« November 2014 | Main | January 2015 »

2014.12.29

鎌倉街道を走る 1.高崎から神川町まで

中山道から始めた街道ラン。
三国街道、例幣使街道(一部だけ)、北国街道(途中まで)に続き以前から考えていた鎌倉街道、天気も良さそうなので始めました。
年末であまり時間がとれませんが、ここなら細切れでもいいので。
中山道などと違い観光地として整備されていない部分が多く本を見ても不明瞭な場所が多いようです。
こちらのサイトを参考にさせていただきました。写真も多く詳しいです。

史跡巡りよりもラン目的なので細かいルートを辿る事には拘らず、車の多い幹線道路は避けて裏道を通ればそれで良し、としました。

10時に家をスタート
01akg
赤城山と
02haruna
榛名山に見送られて市役所方面へ向かいます。

03siyakusyo
高崎市役所、市内で一番高い建物がコレ、というのもなんか・・・
敷地の一角に高崎城址があります。
04hori
10:26 三の丸土塁あと、堀の水にはまだ薄氷が残っていました、」ここまで3.55km
07kotohira
琴平神社、このあたりはガイドとだいぶ違う道を通ってしまった・・・
08hi
鎌倉街道記念碑、田島桂男氏は高崎(群馬)の歴史・地名の研究家です。

05sanohasi
11:10 佐野橋、見えるのは烏川、ここまで6.7km。
木製の風情ある橋で、「佐野の舟橋」の悲話が伝わっています。
上流の和田橋付近で毎年鮭の稚魚を放流していますが(卵採取は利根大堰か?)
先日、ここで鮭の遡上が観察されたとある方のウェブサイトにありました。烏川は鮭が遡上する南限とも言われているそうです。(下流は利根川)
近くには22日に新設されたばかりの「佐野のわたし」駅があります。
06sanonoawatasi
上信電鉄は距離の割に費用が高いんです。終点は「ネギとコンニャク」の下仁田ですが、名前からすると佐久(信州)まで延長したいとの壮図があったのでしょう。富岡を通るので、世界文化遺産指定後は乗客も増えていると思いますが。

このあたりからは本来のルート(ウェブの記録通り)に戻れました。
11:36 烏川を「一本松橋」で渡ります、ここを通るのは始めて。9.15km地点
高崎商科大学を回り込んでよく通る県道30号へ、学生相手の安いラーメン屋で昼にしようと思ったら閉店、すぐ先の蕎麦屋に貼りました。野菜天ざる稜と熱燗を、量が多く腹一杯になってしまった。
13yamanahatiman
山名八幡宮、初詣の準備をしていました。七五三参りでも賑わいます。
この先はのどかな田園地帯をのんびり走れます。
14roubai

蝋梅の花が咲き始めて
15nanohana
気の早い菜の花も
12yamauehi
「ガヤガヤ」言う声とペッタンペッタンの音が
11motituki
最近珍しい「餅つき」をやっていました。
山の上碑への標識、このあたりには「上毛三碑」という国指定特別史跡があります。
山ノ上碑 681年、多胡碑 711年、金井沢碑 726年、と古い歴史があります。
山名古墳群を横目に、実は群馬県は1万基以上と言われる古墳の宝庫でもあるのです。

13:12 松ノ木瀬橋で鏑川を渡ります。14.3km
10kaburagawa
この上流に有名な富岡製糸場があり、鏑川の水と乗附の石炭を使うためここに立地したと聞きました。
鏑川は有名な神津牧場の近くを源とし、高崎市で烏川に合流する流路延長58.8kmの川です。
因みに乗附は自宅のある場所です。
13:44 藤岡の郊外を進むと、「吉良義央(上野介)産湯の井戸」がありました。ここまで16.6km
09kiraido
吉良家はこのあたりに飛び地で領地があったのです。上野介は群馬に由来するのでしょう。
「当地では、領主吉良上野介を敵役とする忠臣蔵は禁物とされた。」と説明板にありました。

16ireihi
「千部供養塔」、浅間山の「天明の大噴火」の慰霊で建てられたとか
14:18 鮎川にかかる緑埜橋を渡り、しばし鮎川の土手を行きます。ここまで19.3km
土手から降りたところにこんなのがありました。
17suisya
宮土理堰農村公園マイクロ水力発電所、最高出力100Wとか。
普通の家庭だとこれが10ケ以上いるのかあ・・・
すぐ先に大きな石碑が
18gaisen
凱旋馬頭尊、上記ウェブの著者は「碑の石質・形状から推定すると日露戦争ではないか」と述べられています。
19usuimh
藤岡のマンホール(雨水用)のデザインは藤岡名産の鬼瓦!
20hinomi
火の見櫓、かなり高いです。

実はこの著者の方、このあたりで偶然「東北地方太平洋沖地震」に遭遇されたようです。
2011.3.11.14:46 奇しくもこの時の時間が14時31分とほぼ同じ時間でした。
私は当時ウルトラマラソンを走るために八丈島に行っており(しかも車中)感じませんでした。
このあと畑を抜け、庚申山麓の上り坂を過ぎ、こんな看板の前に
21tedukuri
「手づくり村」と読めますが、実体はあるのか?
この先で記録は右の竹林の中のルートをとっていますが
22rakeyabu
どうも道が不明瞭です、時間も午後3時となり暗くなっても困るので、昔の街道に拘らず、
スマホで「丹荘駅」を目的地としてナビしてもらう事にしました。6.5km程度となっています。

それでも山裾の小道や水路の小道などそれなりの風情がありました。
腹も減ってきたので途中のコンビニで「カレーチーズパン」を買い、温めてもらったが美味しかった。
国道256号に出て24kannnagawa
神流川を渡ると、ようやく
23saitama
埼玉県に入ります。目指すは八高線で埼玉最初の駅「丹荘:たんしょう・・・」
26yane
途中からまた小道に入り、(こういう道が好き)古い大きな家(空家?)にとても大きなガマの置物が
屋根瓦の一番上の大棟の部分に透かしのある飾り瓦を使っていました。
25abojinja
阿保神社、このあたりは阿保氏の領地だったそうです。「阿呆」ではない・・

16:23 丹荘駅着、最後はルートから離れたが明るいうちに着けた。GPSのデータでは計28.45kmだったが、
3~5%程度は多めに出ているかもしれない。
6時間23分、正味(食事時間や長い休憩を省いた)では5時間7分だった。
地図や案内板を見たり、あちこち迷ったりしたのでいつもの街道ランよりは時間がかかった、こてから先も考えておかないと。

yy99@live.jp さん、お世話になりました。


| Comments (117)

2014.12.23

防府市の裏観光?

防府読売マラソンに今年も参加しました。結果はイマイチだったんですが・・・
01
東京駅、100年前の開業当時からあるらしい柱、彫刻みたいな飾りが

02
山口宇部空港から防府まで行くのにバス便もありますが、列車の方が安いので歩いて10分足らずの草江駅に
03
もちろん単線ですが、普通ホームを挟んで両側に線路がありますがここは片側のみ、寂しいです。

夕方の懇親会出席のためにもう一泊しました。
帰りの飛行機まで若干時間があるのでどこかに行こうと。
防府の名所といえばまずは防府天満宮なかなか立派な所ですがもう行きました。
あとは俳人種田山頭火の遺跡などもありますが、近いのでこれも行ったし。
あとは毛利庭園、六本木ヒルズにもありますがこちらが本家、ところがマラソン翌日の月曜日は休みなんですよね。

そこで低い山にでも登ってこようと思いましたが、夜は雪が降ったみたい、
04
朝の防府駅、向島の錦山・354mが山頂付近まで車道があり9kmほどらしいのでタクシーで登り帰りはのんびり走って、NHKの来年の大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公杉文(後の楫取美和子)の夫、正確には後夫(うわお と読むらしい)楫取素彦(かとりもとひこ)がわが群馬県の初代県令(知事相当)の墓にお参りしようと思っていました。

ところがこの雪、たぶんタクシーは山には登らないだろうし走っての下山も危ない、ということでとりあえず駅のコインロッカーにザックを預けて向島に向かってのんびり走ってみた。5kmちょっとだろうから。
05
こちらでも大いに盛り上がっているようですが、群馬県でも張り切っています。ただ、綾瀬はるか主演の「八重の桜」でも主人公の後夫だった新島襄は出てきましたが群馬県は出ませんでした。たぶん今回もあまり・・・・ないかと・・・

道には薄く雪があるので注意してゆっくり走りました、というかゆっくりしか走れないし。
途中にある桑山公園の反対側にお墓があるようですが、とりあえずは直進、周りの山は雪を被っています。
06
去年帰りに入った「桑の山温泉」

07
途中にあった鞠生(まりふ)の松原
08
ここにも厳島神社、実は向島の厳島神社が目的地だったんです。
以前はここが海岸だったんでしょうね。
09
これが桑山107m、一昨日は麓のホテルで開会式と歓迎の夕べがありました。

10
昨日のスタート・ゴール地点の競技場から反対に曲がり、向島入口の錦橋を渡ります、これが錦山354m
11
橋から反対側にもきれいな山が
12
実はこの橋、赤い部分が旋回して船を通す可動橋のようです。番小屋?があったので厳島神社の場所を聞いていきました。

13
これが向島厳島神社
14
根上りの木がありました。
15
再び橋を渡って戻るとこんなのがありました、そばの説明板には「天然記念物指定地・向島のタヌキ生息地」とありました、全国でもここだけとか。

16
案内地図を持って走りましたが、ちょっと分かりにくかったので地元の方に聞いてたどり着いた「放光山大楽寺」ここに楫取夫妻の墓があります。
17
正二位勲一等とありました。実は先ほど調べてわかったばかりですが、ここには女優の夏目雅子さんのお墓もあったようです、ナント!

往復で12kmほど走りました。
18
最後は空港食堂で地酒とあんこうの唐揚げと牡蠣フライで締め。

なかなか充実した半日でした。

| Comments (272)

2014.12.10

粋な去り際

ちょっと時期遅れですが、我が家の植木鉢に植えてあった蒟蒻玉を掘ってみました。
Kn
直径20cmほどありました、3年玉?4年玉? 5年くらいで花が咲くらしいので冬越えさせてもう少し頑張ってみます。

さて、よく通る高崎の街中にこんな張り紙が、だいぶ前に閉店したらしい店(質屋?)ですが、別れの言葉がいい。20141130_133602
粋ですねえ。


| Comments (395)

« November 2014 | Main | January 2015 »