« 乗鞍の滝と上高地(岳沢) | Main | 今年も初滑りは白馬乗鞍で »

2017.10.27

世立八滝と霧降の滝

旧六合村にある世立(よだて)八滝が気になっていました。
26日、全国的に晴れ!の予想で決めました。案内も入手できたし。
「17102602.JPG」をダウンロード

1.大仙(おおぜん)の滝
2.段々(だった)の滝
3.箱の滝
4.久内の滝
5.不思議の滝
6.井戸の滝
7.殺人(さつうぜん)の滝
 ここまでは白砂川支流の八石沢川にかかりますが、
8.仙の滝 だけは依田尾川にかかります。

5,6は見学不可とありました。
Dscn1524
浅間が真っ白!(高崎市内から、もちろん望遠)

.大仙の滝の向かいにあるドライブイン駐車場に車を止め、歩く。
霜が降りていました。

ここは道も良く、冬に来た事もあります。
Dscn1525
大仙の滝:落差15m

ここから7.殺人の滝までは遊歩道が続いている様だが、離れており車で。
Dscn1536
今月初め、中之条ビエンナーレを見に来たあたりから見た浅間山、右に黒斑山

7,8の案内板がありました。
Dscn1539
仙の滝:落差15m、岩の間から奔り出るような流れ、日の当る午後にまた来よう!
五郎を連れて来なくて良かった、彼の苦手な梯子が沢山!

20171026_101754
滝の手前の岩にこんなのが!

また車で殺人の滝へ向かう。
Dscn1563
落差20m、途中の岩で水が跳ね上がる。赤城山麓の「乙女の滝」大きくしたようだ。
ここも午後来よう。

先ほどの展望台から
Dscn1580
白根山方面。

朝の駐車場に戻る。
大仙の滝のよこの階段を登ると
Dscn1582
「天狗の足跡」高揚が見事
今度は下ると
Dscn1584
段々の滝:落差20m、豪快です。
Dscn1589
キノコと滝の共演?

さらに登る、箱の滝(4m)は樹間で良く見えない・・・
Dscn1594
久内の滝:落差3mだが滝壺は大きいらしい。これも望遠で。
ここから仙の滝へ登る道と左へ行き国道に向かう道があり、こちらを選ぶ。
正解で、長い階段や梯子を歩かずに済んだ。

ドライブインで昼飯を食べ、一作日行った「霧降の滝」へ向かう。車で20kmちょっと暮坂峠を越える。
大岩不動を目指す。ここからは一作日記録です。
入り口には「県天然記念物・三又杉1.1km」の表示が。
Dscn1508
歩きだしの渓流

Dscn1510
樹齢700年の三又杉だが伊勢湾台風で1本折れたらしい。

すぐ先には大岩不動尊
Dscn1512
階段は苔むし、岩を背に立つ、おいしい水が出ている。

その脇には
Dscn1516
ヒカリゴケ

横の山道を登るとすぐに
Dscn1519
霧降の滝、雨の後で水量が多く豪快な感じ。
「青空の時に見たい!」

と言う訳で今日もきました。ここからは・・・
時間を計ったら下から25分、
Dscn1608
今回は霧が降っていました。日光にも同名の有名な滝がありますが。

Dscn1610
落口を高速シャッタ-で、

この後、再度戻って、殺人の滝と仙の滝を再訪。
時間がやや遅く、滝本体は陰になっていた、残念、また来なくちゃ・・・



« 乗鞍の滝と上高地(岳沢) | Main | 今年も初滑りは白馬乗鞍で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 乗鞍の滝と上高地(岳沢) | Main | 今年も初滑りは白馬乗鞍で »