« September 2011 | Main | November 2011 »

2011.10.31

佐久の霊場巡り

四国八十八ヶ所を始めとして各地の霊場巡りに最近凝っている女房に付き合って佐久三十三霊場巡りに行きました。今回は日本に2ヶ所しかない「五稜郭」の近所に行くらしいので。

上信越道から中部縦貫道の佐久南ICで降り、まずは三十三霊場には入っていないが朱印を管理している薬師寺を目指す。Dscn7956静かな良いところだ。
Dscn7959秋の七草フジバカマが咲いていた。ここは門前にある「ぴんころ地蔵」で有名らしい。ぴんぴん生きてころっと逝くという事で年寄りの参詣が多いらしい。

次は11番水落観音堂へ、先の寺の住職の話では「半日仕事」だと言う。
Dscn7961地図で捜しながら細い道を登り、舗装がなくなる所で車を止めた、あたりはススキがきれい。
登山道?沿いには石仏が並ぶDscn7969左は臍石とか、なるほど。
Dscn7970獅子岩とあったが、唐獅子というかゴリラに見える!
Dscn7977名前の起こりとなった?清水が落ちている、甘くておいしかった。ここまで地図で見たら950→1140と標高差200mあった、登り40分。
Dscn7988江戸時代に作られた石灯籠が見事
Dscn7993この桜が咲く頃もう一度来てみたい

Dscn8000下山後次の12番上宮寺へ
Dscn8003なんと子狸がいました
Dscn8009ここは釣り鐘と金剛力士が見事でした
続いて龍岡城五稜郭へ
Dscn8013航空写真でないと全景は判りませんが・・・函館とここと日本で二ヶ所らしいです。

少し遅めですが中込駅前の三河屋という川魚料理店で昼食
Dscn8026女房は向こう側の鯉こく定食、私は鯉の甘煮(うま煮)定食と単品で鯉の洗い、納得の味でした。
昼食後は9番大林寺へ、
Dscn8033青空を背景に六地蔵
あとは国道254で帰るだけ、
Dscn8035途中の内山峡、昔から有名ですがちっちゃい・・・
Dscn8037途中で山キノコを買いました。
Dscn8042内山トンネルを越えた所からの荒船山の大岸壁

| Comments (1) | TrackBack (0)

2011.10.25

秋の木曽を訪ねて

今年も地元の写真クラブで旅行に行きました。今回は9名の参加で幹事は最若手(63歳)の私に・・・
場所は高崎から高速で塩尻~国道19号を経て木曽福島から開田高原へ。
ここで一泊して翌日は御岳ロープウェイで登り上でしばらく滞在して帰りました。
Dscn7877
これはずっと聳えていた御嶽山です。名古屋にいた頃は山スキーで良く通ったのを思い出します。
他の写真はこちらのアルバムをご覧下さい。

| Comments (662) | TrackBack (0)

2011.10.11

柿とシモバシラ

漢字で「柿と霜柱」と書くと寺田寅彦の随筆みたいですが、今回はあえてカタカナです。
「桃栗三年柿八年」のことわざ通り、6ー7年ほど前に植えた柿がやっと実をつけました。苗木時代を考えれば8年位でしょう。3年前から花が咲き、去年は小さな実を沢山つけましたが全て落ちました。
今年も小さな実を沢山つけ、ほとんど落ちずに大きくなってきました。
Kaki色付くようになると鳥にやられたりするので網をかけましたが、試みに1つ剥いてみると「まずまず甘い」渋柿ではなかった・・・

そして「シモバシラ」シソ科の植物で冬場に枯れた茎から独特の氷の柱(霜柱)を作るので知られています。
これが見たくてインターネットで購入し庭に植えました。Dscn7286今は可愛い花が咲いていますが冬が楽しみです。


| Comments (3) | TrackBack (0)

2011.10.07

日本海の知られざる名勝

弘前・白神アップルマラソンに出場するため、青森を訪れました。ルートは景色の良い日本海廻りで。
Dscn7119買い物に立ち寄った「深浦道の駅」から面白い岩が見えました。ここでは新鮮な珍しい魚が手に入ります。

Dscn7130宿からレース当日の朝、初冠雪に輝く岩木山が見えました。
Dscn7141オオヤマザクラの紅葉と岩木山、「今日はイイゾ!」と思ったのですが、レースが始まったら激しい雨が・・・

Dscn7148レースの翌日、帰る途中で象潟で一泊しました。宿は地元の観光協会の推薦でこちら、温泉付です。
Dscn71498000円コースを選びましたが、料理は魚が盛り沢山でした。一泊二食7000円からと格安です。
Dscn7168夕食前に五郎(甲斐犬)と浜辺をジョギングで散歩しました。
Dscn7176雲は夕焼けに染まりましたが
Dscn7180水平線には雲があり、肝心な日没は見えませんでした。

Dscn7191翌朝もう一度散歩、砂浜にはカモメが
Dscn7194海を見ている?五郎
Dscn7198途中から見た鳥海山、山頂は隠れていますが雪が積もっていました。

Dscn7201十六羅漢岩を見物
Dscn7209うち寄せる波が迫力です
Dscn7216
Dscn7219
Dscn7223全部で22体刻まれていますが、近所のお寺の僧侶が明治元年に掘ったとか、良く保存されています。
Dscn7226海岸の崖にはススキがきれいでいた。

Dscn7235道路標識に「旧青山本邸」とあったので行ってみました。山形の生まれで、北海道に渡りニシン漁で一代の富を築いた青山留吉翁が故郷に豪勢な屋敷(国指定重文)を作ったそうです。
Dscn7237鬼瓦も独特でした

Dscn7239「笹川流れ」と呼ばれる昔ながらの景勝地です
Dscn7240印象的な一本松
Dscn7243確かに変化に富んだ岩がきれいです
Dscn7244藻塩などを作っている工場がありました
Dscn7247工場の内部・本当に小規模です
Dscn7249岩だけでなく、水も綺麗でした
Dscn7253鮭漁の船だそうです
ここで「笹川流れマラソン」が開かれます、来年は是非参加したいと思います。

| Comments (3) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »