« 正月明けは恒例の | Main | パウダーを求めて武尊山へ »

2012.01.13

蝋梅と滝の氷

群馬県安中市(旧松井田町)の郊外に「ろうばいの郷」という場所があり、毎年訪れています。
先日の日曜日には「ろうばい祭り」があったばかりですが、今日女房と思いついて行ってみました、我が家から来るまで30分ちょっとです。
入場料は300円、平日ですがそこそこ客はいました。ろうばいにも何種類かあるそうで、例年よりやや開花は遅めですが馥郁とした香りにつつまれていました。
1やはり青空が似合います。
2三分咲きといったところでしょうか、つぼみが多いので2月半ば頃まで楽しめそうです。

近くにある「仙ケ滝」へ廻りました。
3これが全景、小さな滝ですが裏側に回れます。
4飛沫が凍り付いて滝のよう
5タケノコのような氷筍がいくつも
6頭上にはツララが、ちょっと怖い
7氷の地蔵さんみたいですが、実際に石像を覆った氷です

意外と発達していませんでしたが、近いのでまた行ってみようと思います。


« 正月明けは恒例の | Main | パウダーを求めて武尊山へ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蝋梅と滝の氷:

« 正月明けは恒例の | Main | パウダーを求めて武尊山へ »