)に植えました。シソ科だそうですが確かにそんな感じの葉っぱです。うまく穫れるかな?


| Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »