« July 2013 | Main | September 2013 »

2013.08.31

たった一人の山・利根川源流の山を行く

タイトルは浦松佐美太郎氏の著作からの借用、私の愛読書である。
坂東太郎・利根川の水源が大水上山1831mと知りいつか行きたいと思っていたが、二週間前に平ケ岳に登った際に利根川水源の山々を眺め「行こう」と決めた。
登山口は新潟県の三国(さぐり)川ダムの奥、十字峡である。今はダムが出来て地形が変わってしまったが昔行った岳友の話では文字通り「十字峡」だったらしい。
Dscn6727_2
十字峡登山口、ここの二階に1000円で泊まれるらしい、テントを持ってきたがこっちの方が広くて快適なので利用する事にした。
コースは十字峡450m~丹後山1809m~大水上山1831m~兎岳1926mの往復、地形図から拾った累積標高差は1567m、昭文社地図上でのコースタイムは11時間50分ほぼ12時間となっている。
ただ、昔と違ってコースタイムは遅めとなっている気がするので実質10時間位、早発ちすれば充分日帰り可能でアプローチをランニングでこなし登りも頑張れば8~9時間と踏んだ。
予定通り5:00出発、山は一部雲の中だが天気の心配はない。一般車通行禁止の林道をのんびりラン、対岸には小さな滝があるがまだ光量不足、帰りにじっくり撮ろうか。
Dscn6734
左に栃ノ木沢を分けるとすぐに
Dscn6735
標識、これを見るとそのまま左に行きたくなるのは私だけ?
この川はなかなか、黒部渓谷並とは言わないが
Dscn6737
おかしいな、まだ登りにならない。行き過ぎたのでは?・・・戻ってみよう
さっきの標識に戻り、後ろを振り返ると
Dscn6743
なんと!、30分近くロスしてしまった(この程度で済んだとも言えるが)

いきなりの急登、ガンガン高度を稼ぐ。やがて眺望が効くようになり
Dscn6751_2
左手に中ノ岳が高い(頂上には雲)
Dscn6753_2
山で良く見るコレ、「マンネンスギ」かと思っていたが「ヒカゲノカズラ」らしい
Dscn6755_2
1000m近くになるとブナも目につくようになった
八合目あたりで森林限界を抜け、一気に眺めが良くなる。
Dscn6774_2
丹後山は気持ちの良い草原、スキーで遊びたいなあ。
Dscn6778_2
丹後山避難小屋が見えてきた、いい環境で中も清潔、今度使ってみたい。
Dscn6781_2
今回はスマートホンに地図を落としてきた。GPSを有効にすれば現在地が示される(赤い矢印)
Dscn6782_2
可憐なハクサンフウロ、あちこちに咲いていた。
8:47 丹後山着、ここまで4時間弱。
 標高差1280mを正味2時間51分、まずはいいペースだ。

Dscn6784_2
走りたくなる道でしょ
Dscn6794_2
湿原に多く生える「ミツガシワ」
Dscn6797_2
「ミヤマ アキノ キリンソウ」今頃良く咲いている。
Dscn6798_2
利根川水源の碑、向こうの斜面に降る雨や雪が利根川の最初の一滴が始まる。
9:16 大水上山着、丹後山からすぐだった。
Dscn6799_2
大水上山頂です。

ここから道に笹薮が被さるようになり、朝露?でタイツがびしょびしょに。帰りは雨具を履こう。
Dscn6804_3
小さな白い花(名前は?)の向こうに雪渓が見える
Dscn6805_3
アップで見るとなかなかきれいだ
Dscn6808_2
アカモノ、イワハゼと言った方がピンとくる。この赤い実は今回も少しいただきました。
Dscn6819_2
秋の山の花の象徴、エゾリンドウ

9:51 兎岳山頂着 目標の10時前に着けた。
Dscn6822_2
中ノ岳2085mが大きい、北岳のバットレスみたいで大迫力!
Dscn6824_2
北東には猛禽類が羽を拡げたような荒沢岳1969m、平ケ岳からも岩壁が見えた、これは次に行くしかないかな?
ぼちぼち下山、温泉に入って帰りたいし。
Dscn6834_2
大水上山の先から、真ん中に中ノ岳、左に八海山、右に越後駒、越後三山が揃って見えるのはこのアングルのみ。
Dscn6837_2
ハクサンフウロとゼンテイカ(ニッコウキスゲ)のお花畑、時期が早ければ凄いだろうな・・・
Dscn6840_2
ニッコウキスゲと青空
Dscn6847_2
これも初秋の花、トリカブト
Dscn6849_2
東には二週間前に登った平ケ岳、その名の通りの山容
更に尾根道を下る。

11:15 丹後山山頂を通過
Dscn6854_2
振り返ると稜線の向こうに秋雲が・・・
Dscn6855_2
中ノ岳の勇姿ともこれでお別れ
Dscn6860_2
更に兎岳~大水上山~丹後山(左から)と今日歩いた稜線

ここから樹林帯に入りどんどん下る、下りの方が斜面の急さがわかる。足許を見ると
Dscn6861_3
ゴゼンタチバナの赤い実
やがて川が見え、登山口に着いた。
13:00登山口着
川に降り踏み跡があったので川まで降り
Dscn6871_3
冷たい水で思い切り顔を洗った。ここからは渓流の景色を楽しみながらのんびり行こう。
Dscn6880_2
右岸には小さいがきれいな滝がかかる
Dscn6885_2
緑の中を流れる清々しい流れ
Dscn6893_2
左岸にも小さな滝が、ここで水を汲んで帰った。
Dscn6897_2
この渓流は紅葉の時期にまた来たい。
Dscn6915_2
こういう流れ(滝と言っていいのか)は見ていて飽きない。
Dscn6918
滝壺?に虹がかかっている
Dscn6933
岩を噛む奔流
13:49 十字峡着、林道は行きの倍時間がかかった・・・

Dscn6937
帰りに三国川ダムへ寄ってみた
Dscn6945
ここで貰った「ダムカード」最近見たTV番組でその存在を知った。
Dscn6947
五十沢(いかさわ)温泉に立ち寄り、ここは数年前滑落で亡くなった岳友と良く山スキーの帰りに立ち寄った・・・

ここは日本(深田)百名山に入っていないので登山客は少なくこの日は誰にも出会わなかった。


| Comments (168) | TrackBack (0)

2013.08.23

秘湯中の秘湯?ガラメキ温泉(跡)探検記

群馬県は榛名さんの中腹に「ガラメキ温泉」という名が国土地理院の地図(電子地図でも見える)に記載されている。気になってウェブで調べたところ、戦前はちゃんとした温泉旅館があったらしい。
数年前までは無理すれば半身浴くらいはできたらしいが、最新情報では荒れ果てて入浴は望み薄みたいだが・・・

夏になると近所で走るのは暑いので良く榛名湖に出かける。昨日も今季7回目の榛名湖ランに行った。
01湖畔の印象的な自然のオブジェ
この日は早めに切り上げたのでふと思いついて帰りに違う道を通りガラメキ温泉に行って見た。
02途中のガードレールにこんな表示(落書き?)があったのには前から気づいていた。
03車道らしき物は続いているががっちりガードされている。

始めは舗装路をどんどん下る、ジョギングシューズなので足元は軽い。やがて舗装も途切れ
04やがて崖崩れで埋まったり(手振れ・・・)したがその内3本道に分かれる場所に出た。
05ここを左に登ればいいのかな?と考えていたら木の幹に小さく「←ガラメキ」の表示が、コレだ!
065分ほどで小び広い場所に出、立派な表示も。ここまでほぼ30分(半分走って)

07鉄蓋の載ったマンホールみたいな物があった。
コレか!と思い蓋を開けてみたがやはり冷たい、ダメだ
08近くには立派な石垣も残り昔は旅館があったという事をしのばせますが、やはり湯はなし、
09近所につぶれたヤカンが落ちていたが光沢から見てそんなに古くはなさそう

というわけで「やはり」という結果でした。「遺跡」に関心がある方以外にはお勧めしません(笑)。


| Comments (1451) | TrackBack (0)

2013.08.15

池と花の平ケ岳へ

尾瀬ヶ原の遥か奥の平ケ岳、昔から残雪期にスキーで行きたいと思っていたがなかなか機会を得なかった。
ネットで調べてみると、銀山平の民宿に泊って登山口まで送迎して貰うのが一番楽らしいが、自力で行くには奥只見湖の先の鷹ノ巣登山口から往復すれば日帰りできるらしい。

地図を見ると下台倉山までの急登と池ノ岳の登り以外はなだらかで長い尾根歩きなのでトレラン気分でも走れそうだ。まずは前夜早めの夕食を済ませて関越道に乗り小出ICへ、ここからシルバーラインのトンネルを走り奥只見湖脇のクネクネ道(これでも国道352号)夜走る道じゃないな、と思いつつ登山口に22時着、車は10台位か?テントを張って寝たが寝袋なしでは寒かった(標高840m)

山頂は2140mなので標高差は1300m、いくつかの登り返しを地図から拾うと+180m程度。
5:09出発、14時頃には戻れるかな?
Dscn6491
下台倉沢を渡り本格的な登りとなる。
Dscn6519
痩せ尾根の登りを過ぎると
6:40下台倉山 標高差760mを1時間半なら順調なペースだ

Dscn6525
終始左手には尾瀬の燧ケ岳が大きく見えていた。
ここからは道も良くなり走る事も可能になった。
Dscn6540
樹林帯を抜けると正面に池ノ岳が聳える、あそこまで370m、最後の急登だ、頑張ろう。
池ノ岳の頂上は判らない、姫ケ池とつながっている、きれいな所でしばし写真を撮りまくる。
Dscn6543
タテヤマリンドウとモウセンゴケ、珍しい取り合せだ。
Dscn6561
池の向こうに平ケ岳、名前そのままの姿

平ケ岳までは伸びやかな高原を気持ちよく走れる。
Dscn6572
ひっそりとギンリョウソウ
「→三角点」の標識から山頂(三角点)はすぐ
9:36 平ケ岳、出発から4時間半、想定通りである。
Dscn6582
ここは展望は効かないのでもう少し先まで行く事にする、地図上の2141m地点か

Dscn6584
先客が一人いたが、ここは素晴らしい所だ、池塘の向こうに越後三山
Dscn6587
更に遠方には利根川源流の山々、そして燧ケ岳から日光連山、尾瀬の至仏山と武尊山、と素晴らしい景観。
昼食を撮ってしばし休憩

下山途中で「左たまご石」とあったので寄ってみる事にしたが、これが大正解だった。
Dscn6610
雪が遅くまで残るところなのかコバイケイソウの大群落があった。冷たい水が流れる水場も。
Dscn6628
エゾリンドウも鮮やか
Dscn6636
これが「たまご石」たしかに・・・
Dscn6644
ハクサンコザクラを見つけた。
Dscn6645
ミツガシワの清楚な花

10:49 さあ、下山にかかろう。
三角点だけ往復してこの花や景観を楽しまないのでは、平ケ岳の魅力の大半を忘れた事になろう。
日中で暑い時間帯だが下りなので助かる。
Dscn6657
ピークは判然としないが会津駒ケ岳あたり
Dscn6669
幹は枯れているように見えるが先端は生きているハイマツ
14:08 駐車場着、下山に要した時間は3時間19分、トータル8時間59分、休憩時間を除くネット行動時間は
8時間10分、まずは予定通りだった。

Dscn6676
最後にこの店で「尾瀬三郎」という酒を買って帰った。
ここに載せきれなかった花の写真はこちらのアルバムをご覧ください。


| Comments (47) | TrackBack (0)

2013.08.08

巨大キノコが今年も!

毎年この時期になると近所の草地に「オニフスベ」という巨大キノコが生えます。
20130808_133131
遠目には2ケの白いバレーボールが落ちているような、向こう側の方が大きい。

20130808_133610
左に置いたキャップと比べて下さい。直径20cm以上あったと思います。
まだ若い頃で中身が真白く詰まっている時期なら食べられますが、今年もちょっと遅かった・・・


| Comments (1040) | TrackBack (0)

2013.08.07

こんなモン買いました:折畳カップ

山道具というよりも、今の私にとってはランニング用品と言った方が当たっているかも。
Photo
プラスチック製の折畳カップです。
暑さも僅かでウエストポーチにも楽に入ります。

実は「カップ゚持参」などのウルトラマラソンで持っている人を見て「欲しいなあ~」と思ってホームセンターなどに行く度捜していたんですが見当たらず・・・

先日ランニングクラブの行事で山に行きましたが、その時何人かが持ってました。
「どこで売ってましたか」・・・『ウチで扱ってますよ』・・・ナント、灯台元暗し
と言う訳でこんなモン買いました。

| Comments (1628) | TrackBack (0)

2013.08.02

夏の花:キツネノカミソリとヒマワリ

春にカタクリ見物に行っている市内の吉井町に夏の定番「キツネノカミソリ」を見に行って来ました。
1
まずは「ウバユリ」が沢山迎えてくれました。「花が咲く頃」には「乳母の歯(葉)がなくなる」というのが名前の由来との事ですが、まだ葉はありました。

2
「キツネノカミソリ」の花、彼岸花の仲間なので、花が咲く時には葉がありません。

3
アップで、カタクリほど有名ではないので見物客は少なかった(暑いし)

4
オレンジ色の花弁が目につく「ヤブカンゾウ」良く似た名前の「ノカンゾウ」はめっきり減りました。

そのあと隣の富岡市でひまわりが沢山咲いているらしいとの情報で回りました。

5
咲いていました。こちらは新聞などで取り上げたせいもあり、平日と言うのにかなりの人手

6
こんな展望台が出来ています。青空の時もう一回行って見よう。

7
反対側には「丹生湖」という人造湖があり、ワカサギ釣りの名所としても知られています。
手前の緑はコンニャク畑


| Comments (184) | TrackBack (0)

« July 2013 | Main | September 2013 »