« January 2013 | Main | March 2013 »

2013.02.22

大行山は地味だけどいい山だった

大行山(だいぎょうさん)は尾瀬の富士見平から南に延びる尾根上の小さなコブみたいな山で夏道もないが、山スキーに向いた山だった。
当初東谷山に行こうかと思ったが湯沢に大雪警報が出ていると車中で聞き変更した(地図は両方用意していた)。結果は正解で、山頂付近では雪も止み快適な滑降を楽しめた。

尾瀬戸倉スキー場の駐車場に車を停めて出発、リフトを横目に車道らしき所を辿る
Dscn3898
右はカラマツ、左はミズナラの林、この道は富士見平まで続くようだ
1時間ほど歩き硫黄沢を渡って左の斜面にとりつく
Dscn3900
カラマツ林は帰りに気分良く滑れそうだ
Dscn3904

ここから沢状の斜面を詰めたが最後1500m付近は急で苦労した。
ミズナラの巨木
Dscn3905
この細かい枝は幹にからんだ蔓から出ている
Dscn3908
やっと尾根に出た、ここから左の斜面をからんで登る
Dscn3910
斜面の向こうに目指す山頂?付近が見える
Dscn3912
大カッパ沢上部はひらけて気持ちの良い斜面が広がる
Dscn3918
頂上は広くどこがピークか判然としない
Dscn3928
標高差は700mしかないが、単独ラッセルだったので4時間半かかった(ラッセルしたから新雪が楽しめたのだが)

下りは快適な新雪滑降を満喫、相棒がいればもう1本登り返しただろう。
大カッパ沢源頭部を滑り、1500m付近で左へトラバースして再び尾根に戻る。
最後は車道に戻りラクチンな帰路
Dscn3935
下りは1時間かからなかった。

途中、吹割の滝を見学
Dscn3940
東洋のナイアガラと言われているようだが見事
Dscn3945

今回のルート「Daigyousan.jpg」をダウンロード

| Comments (43) | TrackBack (0)

2013.02.18

節分草、福寿草、蝋梅・・・早春の花を訪ねて

先日の上毛新聞ニュースで安中市(隣町)のお寺でセツブンソウが満開というのを読み、行ってみました。
庭に雪は残っていますが咲いていました。以前に他で見たものより小さいですが。
Dscn3856
可憐です
Dscn3861
福寿草も何株か咲いていました(我が家のはまだ芽も見えませんが)
Dscn3862
庭の水も凍っています
Dscn3865
山草園という小さな庭がありなかなかいい雰囲気だったので季節を変えてまた来てみよう。

そのあと近くの木馬瀬(ちませ)の福寿草自生地へ回ってみました。
例年なら2月中旬から3月中旬には一面黄金色になる所ですが、一面の雪で真っ白・・・転進

この近所に来ると必ず立ち寄る「仙ヶ滝」へ回って見ました。1月末からの高温で滝は凍ってはいないだろうが。
車を停めて少し歩くが雪は結構ある(15cm?)滝の入口に「岩崩壊のため立ち入り禁止」の立札が
Dscn3869
周囲の細い氷柱が綺麗でした
Dscn3877
これが滝の全景
Dscn3878
去年の写真、どこが違うんだろう?
Dscn3878_2
車に戻る途中であった地元の人が「12月末に滝正面から落ちた」と仰ってました。
滝の裏側へ回れたのだが残念です。

最後に蝋梅園に回りました
途中に積んであったマキ?、椎茸のホダ木?後ろに小さく妙義山
Dscn3881
日曜とあって観光バスの他結構車が止まっていました。
満開をやや過ぎた程度
Dscn3883
ここにも雪の中に福寿草が咲いていました
Dscn3884
何回も来ていますが、一面の雪の中は初めて
Dscn3887
これは「満月」という品種らしい
Dscn3892
ここでも妙義山が大きく見えていました
Dscn3895
ここで豚汁と焼きそばを食べて帰りましたがまだ昼前でした。近いなあ~


| Comments (120) | TrackBack (0)

2013.02.13

こんなモノ買いました(キャップ型ヘルメット)

以前から山スキー(ゲレンデスキーも含めて)安全のためにヘルメットを被ろうかと思っていましたが、軽量のは結構高いので渋っていました。新幹線車内にある通販カタログで見つけたのがコレ。
Dscn3854
2ケ組で5500円と安価、それほどの強度は期待できませんが無いよりはかなりましでしょう。
感じは・・・浅いです。顎紐をつけないとすぐに落としそう、まあ初めから顎紐と耳当ては付けるつもりでしたから。

| Comments (190) | TrackBack (0)

2013.02.10

ビワの花が咲いた!

Dscn3811
家を建てた当時から庭に植えてある枇杷(ビワ)の木にやっと花が咲きました。10年目です。
一緒に植えたイチジクはすぐ実をつけ永く楽しんできましたが、木に虫が入ってボロボロになり昨年切り倒しました。
一方枇杷の方は背はどんどん伸びるのですが、一向に花は咲かず当然実もできません。伸びすぎた枝を切る時に「いい加減に実をつけないとぶった切るゾ」と脅かしてきましたが、先日やっと小さな花を見つけました。この夏には実が楽しめるかな?

| Comments (31) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »