« 大井川鉄道と寸又峡温泉の旅 | Main | 50年目の庚申山は花いっぱい! »

2017.05.31

滑り納めはやはり立山

山スキーの滑り納めはだいたいこんな感じだった。

1.富士山
2.白馬大雪渓か鑓温泉
3.立山周辺
4.針ノ木か蓮華岳

昔は苗場(神楽峰)もあったが、いかんせん滑降距離が短い・・・
このところめっきり体力が衰えたので、富士山は上りも下りも自信ない・・・
白馬方面を目指すには一週間(今年の場合)遅いかな・・・

という訳で安直な立山にした。
大阪・名古屋にいた頃は当然のように富山ルートで入山したが、関東からは大町ルートが近い。
高崎の我が家から扇沢まで約170km、3時間。7時半の一番トロリーバスに間に合うよう出発。
更埴ICからオリンピック道路を行く
Dscn0333
道の駅小川中条からの北アルプス、左鹿島槍、右五竜、文句なしの晴天だ!
美麻~大町~扇沢と信号の少ない快適な道。

扇沢市営無料駐車場には7時前に着いた。
本来早朝ここに着けば4.の針ノ木、か蓮華大沢に行くべきだろうが、昨日ハーフマラソンを走ったばかりなので、標高差1000mを金で買う(笑)
つまり扇沢から室堂まで往復9050円!
ただ、切符購入窓口で「もしスキーで降りられたら不乗証明を貰ってください」これは貴重なご意見!
ただ、
Dscn0477
「昨年からスキー、ボード、スノーシュー等は保護ケースに入れるのが必須、なければ売店で購入を」
と言う訳で300円。ただ宅急便の袋よりは丈夫そうだ。
富山ルートだとケーブル+バス(場合によってはバス1本)と簡単なのだが、こっち側だと
トロリーバス+ダムサイト歩き+ケーブルカー+ロープウェイ+トロリーバス、と乗換が多くその度に歩く。
兼用靴(底がゴムのスキー靴)では歩きが辛い。
Dscn0338
ダムサイトから赤牛岳。う~んここはまだ滑ってなかったなあ・・・
Dscn0342
ロープウェイからの立山東面、東一ノ越からの斜面、滑れそうだな。

9時少し前に室堂着、階段を上がって外に出ると
20170529_091013
大阪~名古屋時代の古い山スキー仲間の平岡氏に声を掛けられびっくり(やはり?)
息子と一緒。今日は真砂沢を滑ると言う。
先ほどまでの快晴はどこへ?山の上の方は霞んでいる。
今回は天気が良ければ剣を見に雷鳥沢方面、それほどでもなければ一ノ越から浄土方面、
と思っていた。前者なら途中まで一緒だが、今日の天気では後者だな(楽だし)と言う訳でここで別れた。
Dscn0354
彼らはシールを持たず引っ張りで行った。確かにトレースも多いこの山域ならこれが正解かも。
9時20分頃出発。雄山の山頂は霞んでいる。

私はシールを付けて一ノ越へのルートを行く。若い頃は1時間かからなかったが今回は1時間半見る。
Dscn0358
二人が滑り出した。称名川の源頭部だ。後方は奥大日、ここも昔平岡氏と滑った・・・
こちらは淡々と登る、傾斜は緩いが。
一ノ越に着く直前で「グルル~グルル~」と雷鳥の声が。待っていると
Dscn0374
飛んで(歩いて)出てきた。右が雄、左が雌
最後は夏道が露出。

10:38 一ノ越着、遊び遊びだがまずは想定通り?視界は悪くはないが、後立山は霞んでいる。
中に入ってチュウハイを飲みながら早めの昼食。朝コンビニで買った「おにぎり&おかず」いいつまみになった。
壁に貼ってあった「日本に氷河があった」のポスター
Dscn0380
右の小窓雪渓、左の三ノ窓雪渓、両方とも昔滑ったなあ~(遠い目・・・)
11:20出発(意外とゆっくりしてしまった)
本来なら(こんなに休まず)浄土を滑り、戻ってから雄山に登り、上部から御山谷に滑り込んで東一ノ越を目指す
べきだが、軟弱今回は安直コースで雄山は割愛。
荷物はデポ゚し、空身でスキーを引っ張る事にした。
アイゼンも持ってきたが、今日の雪ならキックステップで行けるだろう、と。

雪のない夏道でなく雪コース。順調に進んだがさすがに上部は急だった。
Dscn0389
若いボーダー二人が滑ってくる。結構スピードコントロールに苦労しているので急傾斜なんだな。
Dscn0394
頭上に青空が広がってきた。確かに最後は急だった。
Dscn0398
雄山もやっと頂上が見えてきた。確かに雄山山頂付近から滑れそうだな。
Dscn0408
山頂付近でイワヒバリと遊ぶ。
12:25ころ 山頂着、1時間もかかっちゃった。最後は急だったのでステップを大きめに作ったが。

下りは気持ち良かった。
直登ルートは急だったのでやや右手から回り込んだ。
再び小屋まで75mほどの登り返し、再度休憩し今度はビール、と思ったが出発(車の)時間を考え自重。
でも大丈夫だったな(遅いだけ)
Dscn0424
竜王岳はカッコいい
Dscn0425
ここから滑り込む、後立山は霞んでいる。

実は一ノ越2705mから東一ノ越2480mまでほどほどの標高差とほどほどの距離、
何回か通っているが、GW(NHKでは大型連休)直後でもない限り雪は繋がっていない。
「山と高原地図アプリ」を参考に滑る。
Dscn0428
谷底まで滑りたい欲求を抑えて。GW頃ならそのまま滑って行けるのだが・・・
Dscn0434
2500mあたりで夏道をみつけ、僅かなハイマツ漕ぎと雪登りで合流。
Dscn0437
この景色!シャモニあたりを連想させる。まさに日本アルプス!

東一ノ越からの滑降開始は15時頃にしたかったが
Dscn0442_2
見えた! そして
Dscn0447
この下り初めは14:45だった。黒部湖とロープウェイ駅が見えている。
始めは長い長い左山の斜滑降、雨裂ができており凸凹で滑りずらい。
Dscn0453
冷静に見ると結構急だな・・・
Dscn0458
途中から滑りやすくなった。ロープウェイから見えるので転べない・・・
Dscn0462
丁度上り下りが交差する

最後の緩斜面は楽しく滑れた。
Dscn0469
滑り降りてから黒部平駅まで少し登り返す。
これで今年のスキーはおしまい。
文明の利器を使ったおかげで累計、登り560mで滑降は1145mだった。
ここで朝の「不乗証明を」と言う言葉を思い出し、ハンコをもらった。
降りてから窓口で申請すると1900円ほどの返金があった、ありがたい。

今シーズンは正月早々靴のバックル破損で修理に出しパウダーシーズンを逃したり、
3月に追突されて車を修理したりで納得のシーズンではなかったが最後は気持ちよく滑って追われた。
今回のルート図。赤が登り、青が滑降です・
「Tateyama.jpg」をダウンロード



« 大井川鉄道と寸又峡温泉の旅 | Main | 50年目の庚申山は花いっぱい! »

Comments

????
http://whiterockers.com internetkastamonu.com epowerwashers.com onlinefreemoviestreaming.com madeinsrq.com agetty.com

Posted by: whiterocyb | 2017.09.26 at 13:50

????
http://whiterockers.com internetkastamonu.com epowerwashers.com onlinefreemoviestreaming.com madeinsrq.com agetty.com

Posted by: whiterocyb | 2017.09.26 at 13:49

????
http://whiterockers.com internetkastamonu.com epowerwashers.com onlinefreemoviestreaming.com madeinsrq.com agetty.com

Posted by: whiterocyb | 2017.09.26 at 13:49

????
http://bizcpc.com bucknallspice.com c4405.com cherishmyhome.com designtshirtsonlineforcheap.co

Posted by: bizcpcqg | 2017.09.14 at 16:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大井川鉄道と寸又峡温泉の旅 | Main | 50年目の庚申山は花いっぱい! »