« April 2015 | Main | June 2015 »

2015.05.30

諏訪湖ダックツアーと信州の花たち

40年近く昔から続けてきた友人達との家族旅行、今年は私が幹事で信州にしました。
関東関西と分散しているので真ん中あたりがどうしても選びやすい・・・
初日は諏訪湖の温泉民宿に一泊し
翌日は白馬山麓の知人経営のペンションとしました。

行きだけは集合時間の関係もあるので上信越道を昨南迄使いあとは麦草峠越えで行くことに。
途中「八千穂高原」の白樺林に立寄り
Dscn0910
標高1600~1700m、ズミの花が満開でした。
Dscn0916
ツツジと白樺そして足許には
Dscn0923
ベニバナイチヤクソウも

ここから少し登ると「白駒池」入口、犬を連れて歩き出したら「ペットは禁止です」
仕方なく車の女房に預け、一人で行きました。
Dscn0930
オオシラビソの林を抜ければすぐ
本当は見下ろせる高見石まで行こうかとも思いましたが時間的に・・
そのかわり麦草峠で待つ女房に「迎えに来て」とは言わずそこまで歩くことに、ほんの1km。
Dscn0946
「もののけ姫」の雰囲気
Dscn0953
やがて「白駒の奥庭」と言われる場所に
Dscn0954
苔が豊富ですが、これは地衣類?
Dscn0968
ショウジョウバカマの花
Dscn0970
小さな桜が満開でした。

ここから諏訪湖におります。
Dscn0971
途中見事なツツジが!
Dscn0979
八ヶ岳が見事でした。

諏訪市内で「高島城」を見物
Dscn0984
道のすぐそばに天守があります。
Dscn0988
このアングルがベストらしいのですが夕方は逆光で・・・

まだ時間があるので、諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館へ行きました。
http://www.mtlabs.co.jp/shinshu/museum/someikan.htm
二階のクラシックオルゴール、特にディスクオルゴールの実演は感動モノでした。

Dscn0991
諏訪大社下社の横を通り、最近人気らしい
Dscn0994_2
「万次の石仏」前に中山道ランでも立ち寄りましたが
Dscn0996
味わいのある顔立ち

夕方五郎と夕暮れの諏訪湖畔を散歩
Dscn1002
夕陽とカルガモ、そして逆光の
Dscn1006
なんだかわかりませんね。ナゾ解きは明日朝

Dscn1013
翌朝、また五郎の散歩を兼ねて高島城まで、確かにきれいでした。
Dscn1016
浄瑠璃「本朝二十四孝」で、長尾謙信の娘で武田勝頼の許婚とされる八重垣姫が
敵襲を知らせるために兜を持って湖上を走る姿だそうです。

この日は水陸両用車「ダックツアー」に
Dscn1019
普通のハンドルの右に舵?があります
Dscn1039
これが全景(カーブミラーにて)
Dscn1024
確かに海に浮かんでる(速度は遅い・・・)
窓がありません。理由は船舶の容積制限の関係とか
Dscn1035
有名な「諏訪湖の花火」を打ち上げる、初島
Dscn1036
ガイドの説明では日本に二艇しかないという亀遊覧船

そのあと涼しそうな霧が峰を経て松本から白馬方面へ
Dscn1043
女の神氷水、で汲む。
Dscn1045
苔がきれい
Dscn1051
ウツボグサ?
Dscn1052
ツツジと白樺、蓼科山と白樺湖、これで青空なら絵葉書

扉峠を経て下る途中でワラビ取りの道草・・・
Dscn1059
名前はわからないけど可愛い
Dscn1064
咲き残りの九輪草

Dscn1070
白馬駅近くで、「ラーメン・焼肉・お好み焼き」どこが「専門店」?
Dscn1074
ペンション庭の勿忘草そして
Dscn1076
ヒメシャガ、我が家ではシャガに負けた・・・

Dscn1083
翌朝、松川からの白馬三山
Dscn1085
白馬鑓と雪渓下部が鑓温泉

そのあとは「姫川源流」へ
Dscn1092
群生していたアマドコロ
Dscn1094
ニリンソウ、我が家にも生えてますが
Dscn1095
「クサソテツ」の大群落、若いと「コゴミ」
Dscn1098
バイカモ「梅花藻」が咲いていました。水芭蕉は既にオバケ

さらにちょっと南の親海(およみ)湿原に
Dscn1109
アヤメが咲いていました。
Dscn1113
ミツガシワはそろそろ終わりかけでした、今年は早い!
Dscn1114
ヤマアジサイと良く似たオオカメノキ
Dscn1121
最後は穂高神社にお参りして別れました。


| Comments (76)

2015.05.22

古いスマホの活用法

2012年6月に初めてスマホを買いました。Samsung社のGalaxy note、当時としては画期的な5.3インチという大型画面。色々問題があってその後2014年10月、Galaxy Active に買い換えました。雪山やウルトラマラソンに連れて行くので防水・対衝撃が魅力で、画面は5.1インチとやや小さくなりましたが。まあそれ以外はまずまず。カメラの写りにやや不満がありますが。

さて、古い方をどうしたものか?
通信機能がないという事はネットに繋がっていない小型PCと考えればいい。
まず考えたのはマイクロSDに貯めた音楽のプレーヤーとして使うこと。更に図書館で借りたCDから落語や朗読なども入れてあるのでこれらを聞くのに使った。テントの中などで重宝。現在利用中のスマホのバッテリ節約にも役立った。

また通信機能に依存しないアプリはそのまま使えた。図鑑類などは画面も大きいので重宝。
特にコレ
Dscn0815_2

昭文社の「山と高原地図」シリーズ。5.3と5.1では計算上8%の画面サイズ差ですが実感ではもっと違う?
GPS機能はそのまま使えるので地図上で現在地を確認することも可能。

もちろん、カメラや電卓代わりにも使えます。

| Comments (17)

2015.05.20

長野から群馬へ寄り道旅行

第21回野辺山高原ウルトラマラソンに出るため八ヶ岳山麓に行きました。
我が家(高崎)から105km位、行きは高速を利用し昨南IC経由で行きました。

前日受付を済ませてから、山梨県側に行き「吐竜の滝:どりゅうのたき」へ、実は去年も行ったがスマホだけでカメラを持っていなかったので再訪。
落差10mほどの小さな滝ですが、実に美しいのです。
Dscn0690
これが全景
Dscn0692
水の流れと苔が美しい!

そのあと前夜祭会場に向かう途中、野辺山に来るたびに気になっていた「巨大アンテナ」を見に寄り道。
正式名は「国立天文台野辺山宇宙電波観測所」そう、電波天文台なんですね。明日もこの近所を走るはず・・・

20150516_152116
ミリ波干渉計、直径10mの電波望遠鏡6台を繋ぎ直径600m相当の情報が得られるとか、現在は引退

20150516_152731
最大の45m望遠鏡、現役とか

20150516_153202
中に入らないと全く見えないのがコレ、電波ヘリオグラフ、80cmのアンテナが84台繋がっているそうな。
入場無料ですから皆さんも是非行ってみて下さい。

さて、無事にレースも完走してまた滝沢牧場のテントへ戻り翌朝。
温泉に入りたかったので「温泉天国」というアプリで調べるとどこも10時、11時オ^プンですが、
ここだけ6時オープンでした。天空の湯リエックス。ガラガラで快適でした。

帰りは下道にしよう、と国道141号を北上しながら「今日はいつもの258でなく田口峠経由にしてみよう」と方針変更し寄り道・・・
道は雨川渓谷沿いを進む、観光地としては全く無名だが意外とキレイ
Dscn0726
途中にこんなのがありました。

Dscn0728
ほとんど車も通らないので適当に停めて見物
Dscn0731
三重県の赤目四十八滝の荷担滝(にないたき)そっくり、コレ
Photo
上流に砂防ダムがありますが、
Dscn0735
湖面が真っ青でした。
この上部は一旦谷も浅くなりますが
Dscn0747
小さいけど立派な滝もありました。

Dscn0749
トンネルを抜けると田口峠1137m、実はこの峠、群馬県側に急カーブが続くんです
Photo_2
ネ!

途中に狹岩峡 (せばいわきょう)という印が
Dscn0756
この他にも岩が迫っていましたが逆光で撮れず

やがて南牧村(なんもく)に出ます。昨日の野辺山は長野県南牧村(みなみまき)・・・
Dscn0762
目も眩むような斜面に畑が作られています。

この先には私の好きな「蝉の渓谷」があります。
Dscn0763
このあたりは白い岩が美しい
Dscn0769
滑滝の岩が碧い、そして
Dscn0770
両岸が迫った渓谷。
このあたり「ツクバネ」群落がありますがもう花は終わっていました。

下仁田中心部に入る手前にいつも気になっていた標識が
Dscn0773
「はねこし峡」せっかくの機会なので寄り道
Dscn0776
草に埋もれかかった道を下ると岩に刻まれた階段が、昔の名所かな?
Dscn0779
砂地には蟻地獄の穴が沢山
Dscn0781
なかなか立派な渓谷でした
Dscn0785
このあたりの岩は沖縄の城(グスク)跡みたい

さあ、まだ寄り道は終わりません。途中いつもより手前で左折すると
「しゃくやく園」の看板が、行ってみよう!と、思ったら道を間違えたようで池に出た。
2人ほど釣り人がいたが遠くに黄色い花が、もしや!
Dscn0789
やはり「アサザ」だった。環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧II類(VU)とされている 。
これは拾い物

さて、標識に従い正規の道へ。富岡しゃくやく園は個人の経営だと思うが50種5000株という。
Dscn0799
何種かクローズアップで
Dscn0794

Dscn0811


このあと帰宅しましたが寄り道は楽しいな!


| Comments (64)

2015.05.14

竹林でキンランに出会った!

高崎市内の某所で竹林の整備を少しだけ手伝い(倒れた竹の運び出し)、筍掘りをさせていただいた。
20150514_103736
旱天続きで筍の出は悪いという事でしたが
20150514_103038
多少採れました、このあと小さいのを2本ほど。

数年に渡る手入れで密集していた竹林に陽が入るようになると色々な植物が生えてきます。
20150514_094059
キンラン(金籣)だ!
そばにも
20150514_103438
美しい!里山の象徴的な植物ですが、最近は絶滅の危機に瀕しているらしい。

来年また会えるかな?
前回見たのは奥熊野ウルトラマラソンの時でした・・・

| Comments (54)

2015.05.07

山口から広島へ

「第27回山口100萩往還マラニック」という長い名前で距離も長い250kmの大会に参加してきました。
レースの様子はこちらです
遠征レースだし、長く走るのでその日のうちには帰らない、という事で観光を兼ねます。

行きは山口までの前売り便が取れたので高崎駅から普通列車のグリーンで。上野東京ラインが開通してから品川で京急乗換1回で済むこのルート利用が増えました。
山口宇部空港すぐそばの草江駅から列車で今宵の宿、小郡(新山口)へ。
20150501_185510
新山口駅前のマンホール蓋はSL山口号

翌日はマラソン受付&スタートの山口へ移動しますが、その前に防府駅に移動して防府市内を見物しました。というのは萩を走るんですが市内観光(寄り道)をするだけの余裕はないし、またこの日にバスで萩往復するとGW中という事で遅れてしまいそう。一方防府読売マラソンで防府には3回来ているが、レース翌日の月曜日には行きたい所は休みだった・・・という事で萩を走るのに防府観光。萩観光は12月の防府読売マラソンの時に行けばいいや、と。何のこっちゃ?

防府最大の名所は防府天満宮、ここは行ったことあります。
荷物をコインロッカーに預けて走って回るのが一番確実、おおまかな地理は分かるしあとはスマホの地図を見ながら。
まずは「周防国分寺」へ
20150502_083501
立派です。中に国宝や重文の仏像があるようですがこれは次の機会?に

今回最大の目的は「毛利庭園」です。TV朝日の天気予報などに出てくる六本木の「毛利庭園」は分家の江戸屋敷に由来するらしい。
ただ開園は9時でちょっとだけ早い、案内板を見ると近くに「多々良大仏殿」というのがあるらしい、すぐ先。
20150502_084751
何の変哲もないお堂に見えますが
20150502_084700
中には3mの大仏様がいらっしゃいました。明日の完走をお願い・・・
防府天満宮や毛利庭園には来ても、ここを拝観した人は意外といないんじゃないかと。勿論無料です。

元に戻って。「毛利博物館:旧毛利本邸」「毛利庭園」両方入れるチケットが1000円。
まずは博物館から
20150502_092614
いい木材をふんだんに使っています、これは欅の一枚板の廊下
20150502_092318
幅1.5m*長さ11.3mとか。毛利家の歴史を物語る色々な展示物がありました。

外に出て庭園に向かいます。
20150502_090227
これは毛利邸から見たところ
20150502_090321
ゆったりと作られている回遊式庭園です。
20150502_092855
庭から見た毛利邸
20150502_093141
アヤメとツツジが満開でした。
20150502_093831
池越しに眺めたところ、睡蓮も咲いていました

次はやはり天満宮へ
20150502_095551
そして参道で目に入った
20150502_100017
天神餅、前こんなの売ってたかなあ?でもおいしかった
20150502_100315
階段には花の鉢を並べて「幸せます」という字が、テーマらしい・・・
20150502_100504
防府天満宮の一番有名なアングル?
20150502_100735
春風楼、という名の展望台
20150502_101718
防府市のマンホール

防府駅まで戻りこの朝のジョギングは8kmほど、コインロッカーから荷物を回収してマラソン受付の山口駅へ移動。
20150502_114900
山口市はコレ

ここから会場の香山公園までは2kmくらいあります。
20150502_124730
洞春寺山門
20150502_131531
瑠璃光寺の五重塔、これは見事です。ここがマラソンのスタート/ゴールそして
20150502_171957
坂本龍馬の仲介で土佐藩と長州藩が会談したと言われる枕流亭

さて、ゴールの後は例によって飲んだくれ、山口市内の旅館に泊まりました。
20150505_065502
山口駅前

山口から帰りの便がとれず(高かった)ので広島空港発、ということで新岩国へ移動、目的は錦帯橋ですが、朝出会った群馬のランナーから「旧山陽道をちょっと行くと宇野千代生家があるのでぜひ行くとイイ」という事で例によって駅に荷物を預け、軽装でタクシーを使い錦帯橋まで、約6km
20150505_085344
旧山陽道をのんびりジョギング
20150505_091502
この表札の字は宇野千代さん本人によるとか、係の方が色々説明してくれましたが、只の長寿作家と思っていたらこちらに色々と
多才な方で小説家、随筆家、編集者、着物デザイナー、実業家 と紹介されていました。若い頃はモデル並
岐阜県根尾の「薄墨桜」の保護を訴えたとの認識でしたが。
20150505_091954
紅葉と苔に覆われた庭は見事でした、秋は素晴らしいらしい。
20150505_092608
ご本人のお出迎え?
20150505_094000
薄墨桜の子供(挿し木)

あらためて錦帯橋に戻ります
20150505_100400
想像以上に大きく、立派でした。山の上には岩国城も、今回は時間の関係で割愛
20150505_100741
手前に写っているのは「鵜飼い」の見物船でしょう。
ここから錦川沿いに(やや登りながら)ゆっくりジョグで新岩国駅へ戻りますが気持ちのいい道でした。
20150505_101946
途中にあったのが「空にさえずる鳥の声、峯より落つる滝の音」の歌詞で知られる「美しき天然、天然の美」の作曲者田中穂積の記念碑が、こんなのも(足で)走ったからこそ。

新岩国から新幹線で広島へ、ここからバスで広島空港に向かうバスはGW真っ最中という事で大渋滞も覚悟しましたがなんとか間に合いました。
20150505_133108
ここに来たなら展望デッキまで行かないと、もちろん目的はコレ
20150505_133108_2
例のアシアナ機、ちょっと角度が悪かった。あたり前田のクラッカー
20150505_134548
時間があったので空港内の店で広島名物お好み焼き+生ビール。なかなか美味でした。
20150505_135143
壁には色紙がびっしり、その一部、左下が瀬川瑛子、右にペギー葉山、斜め上に蛭子能収

色々とありましたがそれなりに楽しめた5日間の旅でした。

| Comments (16)

« April 2015 | Main | June 2015 »