« October 2012 | Main | December 2012 »

2012.11.29

冬化粧の谷川岳を見に

冬型気圧配置の谷間となった11/28、絶好の晴天が予想されたので谷川岳を見に行く事にした。先月行った白毛門?とも考えたが新雪の急斜面ラッセルはきついのでパス(軟弱だなあ)旧国道からマチガ沢、一ノ倉沢見物とした。午後から用事があるので早く帰らなきゃいけないし・・・
家を出たのは5時15分、ちょっと遅いかな?
00
赤城高原SAで食べた「揚げ出し豆腐そば」早朝のお腹にやさしい。
01
水上ICを降りてすぐの場所から見た谷川岳、真っ白だ

今年の春同じコースを行った時と同じように登山指導センター先のゲートまで上がる予定だったが、路面状態から土合橋手前、白毛門登山口の駐車場に停めて歩くことにした。
02
先行者は一人、白毛門に行ったのだろうか?結局ゲートまで23分歩くことになった。積雪は15cmほど
03_2
静かな林道を行く、トレースを見ると2人以上は入っているようだ。(結局この日出合ったのは帰路含め6人)
04
白い枝が美しい、山屋の血が疼くな
05
ニホンカモシカの足跡

そしてマチガ沢出合へと進む
06
マチガ沢の全容、雲が全然ないと絵にならないなあ、と贅沢な不満(1時間後に・・・)
07
頂稜には雪煙が見える、ここで出会った人は「今朝はきれいに焼けた」と言っていました。
08
冬の渓流

そこから僅か進むと一ノ倉の大岩壁が見えてくる。
09
やはり圧倒的な迫力
10
厳しく、そして美しい
11
反対側には先週登った白毛門(左)が見える、振り返ると一ノ倉の上空にダイナミックな雲が見えた
12

名残は惜しいが別れを告げて帰路につく事にした
14
再びマチガ沢、1時間前とは違って上空には薄雲が広がっており、これも「絵にならない」
15
湯檜曽川の最奥、蓬峠あたりの稜線
16
土合橋の堰堤、3時間弱の楽しい雪上ハイクでした

17
オマケ、水上駅近くに停められていたD51,背景には山が似合う

| Comments (88) | TrackBack (0)

2012.11.19

強風に驚いた赤城山

退職した会社時代の仲間(現役の人もいますが)と年一回集まって多いに飲みそして「翌日」山に登る、という会を続けています。平均年齢60歳以上なので、軽い山に限定していますが・・・
今年は私が幹事だったので赤城温泉に泊り赤城山に登るというプランを立てました。
1以前TVの温泉番組で安い宿として紹介されていた「御宿 総本家」名前は大袈裟ですが、家族経営の小規模、・かつ地味な宿でした。もっとも風呂と食事は悪くなかったですよ。標高推定870m位なのでもう紅葉は終わっていましたが。

今回は7人が集まったので宴会(&メインの二次会)は盛り上がりました。各自持ち寄った酒を飲み交し宿で飲んだ分と合わせると限界寸前でしたね。天気予想通り土曜日夜は雨、そして翌日は冬型となって晴れ、たはずだったんですが・・・物凄い風!どうしようかと思うくらい

とりあえず車で登山口まで登る事に
2山の上の方(1500~1600m以上)は霧氷で真っ白、でも風は凄~い
3覚満淵(かくまんぶち)を散歩しました、写真には映っていませんが(アタリマエ)風は凄い。

結局当初予定していた黒檜山は止めて地蔵岳、それも一番標高差が少ないコースにしました。元気が良ければ30分位で登れるコースにしました。やはり「山酒会」ですから。
4足元には霜柱がびっしりと
5途中から見下ろした小沼(コノ)不思議な色をいていました。
6霧氷がきれいです、これを見ると雪山に行きたくなる!

7地蔵岳山頂付近、沢山のアンテナがありますが、霧に霞んでいます。
もちろん辺りの景色は全く見えませんが、天気が良ければこんな感じです。
8地蔵山頂から見る赤城大沼と黒檜山

そのあと小沼を訪れ
9
更に赤城神社にお参りして(向こうに見えるのが今日登った地蔵岳)
9_2
最後は富士見温泉で温まって解散しました。


| Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.08

新しいPCでまずやった事は

前回、1986年以来9台目になるPCを買ったと書きました。ほぼ3年で買い替え(買い増し)の計算です・・・
以前から使っていたノートPCも併用なので環境の引っ越しを急ぐ必要はありませんが、徐々に進めています。

Windows7は初めて使いますが、VISTAと違ってそんなに違和感はありませんでした。
個人データ類(写真含め)は外付けHDDに保存しているのでこの点は楽でした。
「お気に入り」は全部引っ越す必要もないので徐々にやってます。

インターネット接続は最初、前のPCに使っていたLANケーブルを差し替えて確認、その後外部で使うために新たに契約をする必要があるか考え、店で言っていた「スマートホン経由でもできましよ」を思い出し、マニュアルを読んで「デザリング」設定をしました。昔ノートパソコンに携帯電話を繋ぎモデム替りに使った時代(私は未経験)がありましたが、これと同じ事を「無線」でやると理解しました、やってみたら意外と簡単で速度もまずまず。外での使用も問題なし!

過去にノートPCを使った経験から、バッテリーを差しっ放しでAC電源を使うとバッテリーの劣化が早いことを知識としては知っていましたが、今回はこれを実践しています。つまり充電完了後はAC電源を抜きバッテリーのみで使うことです。たぶん寿命が延びるでしょう(公証5時間ちなってますが)

それでもスマホを毎回使うと(そちら側の)バッテリ消耗が早くなるので、LANハブとケーブルを2本買いました。合計2000円強、接続に問題なし(当たり前)

PCとテレビを繋ぐことで色々遊べそうです。PC画面をTVに映したりTV(HD)に録画した番組をBDに録画したりできるそうなのでHDMIケーブルを今日買いました、まだ試していませんが・・・
ついでに安売りしていたバッグも買ってしまいました、両方で1500円位。

最大の課題だったのはXPで愛用していたフリーソフト(主に画像処理)が使えるかどうか、
とりあえずは「Vix」と「縮専用」、VISTAでは駄目という事でしたが7ではなんとか動いて一安心。
さて次は何をやって遊ぼうかな?

| Comments (88) | TrackBack (0)

2012.11.02

私のパソコン遍歴

先日、新しいパソコンを買いました。東芝の」T552/47FWというやや大きめのノト、新製品のWindows8ではなく7搭載ですが,Officeプレインストールで60K程度と安価でした。我が家にはまだないBDプレーヤーとしても使えそうなので。

技術屋のはしくれだったので、関数電卓やBASICが使えるポケコンは長く愛用していました。通勤電車の中でプログラミングをしてゴルフゲームなどを作って遊んだものです。

そのうちMSXが発表され、BASICプログラミングができるパソコンが安価で発売され、友人宅で見て買いたくなりました。

<X1-TurboⅡ:シャープ>1986年購入
テレビパソコンというコンセプトでの一体型、当時家にはテレビがなかったのでテレビとして使おうという気もありました。当時のPCはみな灰色ばかりでしたが、これは黒色で家電っぽい感じも気に入りました。
8ビットでOSはBASICというものでしたが、丁度子供が小さかったので、たとえば「い」という文字を表示したあと音を出しながら「いちご」の絵がだんだん描かれ、子供に「苺のい!」と言わせたかった・・・教育というより自己満足ですね。それでも表計算やグラフを表示するエクセルまがいの物を作ったり、ビデオにテロップを入れたり大いに遊びました。今でも「大人のおもちゃ」としては名機だったと思います。

<X1-TurboZ:シャープ>購入時期不明
上の機種の後継機で利用法は全く同じでした。このころ世間(PC界)すでに16ビットでMS-DOS全盛、NECの98シリーズが主流となっていました。

<Dynabook:東芝>購入時期不明1992年ころ?
上記PCも具合悪くなり,TVも単体機?を購入しPC離れになりかけましたが、業務上の必要性もありラップトップ型を購入しました。今から考えると「ツナギ」ですね。プリンタ内蔵だったのでその後は女房のワープロ(7一太郎)専用機として余生を送りました。

<松下のTV一体型(型番」忘)>1995年購入
会社でも業務でPCを使うようになり、Windows3.1からWin95が発売となり再度買い気をそそられました。
モニタ一体型でTV受信もできるので前の「X1-Turbo」同様遊びながら使っていました。

<AL-N2:松下>1997年購入
そろそろノートが欲しくなり購入、トラックボール搭載のノートで操作性抜群。メイン機として長く愛用した。OSは95OSRで非常に安定していました。上記一体型は実質テレビ専用機として子供用に。

<CF-B5:松下>2000年購入
トラックボール復活モデルで上記の後継機として。世間ではWindows2000やMeが話題となっていたが、98SEで全く問題はなかった。このOSも安定していたと思う。
松下のPCはお仕着せのソフトがあまり入っていなかったの好感が持てた。

<EDiCube MV1100H:エプソン>2003年購入
ネットで仕様を指定して購入したデスクトップ、待望のXP搭載で気持ちよく動いた。17”大型ディスプレイのセットとしたので画面も見やすかった。

<FMV-LIFEBOOK:富士通>2008年購入・中古
エプソン機が長年の使用でさすがに動作が重くなってきたので「つなぎ」として購入。
XP使用でOfficeが載っている。WindowsはVISTAが出ていたがどうも馴染めないので、7が出るまでのつなぎとして。既に退職していたが、ノートの必要性もあったので購入した。
上のエプソン機が作動不安定日なった頃から外付け小型HDDを使用し、データは全てそちらに入れるようにしたので引っ越しも簡単だった。

<今回の東芝ノート>2012年購入
上のノートも起動が遅くなってきました。いろいろ整理しても大差なし。Win8が出たのを機会に型落ち(夏モデル)のWin7で購入。フリーソフトの使い勝手などの7面から従来のFMVとも当分併用予定。
最近PCの講習(身内で)をやるとさすがにXPの生徒もなく話が合わなくなってきたのも買い替えの一因。

こうして振り返るとメーカーもバラバラで一貫性がないなあ・・・主流といわれるNECを買ったことはない。
そういえばトヨタ車にも乗ってないなあ。

| Comments (167) | TrackBack (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »