« 9年ぶり、冬の岩木山頂 | Main | 蝋梅と滝の氷 »

2012.01.11

正月明けは恒例の

毎年年末年始は青森なので自宅で正月気分を味わったことはありません。
しかし当地では色々な行事があります。まずは全国的にも有名(だと思う)だるま市、正確には小林山達磨寺の七草大祭といいます。曜日に関係なく1月の6日~7日にかけて行われ夜通しにぎわいます。
そのあとは「どんど焼き:この地区ではどんどん焼き」があり、あちこちの空き地に大きなヤグラ?(道祖神と言います)が立ち、たぶん子供達は興奮するでしょう。私も知識として知っていましたが引っ越してきて初めて現物を見ました。

今回はその前に「消防出初め式」があると市の広報誌にあったので朝のジョギングコースを変更して見学に行きました。子供の頃(たぶん小1~2のころ)以来です。
パレードの後は呼び物の地元の鳶の方による梯子乗り、木遣りを唄いながら入場の後鳶口で梯子を支え、疲労です。
Dscn9065
Dscn9072
Dscn9074
4~5人が順番に技を披露したあとのトリはなんと女性でした。
Dscn9088
Dscn9090全国に3人とか・・・
今度は道祖神、最初は我が町内のDscn9093後方の山は榛名山です
Dscn9095これは隣の町内、下部は中に入れる構造です(以前は前夜祭と称して飲み食いしたらしい)後方右は赤城山
Dscn9096もう少し下流、隣の町内です、右後方の建物は高崎市庁舎
Dscn9099更に下流、窮屈な場所なので小さめに造られていました。ここまで4km足らずの間に4基ありました。
Dscn9110先ほどの2番目の道祖神です。浅間山をバックに大勢の人がグラウンドゴルフに興じていました。
「燃やす」のは子供が参加できるようにたぶん14日(土)でしょう。こtれに合わせてジョギングすれば御神酒にありつけるかな?


« 9年ぶり、冬の岩木山頂 | Main | 蝋梅と滝の氷 »

Comments

It's a pity you don't have a donate button! I'd most certainly donate to this superb blog! I suppose for now i'll settle for bookmarking and adding your RSS feed to my Google account. I look forward to new updates and will share this website with my Facebook group. Chat soon!

Posted by: free fifa 15 coins | 2015.03.24 12:49

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 正月明けは恒例の:

« 9年ぶり、冬の岩木山頂 | Main | 蝋梅と滝の氷 »