« August 2013 | Main | October 2013 »

2013.09.19

庭で出来たスイカ!甘かった

去年の夏に食べて甘かった小玉スイカの種をとっておいて今年の春庭に撒きました。実際には植木鉢に撒きそこから出て芽を抵触したのですが。
夏を越え結構大きくなってきました。
Dscn6696
いつ取り入れようかと思っていたところ、先日の台風18号による大雨で割れてしまい
Dscn7212
止むを得ず収獲、右の黄色いのは瓜とスイカが自然交雑したみたいです、女房曰く「ウリスイカができた」
早速切ってみたところ
Dscn7213
真っ赤に熟しており「結構甘いじゃないか」
因みに「ウリスイカ」も中身は赤かった。

| Comments (183) | TrackBack (0)

2013.09.12

出羽三山を巡る・・・2

頂上にお別れして下山にかかる。
Dscn7104
リンドウを横からのアングルで
Dscn7106
ウツボグサ
Dscn7115
ミヤマアキノキリンソウとエゾリンドウ

車道を下る途中で見えたのはDscn7120
真っ赤なナナカマドの実
この日の夕食はマラソンで一緒に走った「うなぎ若林」で豪華に、日本酒・月山ワインも

火曜日は曇りだが、この日は最後の湯殿山と庄内霊場を何か所か回る予定
まずは三十二番・太白山吉祥寺にお参り
月山ダムを過ぎ、三十一番・湯殿山注連寺、名前の通り昔から湯殿山参詣にはまずここを通ったらしい。
Dscn7129
有名な鉄門海上人の即身仏が安置されている。
Dscn7149
色々な天井絵も有名らしい
Dscn7136
これは天女図
すぐそばに第九番・湯殿山大日坊、ここにも即身仏が安置されているらしい。

さあ、いよいよ湯殿山へ向かう。
湯殿山有料道路(400円)を登り大鳥居のある場所まで行ったが、途中六十里越の道と何回か交差した。
Dscn7149_2
ここから女房はシャトルバスで登り私は五郎を連れて歩く、17分かかった。
Dscn7154
途中にあった小さな滝
Dscn7159
山のアジサイ
ここから上は神域で写真撮影不可、ご神体へは裸足になってお祓いを受けてからお参り、
「語るべからず」と言われているそうなので、ご神体の説明は遠慮するが、一見の価値ありとだけ書いておこう。
Dscn7161
帰りは女房も歩いた、向こうが湯殿山かな?
駐車場の食堂で山菜ラーメンを食べたが意外とうまかった。
Dscn7163
店内には「流しそうめん」ならぬ「流しそば」が?

最後は月山ICから山形道ー東北道ー北関東道と辿って帰宅した。
湯殿山頂だけ登ってこなかったので今度はスキーで来ようかな?


| Comments (114) | TrackBack (0)

出羽三山を巡る・・・1

昨年に引き続き「鶴岡100kmマラソン」に参加するついでに出羽三山に登る事にした。羽黒山414m、月山1984m、湯殿山1500mを指しそれぞれ現在・過去・未来を象徴すると言われこの順番に登るのが流儀らしい。
今回も女房そして五郎も同行し群馬から車で出発。いつもの愛車スズキ・ジムニーではなく、同じく軽のダイハツ・ミラバンにした。ジムニーの燃費が街中9km、高速12.5km程度と燃費が悪いのに対しそれそれ15km、19kmと良いのだ。

まずは関越道で新潟そして日本海東北道に入り終点の朝日まほろばICで降り道の駅まほろばで朝まで仮眠。
国道7号を北へ、以前から行きたかった加茂水族館に向かう事にした。ここはクラゲの展示が有名。
Dscn6977
Dscn6981
写真にはとれなかったが美しく光る「シンカイウリクラゲ」も堪能した。

次に羽黒山の三山神社へと向かう。
大門を通り過ぎると遺書ありげな宿坊が立ち並ぶ所を過ぎいでは文化会館に車を止めて歩き出す。
Dscn6991
三山神社入り口からいきなり石段を下り、立派な杉並木を進むと
Dscn6998
国宝の五重塔が
更に急な二の坂を登り切ると茶店があった、
Dscn7003
ここで名物の玉こんにゃくと力餅で元気をつけ更に石段(全部で2446あるという)を登る。
Dscn7012
鏡池越しに見る三山神社、右から順に羽黒山・月山・湯殿山を祭ってありこの順にお参りする。
因みにここまでの標高差は300m近かった。下りで出会ったおじさんはカウンターで石段を数えながら「3000以上ある」とぶつぶつ言っていた。
下の大門から石段を駆け上がる「羽黒山石段マラソン」があるらしい。

Dscn7016
昼は鶴岡名物の「麦切」をこの店のはモロヘイヤが練りこんであったが、歯ごたえがプリプリ。
ここから庄内霊場巡りの首番・羽黒山荒沢寺へ
Dscn7019
更にこの日は一番・羽黒山正善院と二番・羽黒山金剛樹院をお参りしてマラソンの受付会場へ向かった。
泊りは市内の奈良館素泊まり3300円と格安!

翌8日は100kmマラソン当日だが生憎の雨、女房には「天気が良かったら月山に行っておいで」と言い残したが雨なので温泉巡りとしたらしい。
私も無事完走し、夜の閉会式パーティーも楽しんで同じ宿に帰った。

9日月曜日は好天、早朝の鶴岡市内を五郎とゆっくりジョギング
Dscn7049
大宝館、大正天皇即位記念に建てられたそうだが、鶴岡市のマンホールの蓋にも描かれている。
その後車で月山8合目まで向かう
Dscn7052
田んぼの向こうには鳥海山
月山八合目は標高1390m弥陀ヶ原の湿原を巡り山へと向かう。
Dscn7061
エゾリンドウが満開だった。
ここから月山山頂1984mまでは標高差594mなので普通なら2時間だが月山はなだらかな山容なので距離があり、3時間かかるようだ。
Dscn7063
池塘が美しい

Dscn7074
ハクサンフウロの花
Dscn7079
咲き残りのハクサンイチゲ、夏は見事なお花畑になるようだ。
Dscn7081
アザミも沢山咲いていた。Dscn7087
Dscn7082
ヤマハハコ、良く見ると可愛い
Dscn7087_3
チングルマの花が少しだけ残っていた
Dscn7088_2
頂上付近に沢山咲いていた、タテヤマrンドウかと思ったらミヤマリンドウらしい
Dscn7091_2
ウサギギク
Dscn7092_2
山頂三角点付近にて
Dscn7095_2
頂上の月山神社でお祓いを受ける


| Comments (117) | TrackBack (0)

« August 2013 | Main | October 2013 »