« April 2018 | Main

2018.06.05

野反湖一周花の山

前日に奥武蔵ウルトラマラソン(78kmだが累積標高差が2100m!)を走ったが、月曜日まで晴れる様なので、リハビリを兼ね軽い山歩きをしよう、と野反湖に向かった。下道で80kmだが早朝なので2時間で到着。

20180604_065654
野反湖を見下ろす。

20180604_070031
まずは八間山へ登ろう、途中でシラネアオイ群生地にも寄れるし。

7:05 出発、既にここの標高1560m、八間山は標高1935mなので標高差は375m、
元気なら1時間だが今日はゆっくり行こう。
1iwakagami
登山口から進むとすぐにイワカガミが出迎えてくれた。満開!

20180604_070947
咲き始めたレンゲツツジと浅間山

左に「シラネアオイ群生地」の表示がありそちらへ向かうとガレ場に
2komakusa
コマクサが咲き始め

さらに進むと
3siraneaoi
シラネアオイ群生地。来週くらいまでかな?

元に戻り登山道を行く。

20180604_071733 これはアカヤシオ?

20180604_071829
ベニサラサドウダンが多かった。

20180604_073128
ナナカマドはまだツボミ

20180604_074156
コケモモの花だろう

20180604_074317
ツマトリソウもあちこちに

4miyamaka_2
可憐なミヤマカタバミ

5syakunage
咲き残りのアズマシャクナゲ、今年はどこも花が早いな。

20180604_081552
足許にはマイズルソウ

20180604_082306
あそこかな?

20180604_083000
ズミの花

20180604_084134
青空に吸い込まれそうだ。

8:54 八間山着、寄り道したし、散々写真を撮りながらなので、こんなモンだろう。
20180604_085409

ここからそのまま進むと堂岩山から白砂山に向かうが、左へ野反湖北岸へ降りる。

20180604_085609
白砂山、野反湖からの道が整備され、容易に行ける山になった。

20180604_092521
何だろう?ヒイラギソウだったら花時期にまた来ないと・・

20180604_093521
ユキザサかな?

20180604_0936401
今回、最大の謎がこの花、ランの仲間だと思うが?

10:08湖岸道路、野反湖の北東になる。標高1590m、ここからダムに向かって下る。
20180604_102712
手前の売店で。ここからエビ山、弁天山をゆっくり廻れば3時間ほどになるので。

20180604_103110
野反ダム、今回の最低高度1490m、ここから北に流れる川は千沢から中津川となる。

20180604_103844
さっき登った八間山方面

20180604_104329
こんな表示が。東岸には車道はない。
調べたら 遊歩百選とかに選ばれているらしい、知らなかった。

20180604_105407
この柳?の綿毛が飛んでいました。

20180604_105914
山の中にこの黄色いのも沢山。ミヤマキンバイ?キジムシロ?ミツバツチグリ?

20180604_110404
11:04 エビ山登山口、本来の野反湖外輪山?一周は三壁山~高沢山~エビ山を巡るが、
今日はショートカット。

20180604_114552
エンレイソウに似ているが、葉が4枚。

6oomizuao
美しい蛾のオオミズアオ、羽化直後なのか逃げない。
直後の証拠は、腹が太く羽根がまだ伸びていない。

以前、アゲハを何頭か家の中で羽化させ、判りました。
体液を羽根に送る事で伸ばし、体を軽くする為か・・最後にションベン一 

羽根が延びればこんな感じ。
Oomizu

20180604_120744
展望台から野反湖

20180604_121258
スミレの仲間でしょうが・・・

12:21 エビ山 1744m
20180604_122136

ここから東へ曲がり、弁天山を目指す。
20180604_132852
ベニサラサドウダンと弁天様の立つ
13:25 弁天山山頂1653m

あと下るだけ

20180604_134006
13:40 出発点に戻る。ガレ場の横がシラネアオイ。

気になる花があったので、来月また行こう!

今回のル―ト、反時計回り
「map.jpg」をダウンロード

データ、累積1000mも登ったのか!
「cors.jpg」をダウンロード

| Comments (1)

« April 2018 | Main