« November 2015 | Main | January 2016 »

2015.12.25

萩さんぽ(2)

松陰神社から東光寺へ向かいます。
Dscn2131
東光寺総門、ここの横を登ったなあ。境内は広い。
Dscn2139
ここが本堂だが、入口で教わった裏側の毛利家廟所を目指す、
Dscn2146
五百基の石灯籠、奥に毛利家の墓が。ここは圧巻でした、萩に行くなら是非御訪問をおすすめします。
Dscn2159
この鬼瓦はNHK大河ドラマ「太閤記」のタイトルバックに使われたそうな。
見所の多いお寺でした。そろそろお昼ですが、歩行者道で戻ります(バスを使う気なし)

Dscn2165
花の頃は見事でしょう、右の小川にはカルガモ、コガモがいました。
Dscn2173
これは櫨の実でしょう、蝋燭の原料。
Dscn2176
居酒屋風ですが、ここで昼食。海鮮丼が日替わりサービスで600円!生ビールを飲んで1100円でした。大当たり!
市内中心部に戻り、藩校明倫館へ
Dscn2185
南門です。さらに旧城下町を目指して行くと中央公園に
Dscn2190
山県有朋像、
Dscn2193
久坂玄瑞像、大河ドラマでその名を初めて知りました。
そして
Dscn2199
高杉晋作像。ここから少し歩くと
Dscn2216
晋作の生家、さらに歩くと
Dscn2234
立派ななまこ壁、菊屋家住宅です。藩の御用商人だったとかで、館内には中国の焼物や
古萩、数々の絵画(狩野 探幽、椿椿山、円山応挙などのビッグネームも)が!
Dscn2227
湯床、脚の長い桶が珍しい
Dscn2233
岩倉使節団の伊藤博文から送られた掛け時計、ちゃんと3時には鳴りました。

少し遠いけど萩城に
Dscn2238
萩上外堀北の総門と土塁
途中看板を見て寄り道。
Dscn2242
旧周布家長屋門
このあたりの道も好もしい
Dscn2244
海岸に出、萩城址へ
Dscn2253
左のやや高い石垣が天主跡。奥に志都岐山神社があります。
Dscn2262
本殿。一段高い場所にありました。
ここの境内には萼が緑色の「ミドリヨシノ」という桜がありました。

さあ、あとはバスセンターに戻りがてら、野山獄跡を見学しましょう
Dscn2276
松陰が入れられた野山獄(ドラマではかなり自由だったような)
従者は向かいの岩倉獄に入れられたそうな、厳しい身分制度。

Dscn2279
こんな古そうな醤油工場がありました。

一部見残した場所はあるかも知れませんが、歩いたおかげで意外な所にも行けました。
スマホを見たら、ほぼ3万歩歩いていました、約20km?!


| Comments (0)

萩さんぽ(1)

防府読売マラソンの後、夕方の懇親会に出てから新山口泊、翌日萩市内を散歩した。
新山口駅前からバスで萩バスセンターへ、ここから市内循環バスで「しーまーと」まで
Map
一回100円、500円で1日フリーパスもあるが、バラ券にした。
Dscn2084
案内板は豊富にある。この先の国道は春の萩往還で走ったなあ・・・
セブンイレブンの横の丘がそうだった、ガソリン?を仕入れる。
Dscn2090
萩反射炉、世界遺産(明治日本の産業革命遺産)に指定されており、現存するのは伊豆の韮山とここだけらしい。
更に歩けば「恵比寿ケ鼻造船所跡」ここも世界遺産らしい
Dscn2095
まだ発掘の真っ最中
Dscn2096
この石造堤防だけが現存する物らしい

ここからマップで松陰神社を探したらなんと「8日と6時間!」東京の松蔭神社を探し出したらしい、
正規に指定すると25分ほどなので、バスを待つより歩こう。
Dscn2100
萩焼窯元の登り窯、ここも萩往還で走った記憶が
Dscn2104
松陰神社正面、横は走ったけど入るのは初めて!
Dscn2108
これが松下村塾、短期でよくもあれだけの人材を・・・
Dscn2114
宝物館前の池、PLを効かせて。
Dscn2115
松陰神社本殿
Dscn2117
松蔭幽囚の家、もありました。
Dscn2119
旧松蔭神社
ここから歩いて東光寺を目指します。

狭い道を行くと
Dscn2124
伊藤博文旧宅
そして
玉木文之進宅
Dscn2129
ここが元来の松下村塾だとか、しかし 萩は街中が博物館ですね。

その(2)に続く(添付写真サイズ制限で)


| Comments (0)

2015.12.16

宮崎で見たのは「シロノセンダングサ」かな?

青島太平洋マラソンを走ってきました。
宮崎の市街地で目についたのが、この花。いわゆる「雑草」の類ですが。
Dscn1987
近所に良くある「コシロノセンダングサ」より花は大きいけど、今年3月に沖縄で見た「タチアワユキセンダングサ」よりは小さい。こちら・・以前のブログ
どうも「コ」のつかない「コシロノセンダングサ」かな?

 

| Comments (0)

« November 2015 | Main | January 2016 »